慶応戦を前に

テーマ:

2ちゃんねるでも書かれていますが、慶応コーチの林さんがこちらの弱点をついてくるでしょう。
林さんの考え方はわかりやすいです。


「全てをDFする事は出来ない」
という考えです。


例えば、同志社のようにラインDFがいい場合はキックで崩す。
慶応の早稲田戦は外側でキックをしていました。相手がキックに備えなくなった時にキックをする。
キックに対応した陣形になれば、ラインDFの数が少なくなっているので、回して取る。


また、慶応の特徴として伝統的にセットプレーが得意で、ラインDFも固い。

攻撃はあまり良くなくてサインプレーかアップアンドアンダーを含むキックで再獲得するプレーが多い。


慶応の早稲田戦と明治戦を見たところ、ブレイクダウンもそれほど強くないので、慶応の攻撃は継続はあまりできないと思います。


セットプレーからのサインプレーやハイパント、対角線などのキックの再獲得のプレーをしてくるように思います。


慶応戦、筑波戦ともに共通しますが、ラインDFは天理戦の振り返りで書いたようにアングルをつけたプレーを見せられた時に、きちんと広がるように試合を通じて走れるか?


差し込まれたときに逆目側に残っている選手が相手の向こう=順目側に中間走を早くして走って広がって行けるか?
が課題です。


今の同志社なら、天理戦の前半並に広がっていれば、そこそこDF出来ます。それが後半のように緩むと負けに近づきます。


オブストラクションではない天理の選手が邪魔で広がれなかったので、心配してます。


ダミーでボールより前に出た攻撃の選手などかき分けて順目側を埋めにいく。そういうDFを期待しています。


DFは相手がボール出しした直後でどれだけ広がっていられるかです。



また、同志社はターンオーバーされたり、モールでの失点はありそうです。

これはどれぐらいやれるでしょう。


セットや攻撃でミスが減れば、強いチームなんですけどねぇ。

そこをいっそう練習から集中して取り組んでもらえたらと思います。


慶応の林コーチは同志社の弱点をどう見ているだろうか?

筑波は以前の選手権でも、同志社のラインDFの弱点をついてきました。

(外側のCTBぐらいが前に出て、外に展開させないDFの外側のCTBが前に出てその内側の選手といわばでこぼこなラインDFになっているところを何度も走りました)


慶応は林コーチが同志社の弱いところを分析してきます。

筑波はおそらく同志社を分析して、弱点を付けるように練習してきます。

同志社のどこをつかれるのでしょう。


テクニカルの方は忙しいでしょうが、相手の分析だけでなく、同志社を分析して、慶応、筑波がしてきそうな事を予測する事が大切です。


その予測されるプレーを付け焼刃でも練習しておく、意識しておく。

大切だと思います。


楽しみにしてます。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/