関学戦

テーマ:

これまでの関学は自陣から展開して

ミスをして、相手に自陣でボールを渡して

失点するゲームを繰り返していました。


相手からすれば、関学陣深くにボールを

蹴り込み、集中してDFすれば、関学が

ミスをしてくれて、そこからは、そのチーム

の得意な形で得点すれば、徐々に差が開いて

いく対応のしやすいチームでした。


関学が自陣深くでは、蹴り返すようにして

無理な攻撃をしなかったのでなかなかの

好チームになりました。


他にもTV解説の広瀬さんが言っていたように

同志社の攻撃を分析して、何度もドンピシャの

タイミングでタックルに入ったため、同志社が

ノックオンやノットリリースを連発することに

なりました。


また、レフリングが少し関学に有利になる

吹き方のように思えたところも、苦戦の原因

です。


レフリングで例をあげると、スクラムでの反則を

取らない。関学が首を抜いてじりじり下がっていて

もスルー。アドバン取って、かつFLのオフサイド(肩)を

注意するぐらいが普通だと思いますが、放置


関学は押されながらスクラムを開き両FLがかぶってくる

状態で、押しながら同志社はその後の展開では通常で

あれば、オフサイドの位置から出る関学DFのプレッシャー

を常に受けスクラムの優位性がなし、それどころか

関学のDFが優位に。なんといっても通常ならオフサイド

の位置からプレッシャーをかけますから。


関学スクラムがペナライズされただけでもかなり試合の

展開が変わっていたと思います。


どんな人でもわかりやすいのはラインアウトのノットストレート

永田君が前半ノットストレート気味のものを取られて

ノットストレートに厳しいレフリーかなと思ったら、

後半25分ごろの関学のボールはかなりひどいものでも

見逃し。


レフリーに合わせるようにとどこかの掲示板であった

ように思いますが、上のように基準が変わるレフリーには、

合わせられません。


それでも合わせていたところもあります。関学がPGを決めた

前半のシーン。

素になったのは、秦君のハンド。ただ、VTRで確認すると

ラックになるぎりぎり少し前にボールに手をかけたように

見えましたが、一発でハンド。「ノーハンズ」とコールして

展開を続けさせるのがいいレフリングだと思います。


その後、秦君がラックでまた絡めそうになりましたが、

手を引っ込めていました。


対する関学はそんなことを考えず、後半、ラックになるか

DFがボールに手をかけるかぎりぎりのところで絡んで

ペナルティー。


関学2つめのトライにつながった起点の同志社のノット

リリースもタックラーがボールキャリアーを掴んだまま

立ち上がり絡んだので、関学の反則に見えました。

反則をもらった関学はチョンゲリからトライ。


上の秦君のハンドもそうですが、微妙な判定が失点に

直結したのも苦戦の原因でした。


岩村君が前の選手にあたったのはオブストラクションでは

なく、アクシデンタルオフサイドだと思います。

タックルに行けなかったのではなく、アクシデンタルでボール

キャリアーが見えてなかったのでタックルにも行こうとしてなく

おろおろしてたように見えたので。


タックルエリアでオフサイドやオフザゲートはあまり取らない

レフリーでした。関学がDFで反則を気にせず思い切り

突っ込んでいけた一因でもあります。


試合終盤、同志社が苦戦していると少し同志社よりに見えた

レフリーでした。


いろいろな事を考えてしまいます。


レフリーへの愚痴は十分いったので、試合の振り返りです。


同志社のDFは良かったです。

失点はすべてターンオーバーが起点です。


1つめは自陣ゴール前で永田君がボールを出し、

大越君にパスアウトかキックをしてもらおうとしていた

時、レフリーのユーズイットのコールかかったのを聞いて

いなかったのか大越君がFWに指示を続けていて、

出さないといけないと焦った永田君に関学が絡んで、

ターンオーバー、それを展開されてトライ。


自陣ゴール前に迫られたのも、関学タックルにドンピシャ

入られてノットリリースだったと思います。


一つ目とられたトライで気になったのは、ゴール前では

立ち上がって広がる早さが一番ですが、取られたシーンは

あまり早くなかったです。

また、トライのシーンのすぐ前、氏家君の飛び出したタックル

は感心できません。

勢いよくタックルに行くのはいいですが、最後飛び込んで

