京産大について

テーマ:

どんなチームでしょうか?


直接は見ていませんが、

映像で見た印象から


①スクラムが武器

②DFがいい

③キックで陣地を取る

④ゴール前でモールを使う

⑤WTBに決定力がある


同志社と似たチームカラーに思います。

それだけに、どれだけ精度高いプレーが出来るかが

焦点になると思います。


①から順番に見ていきましょう。

スクラムですが、京産大は同志社と違い

強いスクラムというより、いやらしいスクラムです。


まず、まっすぐ組みません。

ななめに組みます。

まっすぐ組むと「I」の字のようなスクラムですが、

ななめに組むので両チームのプロップのところで曲がる

「く」の字のようなスクラムです。


くの字まま押します。

押された方は側頭部を押される形になり、

慣れるまで中々対処できません。


また、相手ボールではくの字に組んだまま押して

回してきます。


京産対天理を見ると、1度を除いて、京産の

得点はスクラムが起点でした。


まず、スクラムでトライを狙う。

サイドでトライを狙う。

相手を押し込んでおいて相手3列を離れられなく

して、相手3列がカバーすべきところをSHやSOが狙う。

スクラムを押しておいて、相手FWが広がれなくなっている

ところを外まで回して、決定力あるWTBを走らせる。

(WTBが取れるようにキックを転がす。)


スクラムを押せるかどうか?

スクラムに関するレフリングはどうか?

はこの試合の焦点になりそうです。


②DFがいい

京産のDFが良くなるのは春からわかっていました。

ミルステッドコーチが加入したからです。

これまでミルステッド氏が加入したチームは軒並み

DFが良くなっています。


昨年は、京産戦前にこのブログで書いたように、

サイドをついて京産FWの足を止めておいて、

外にすばやくまわすと大きな穴のあるDFでした。

しかし、FWが前に出る力はありますので、

外にまわせないと大きな穴をつけませんでした。

関西でその穴をつけたのは、同志社と立命でした。

このため、この2チームには大きな失点をしていました。


これをミルステッドコーチが見逃すはずもなく、

修正が十分され、迷いなくDFが出来ているので、

タックルも思い切りよく、とびきりいいDFになりました。

あまり力強いとは言えない天理の攻撃では、

キックリターンの崩れた場面から2本トライしただけです。


ちなみに普通の場面でない、キックリターンに対する京産大の

防御はすばらしいとは言えなかったので、キックされた時に

突破する力のある選手にボールを集めると効果的かもしれません。

ミルステッド氏のコーチングもアンストラクチャーまでは

手が回っていないということかもしれません。


京産大のDFはいいため、摂南戦の後半のようにきっちり

キックで相手陣に入り、スクラムやモールでトライを狙い

ゴール前ではラックにしてボールを停滞させないように

攻撃したいですね。


余談ですが、ミルステッドコーチが加入した年は、

DFが良くなります。攻撃は2年目に良くなることが多いです。

京産大は、スクラム巧者であるため、スクラムに関する攻撃は

生きてきているように感じます。

少なくとも天理のDFにかかれば、普通にラインブレイクはなかなか

出来なかったのは見て取れました。


③キックで陣地を取る

キックで陣地を取ります。前回のこのブログで対角線に蹴る

キックについて書きましたが、京産はその対角線のキックを

蹴ってきます。

こちらも対角線のキックを練習し、対角線のキックを蹴ること

も蹴られることも慣れておく必要があると思います。


④ゴール前でモールを使う

京産大のモールはあまりトライにまでなっていないので、

そこまで強力とは思いませんが、モールを止める練習は

引き続き必要です。


⑤WTBに決定力がある。

両WTBは代表候補と掲示板などで書かれています。

決定力があるようです。

WTBに決定力があるなら、スペースを与えないように、

内側が早く立って広がって、WTBがボールをもらった時点では

同志社が複数前にいる状況を作ることです。


そのほかに前回のJr天理戦のブログで書いたように

 早く順目を埋めるDF

 足を掻いて相手を押し込む

 弾き飛ばされても再度足首を狙うタックルをする

 立ってボールに絡むDF


なんかを徹底すべきです。

これから京産戦、関学戦と優勝争いも佳境です。


これらをやるかやらないかは選手の皆さんの自由です。

しかし、やらなければ、敗北に近づくのは確かです。


双方レベルの高い、いい試合を期待します。

応援にいかせてもらいます。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/