慶応戦

テーマ:

いい試合でしたね。


スクラムで圧力をかけ、ブレイクダウンで押し込み

慶応にラグビーをさせませんでした。


押し込んでいたのでDFも良かった。


3列はもちろん、両プロップは良く走っていましたね。

丸山君もいい選手ですね。


野中君はインタビューにもあったとおり、

天理戦で今一つでしたので、復調してきた感じがあります。

天理戦でももちろん悪くないのですが、野中君の実力からすると

あんなもんではないです。


秦君はやっぱりいいですね。


両ロックもよく走っていました。

東君もよくタックルに行っていましたね。


大越君はよく声を出していました。

パスアウトも早く、大越君の本領発揮といったところ。


攻撃で﨑口君はとてもよかったです。

慶応DFの間に入るプレーが良くて目立っていました。


間に入るプレーのほかにも前半30分過ぎ、自陣ゴール前DFから

こぼれ球を拾って相手のギャップを縫うランニングで慶応DFが﨑口君を囲むようになった瞬間外に振りました。

松井君の素晴らしいランニングスキルも見られました。

自陣ゴール前から、相手陣ゴール前まで100mをつなぐ素晴らしいプレーでした。


氏家君のトライも良かったです。

解説の砂村さんも落ち着いてボールを拾いその後、二人の慶応DFにあたり勝ってのトライ

良かったです。


一番好きなシーンは上で書いた﨑口君のターンオーバーの前、トライチャンスで慶応のノックオンだった場面です。

相手にゲインされゴール前に迫られ、外で待っているBKに振られあわやの場面で、氏家君がタックル

同志社BKが猛スピードでスペースを埋めていました。

ゲインされていたのに画面に映る選手は同志社のほうが多い状態。


いいカバーです。

あれだけプレッシャーがかかったら、慶応はボールを落とすでしょう。


ただ、次の筑波戦では、外側に福岡君もいますし、ああいう場面では取られてしまうかもしれません。

とめられるかもしれません。


次の筑波戦はもちろん、気を抜ける相手ではありません。


ブレイクダウンでどれだけやれるでしょうか?

DFでどれだけ早く立って広がれるでしょうか?

スクラムでどれだけやれるでしょうか?


いいプレーを期待しています。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/