しまったところは今後修正してほしいと思います。

氏家君応援しています。


二つ目の関学の得点は上で書いた秦君だと思いますが、

ハンドからPG。


三つ目の関学の得点も上で書いた、微妙な判定のターン

オーバーから速攻でトライ


四つ目の関学の得点も同志社が敵陣でタックルされたボール

をきちんとラックにできず、こぼれ球を速攻されトライ。


五つ目の関学の得点は同志社が攻撃中、敵陣で反則し、

関学がタッチで前に出た後のラインアウトでオフサイドしたのを

PG


1、2、3、4が同志社がボールを失った直後の失点

5は同志社がボールを失って次の関学の攻撃時の反則


連続攻撃された訳ではなく、関学ぐらいの攻撃なら普通に

止めています。そこそこいいDFです。


同志社が気をつけるべきは、解説の広瀬さんも言って

おられましたが、ミス、反則からターンオーバーされた

時のDF。


それと言われていませんでしたがボールの継続。


前の試合と違って、関学は同志社の攻撃を読んでいました。

解説の広瀬さんもいっておられましたね。


ドンピシャでタックルをもらいフォローやボールキャリアーが

立っておくとかの余裕が全くない状況でした。


例えば、同志社のBKはよくWライン的な展開をします。

Wラインとは少し違っていて、はじめの立ち位置はWに

なっていません。ボールアウトするとダミーで前に二人

ほど出て、その後ろをパスを通して、外側のCTBぐらいに

渡す。

これが読まれているので、林君がノットリリースになるシーンが目立ち

ました。


これは林君がどうこう言う問題ではありません。

広瀬さんも対応策として近場でボールを下げないパスをすることを言っておられました。


ただ、ここ数年、関学は内側のDFはラッシュをかけてきて、一番強い

ところでした。これに外側のDFも読まれていたので、どちらも難しそうに

思います。


ダミーで走った二人に平行パスを出す選択肢もありますが、

近いところでプレッシャーを受けるので、雨でもあり。

ノックオンは増えます。


近場のパワープレーができればいいのですが、スクラムは上に書いたように

ノーペナルティでしたし、ミスもあって敵陣であまりモールにもなっていなかったし。


次の天理戦はスクラムの判定をどういう風にするレフリーかが一つの焦点だと

思います。


同志社はスクラムでのレフリーの癖を研究する必要があると思います。


この試合の同志社は前の試合で課題として書いた後半も、よく走っていました。

FWの頑張りには敬意を表します。


修正点は、攻撃時のタックル後のボール確保が不安定だったので、もう一度

タックルされてからボールが出るまでを確認したほうがいいと思います。

特に二人目がボールの真上に入る事はきちんと確認したほうが良いように

思います。

早い展開で、慌ててラックに入り却って二人三人と人数がかかっていたのが

少し気になりましたので。


まとめ

①スクラムは天理の組み方、レフリーの癖を含めてシミュレートを

②関学に読まれた攻撃は天理にも読まれる事が考えられる。

  読まれた”裏のプレー”をできるまで繰り返して練習する。

③タックルから球出しまで細かいところまで再確認を

④天理も外国人がいるので、弾き飛ばされても足にはしがみつくように

⑤ターンオーバーされてからDFの切り替えをすばやくするように練習を

⑥DFはいいので、ターンオーバーしたボールをトライやロングゲインに結び付ける戦術の徹底を

⑦これまでのようなイージーば場面ではかなり減った(進歩は見えました)が、雨とはいえ、

 ノックオンが多かった。FWを含めてハンドリングの練習はまだ必要です。

⑧キックオフはまだ改善できそう。バックスリーはキックのキャッチ練習は毎日

⑨あまり間隔をあけず実戦の勘を鈍らせないような試合形式の練習を


気をつけた事をあげました。


関学戦で一番、好きなプレーは後半

関学の速攻を「ワンハンドで止めた」とアナウンサーに言われた

渡辺君のプレーです。


キックでの陣取りでもいいプレーがありました。


頑張ってください。


次に好きなプレーは前半、林君が自陣に戻ってボールを処理

関学に囲まれてノットリリースになったところです。


林君が戻らなければもっと傷口がでかくなっていました。

戻ってなんとかボールを確保したプレーが良かったです。


天理戦の展望は次回書くと思います。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/