天理戦

テーマ:

関西大学Aリーグ、並びに

ジュニアリーグ優勝おめでとう。


天理戦いいDFでした。

前半は完璧、後半は乱れるも、気持ちでとめて、
最終的に得点が上回った感じの試合でした。


試合を振り返ると前半立ち上がりから、いいDFで圧力をかけます。
ボールを獲得し敵陣に入ってからは、積極的に展開。
PGやトライを重ねます。


NHKの解説で広瀬さんが言われていたように、永富君のトライは数的優位でした。


実は、数的優位はかなり大きく、展開するのが遅れ、数的優位が解消されていく最中で少しだけ数的優位が残っているタイミングで展開しました。
もう少し早く展開していれば、トライ確実という状況でしたが、ポイント周辺でごちゃごちゃしてチャンスを逃しかけたものでした。
少しだけ残っているチャンスをきちんと活かしたのは◎、展開に遅れたのは×という感じがしました。


今後、全国では、そういうチャンスが少なくなります。チャンスが来たら、きちんと生かせるように、声を出してポイント周辺まで伝わるようにして下さい。


前半は完封で、とても良い立ち上がり、これは同志社のDFが良かったため、プレッシャーに感じた天理がミスを多くしたためでもあります。


試合開始からしばらくして、天理のタッチキック、蹴るのは相手主将の東口君、あまりいいタッチには出せず、その後も東口君はあまり良くなくプレッシャーを感じてそうに見受けられました。


後半は、このままでは終わらないと意を決した天理が積極的に展開します。
対する同志社は、前半完封したため、少し気が緩んだのかタックルミスなどでゲインされます。


勢いに乗る天理はレフリーを盾にしたランプレーや、飛ばしパスの際、内側の選手が縦をついて、同志社のFWフォローに走るコースに入ってきて邪魔をしたり細かなところで試合を優位に運んでいました。

更に、外国人選手を中心に前半とは違って角度をつけて走り込んでいました。
NHKの放送でもアナウンサーが天理の内側に入ってくる攻撃を伝えていました。


内側も外側もあり、いろいろ選択肢があって、迷った同志社のDFの足が若干停まります。

足が停まるというより、その場で守らないといけないかな?と疑って積極的にオープン側のスペースを埋めに行かない状態になります。


天理が展開した順目側の人数が1人か2人足りない状態で守備をします。足りない状態で外国人選手が突破をはかります。

タックルも及ばず、トライをされます。


その後も必死のタックルをしますが、天理の球出しがかなり遅れないかぎり、オープン側の人数が1人から2人足りない感じはそのままで不安定なDF。


天理はブレイクダウンが大学トップレベルほど強くないため、少し足りなくても何とか守れました。

帝京、筑波、東海、明治(以下4強)あたりを相手にすると、接点で差し込まれて、1人から2人足りない状況では、天理より簡単にトライを重ねる事が可能です。


また、DF以外でも、細かいミスが多く、マイボールを確保し続けられないシーンが目立ちます。


DFで少し遅れ気味になり、接点で差し込まれ、ミスも続きでは、4強相手では、前半競っても、後半連続トライでそこそこ点差が付くことになりかねません。


後半のDFのままでは、4強には勝てません。


秦君の低いタックル良かったですねぇ。
﨑口君もいいタックルしてました。
岩村君も前でつぶして良かったですねぇ。


林君は前半に相手が余った際、内側の選手がパスをするのを待って外にずれ外国人選手にタックルしたプレーは外国人選手を含め二人をカバーしたすばらしいプレー
天理戦で一番好きなプレーです。

二番は秦君の低いタックルかな。

DSNはこちら

http://d-support-network.net/