京産戦を見て

テーマ:

試合は立ち上がりは、あまりでしたが、

その後、ペースをつかみ、

京産大ディフェンスラインのギャップを

ついて、トライを取ります。

このまま更にリードを広げ試合を終えるかに

思いましたが、後半は終始ペースをつかめず

試合終了でした。


同志社のラインDFは摂南戦に比べ格段に

立って広がるのが早くなっていました。


以前から何度も書いていますが、DFは

①立つ

②広がる

③低く構える

④前に出る

⑤きちんと相手をつかむ

です。

その①②は出来ていました。

あまり③は出来ていませんでした。ここがDFで最大の改善点です。

④はそこそこできていますが、まだまだ改善できます。

⑤は摂南戦では外国人選手相手にきちんとできていましたが、

京産戦では、そこまで相手をマークしていなかったようで、少し緩んでいました。

選手権になると試合中 気をつける事ばかりです。きちんと相手をつかむ

のはあまり意識しないでもできるようにしておかないといざというとき、

悔しい思いをすると思います。


関西リーグでできない事は選手権だと出来ません。

細かい事ほど、関西リーグで自動的にできるように”試”合してください。


アトムの試合後のインタビューを読むと

試合前には展開を意識したとありました。


展開を意識しすぎたようで、試合立ち上がりは

FWが前に出ていません。ブレイクダウンで

優位に立っていたとは言えませんでした。

スクラムでもプレッシャーを受け、ミスから

反則でトライを取られます。


その後も圧力を受けますが、徐々に速い球出し

で京産大DFがそろわないところを走り、

トライを重ねます。


京産大DFラインのギャップがラインの大外では

なく外側のCTBぐらいにある事も多く、外にまわす

前にギャップをついてトライというシーンも目立ちました。


前節の摂南戦もそうですが、FWが前に出てテンポよく

ボールを出していると春の早稲田戦を思い出させるような

得点力のある同志社が見られます。


一方、スクラムで圧力を受けたり、相手のDFが圧力をかけて

くるとBKがハンドリングエラーをしたりします。


そのうちFWのスタミナが切れてくると、相手にペースをつかまれます。


京産戦に戻ります。


前節の摂南戦後の選手たちのコメントを見ると

反則を減らしてモール対策をするようなものが

目立ちました。


いろんな反則がありましたが、最も目立ったのが、接点での反則でした。

事前に反則しないように意識していて、反則してしまっています。

意識づけではダメなようです。


接点に行くのが遅れるため、反則をしてしまうように見えました。


スタートをコンマ数秒早くするか、ポイントからポイントへの中間走を

少し速くするかになると思いますが、スタミナが重要に思います。


ペナルティ→相手がタッチキックで前に出る→ラインアウトモール


ラインアウトモールのDFも去年の東海大戦でやられてから、

あまりいいとはいえない状況が続いています。


同志社は京産戦に備えてモールDFを練習してきたようです。

今後、天理や選手権で関東の強豪と戦います。

更にモールDFの練習が必要に思います。


上でペナルティからモールへの流れを書きました。


京産戦で気になったのは、BKのハンドリングエラー

から相手スクラムになって、不利なスクラムでその後の

場面でペナルティの場面もありました。


ハンドリングエラーは春から多いです。


去年だったか、同志社高校がハンドリングが悪く、

何度も練習を重ね、花園予選前には、ハンドリングが

チームの強みになったと聞きました。


今からでも遅くありません。集中してハンドリングエラーを

なくすように、相手がすぐ前にいてプレッシャーがかかる場面で、また、

精神的にプレッシャーがかかる場面(キャッチすればトライとか)で

落とさないように何度も何度も訓練したほうが良いと思います。


何度か書きましたが、FWを中心に接点にいち早く駆け付けて、きちんと

押し込んでいれば、同志社はいい攻撃をします。


京産戦もそうですし、前の摂南戦もチームが最も走れない後半の中盤の

時間帯はいいラグビーが出来ていません。


春の天理戦も同じです。ポイントに駆け付けるのが遅れ、接点でペナルティ

キックで相手に前に出られ、モールでトライをその時間帯に二度し、追いすがられて

いたと思います。


今年の同志社は、練習中の強度を上げたため、選手や関係者たちはなかなか

後半に走れていないとは思っていません。

しかし、実際には、勝っている試合で、少し走らなかったため、ピンチになること

が多く見受けられます。


おそらく、今年の同志社の生命線は一試合通じて走ることだと思います。

きちんと走っていれば、反則はすごく少なくなりますし、得点も増えます。


試合中すべての時間帯走るのは難しいと思いますが、おそらく走らないと敗北が近づきます。


まとめ

①皆さん思っておられるようにモール(特にDF)は、もっとレベルアップが必要

②これも皆さん思っておられるようにBKのハンドリングはもっとプレッシャーがかかる場面でやれるように練習が必要。さもないとミスから失点の起点を作るので、(失点を減らすという意味で)DF面でも重要。

③FWが走る時間は同志社が強い。試合終了時や交代時には「出し切っている」ように”覚悟”を決めてほしい。

④京産戦のスクラムは相手が変則な組み方をするとはいえ、かなり不安。セットの整備は引き続き必要

⑤ラインDFは良くなってきましたが、低くタックルすることなどまだ関東上位からは少し落ちます。改善してもらえると思います。

⑥春よりは良くはなっていますが、キックオフのボールやキッキングゲームについてもう少し工夫が必要


おまけ

摂南戦で最も印象に残ったのは、秦君(だったと思います)のアンクルタップです。何としても相手を止めるという気持ちが相手のかかとをはらうプレーに出ていました。こんなひたむきなプレーを選手全員がすれば、

同志社は強くなると思いました。

京産戦でも、後半途中までMOMは秦君がいいなぁ、けど難しそうやなぁ。と思っていましたが、

最後のインターセプトで決めてくれました。最近は秦君のファンです。

おっさんにファンになられても気持ち悪いだけでしょうけど。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/