筑波について

テーマ:

筑波について感じた事を書きます。


①DFラインがポイント周辺に密集していて、外側はない。

  

  相手が展開してくるとそれに合わせて広がる。

  このため、素早く外に振るプレーには遅れ気味になる。

  例:大東文化大が外にフラットな飛ばしパスをすると結構チャンスになっていた。

  

  ただし、いきなり外に振るときちんと広がられるので、内側を突いて相手の足を止めて、ラックにせず、  

  すぐに外に展開して相手を広がれなくして外に振るとそこそこ抜けそうに思います。


  スプリングボクスに似たタイプのDFだと思います。

  ボクスはDFの欠点についてわかっていて、外に広がるタイミングもよく、たいていカバーできていました。

  W杯の準決勝でオールブラックスはやはりボクスの外をついてゲインしていました。


②アタックはポイントから10mぐらいのところを突く事が多い


  そこを突くことが多いです。そこをキチンと止めるとリズムが出ません。

  

  何度か10mまでを突いておいて外に振る。


  外に振る際、ポストプレーのように前(相手DFラインの近く)に一人立っておき、

  そのプレーヤーにボールを渡す。そこから外に展開したり、

  前に出て後ろについてきた選手とラックを作ったり、少し内に返したりする。


  ポストプレーヤーがいるとそこを経由するので、読みやすく、そこである程度プレッシャーをかけられそうに思う。(敵もさるもので、決定的にプレッシャーはかからないと思いますが)  


  また、外に振る際、同志社の攻撃のように前に一人出してその後ろを通して外に展開もよく使う。

  アタックラインは試合立ち上がりは浅くはない。

  大東戦の後半は焦ってか、アタックラインが浅くなっており、ポストプレーのようなものもなくなっていた。

  このため、内、内、たまに外とあまりバリエーションのない攻撃になっていた。


  基本的に内側を突き、たまに外を交えて相手DFの的を絞らせないようにしている。


  内をきちんと抑え、筑波の攻撃のバリエーションをなくしていくのがいいと思います。


③マイボールラインアウトからの攻撃はFWとBKのつなぎ目をよく狙う


  セオリーどおりですが、FWとBKの間を狙うようなプレーがよく見られる。

  筑波ボールラインアウトの際は充分注意して、一歩目を早くスペースを埋めてください。


④キックパスを使う。


  同志社のDFは前に出るので、キックパスのほかに裏を取るキックも蹴ってくると思います。きちんとキック処理が出来るような陣形を取る必要があります。


⑤帝京戦では、相手ボールラインアウトによくからんでいた。


  たぶん、研究していたんだと思います。同志社も研究されてもマイボールを8割5分ぐらい確保できるように、タイミングとオプションで乗り切ってください。


⑥ラインアウトモールを使う


  帝京戦ではあまり使ってなかったと思いますが、大東戦では、使っていました。同志社も頑張って止めてほしいと思います。


前回のブログ 慶応戦 で書いたとおり

そのほかに

 ブレイクダウンでどれだけやれるか?

 DFでどれだけ早く立って広がれるか?

 スクラムでどれだけやれるか?


いいプレーを見せてくれたらと思います。

楽しみです。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/