明治戦1

テーマ:

試合の振り返り

 試合は、立ち上がりから全開で来た明治に対し、相手の強いFWを意識して少し固くなっている同志社が主導権を握られる展開。

 今年の同志社のラックサイドのDFは0チャンネルと言われるラックのすぐ横を抜かれることが目立ちます。(京産戦で取られた1本目のトライや早稲田戦でスローフォワードで助かった試合立ち上がりの早稲田のロングゲインなど)この試合でも、明治にそれを許します。

 明治が攻撃して、同志社がきちんと並んで止めました。明治がボールを引き続き確保してすぐにボールだし、明治の攻撃する側の同志社DFは2人足りない状況で何とか1人スペースを埋めます。しかし一番内側が空いて(=一人足りない)おり、そこを走られロングゲインからトライ。前半立ち上がりから何度か見られました。

 今年こまで見られた、試合立ち上がりから前半の0チャンネルのDFがまずい状況です。京産戦、早稲田戦、明治戦ともです。ただ、やられてからは修正できていました。 立ち上がりからの0チャンネルのDFは間違いなく同志社の苦手、課題です。

 課題について取り組んで修正が出来たと思っても、冬場の選手権でまた、相手につかれての敗戦はこれまで何度も見てきました。

やられる前に試合立ち上がりから出来るように、また出来たとしても常にチェックしてこの点でゆるまないように冬までじっくり取り組む必要があります。

試合中は修正できていますので、余計に残念です。

試合立ち上がりの0チャンネルのDFは何度もやられているのに修正出来ないのは、去年のモールDFが思い起こされます。これは後で修正すべきと考えるところではないです。

 試合の振り返りから課題について話題それました。戻ます。

同志社はハイパントを上げます。相手キャッチャーに対するチェイスがばらばらで相手に何度かカウンターでロングゲインされたり、トライされたりしました。

これについても、今年はずっとキックチェイスがばらばらですが、修正されてないです。試合中に少しだけ良くなりますが、こちらは0ちゃんねると違い修正したとは言えないぐらいの程度です。田村君に走られたプレーなんかはかなりばらばらで関西リーグでも下位のほうのチームがするプレーです。今時、関西リーグでもあれだけばらばらなのはなかなか見れません。昔はよくありましたけど。それぐらい悪いレベルです。ただ、そんなに難しい修正ではないので、首脳陣は選手権前に修正するつもりなのかも知れません。

しかし、去年のモールDF(いつでも出来ると思っていて、春の天理戦、選手権の東海大戦で後手を踏んだ)があるので、簡単にやれるのであれば、やっておいて、選手にいい試合を経験させ自信をつけるほうが良いです。

去年、一昨年の失速は課題(去年のモールDFなど)をほっておいて、中長期の目標(BKの攻撃の向上)を追いかけたため、どちらも中途半端になった感がします。

 また、セットで劣勢ブレイクダウンでも少し食い込まれていたため、ミスも起き、19対0となります。DFも早いテンポに戸惑いなかなか前半前にでれていませんでした。

 このあたりから、明治のFWの運動量が少し落ちだし、同志社のほうも対応して少しずつプレーを修正してきます。レフリーも後で書くように、差がついたので、この時間帯は少し同志社寄りに感じました。

 その後1トライ返し、明治に、もうワントライ取られますが、その後は目立って明治FWの運動量が落ちます。試合立ち上がりのような早い球出しにトップスピードで大きなFWが走り込むようなプレーは見られなくなります。結局試合最後まで、大きなFWが早く動く事はなかったです。明治も試合立ち上がりの攻撃が80分出来るのであれば、すぐに筑波や東海のレベルになれるのに。と思います。

 結局、前半の同志社はモールやラックサイドでFWが押し始めFW2トライをします。FWはやはり地力がついていると思います。課題は多いですが。

 明治のバテがあり、同志社修正たので、両チームの圧力(スコアではない)が拮抗した状態で前半終了を迎えました。

 後半は同志社が先に得点すれば、勝つ可能性がありますが、明治が得点すると明治が生き返るので厳しいと思って注目していました。後半立ち上がりから、同志社のDFが前に出だしています。恐らく、前半とかなり違ったので指導陣から前に出ろと指示を受けたと思います。それもあり、明治の勢いが出ず、同志社が試合の主導権を握り逆転に成功します。その後、攻め込みますが、トライを取り切れずにラインアウトでの反則などど自陣でスクラムで認定トライとなりました。

 同志社の今の指導陣のいい所は、前半悪かった点が、後半修正される事です。心配なところは後に上に書きました。

DSNはこちら

http://d-support-network.net/