Jr 天理戦

テーマ:

行ってきました。


Cの試合も見ようかと思いましたが

寒かったので、よう見ませんでした。


内容はいろんな面で天理が一枚上

だった感じです。


先制は同志社です。

立ち上がりから攻め込んで、

相手ゴール前で粘ります。


何度も攻めて、サイド攻撃で何とか

グラウディングしてトライでした。


その後、反則で、自陣ゴール前に迫られ、

2度目のモール攻撃で比較的あっさり

取られました。


自分たちは何とかトライ。

相手はゴール前に迫るとモールで

簡単にトライ。


モールを止めるのが試合中格段に

うまくならない限り2~3本は取られそうな

感じでした。


まずいなぁと思ってみていると、

天理に勢いが出て、これまで、接点では

同志社が押し気味だったのが、天理が

押し気味に。


同志社はこれに戸惑った感じがあり、

DFで広がるのが少し遅れます。


広がれていないので、前に出られず、

接点で相手に食い込まれたところを


天理は外側に早くボールを持っていきます。

同志社はDFラインをスライドさせることなく

ボールの行方を見ます。


外側で突破され、2線防御を敷く寸前で

それもかわされトライ。


その後は試合の流れが天理に行ったまま、

前半で24失点で同志社の追加点はゼロ


前半で勝負あった。

という感じでした。


順目を埋めるのはAの摂南戦でも、

そこそこ早かったです。(まだ、早くするべきですが)


天理の2本目のトライのシリーズでは相手が

勢いに乗ってきているところを、

同志社は当たってそのまま倒れていました。


相手が勢いづいている時こそ、足を掻けるときは

絶対に掻いて押し込む。

それで相手にプレッシャーがかかります。


勢いづいて前に出ている相手に、

当たって足も掻かずにいると相手の勢いがそのまま

出るのは当たり前です。

厳しいようですが、ピンチの時こそ足を掻く

これが必要です。


また、Aもそうですが、タックルをよく弾かれます。

Aは天理戦は良かったですが、その後気持ちの

ゆるみからか、タックルに対して弾き飛ばそうと

してくる選手に弾き飛ばされて外されるシーンが

目立ちます。


Aの天理戦のように弾かれても、足首を狙ってもう一度

タックルして外されない。

そうすれば、相手は簡単にゲインできなくなります。


また、DFでラインのスライドの動きが少ないように

見えました。これも修正すべき点です。


更に、ダイレクトタッチが目立ちました。

あわてずどこに蹴るかきちんと狙いを定めて

蹴るようにしないと。


攻撃では、相手のDFラインのセットが早く

また、隙あらばボールに絡んでくるので、

同志社の攻撃がラックになっていました。


ラックになっている間に天理がDFラインを整備

できていましたので、Aの摂南戦の後半のように

立ってつなぐほうが良いと思いました。


これでJrは自力優勝はなくなりました。

優勝決定戦に出られるかも、天理対関学の結果次第

です。(関学には勝たないと話になりませんが)



Aの摂南戦について書き残した事柄


前回、相手の早い攻撃に対処するのに相手ボール

に絡むのはレフリングとのからみもあり危険だと

書きました。


ただ、立ってきっちりと絡むことは、やるべきですし、

山田君はそれが出来ています。

本当にいい選手です。


キックを蹴りこむ場所については、

まっすぐ蹴りこむのがほとんどで

対角線に蹴るのは、みかけません。


対角線に蹴ると、キックを自分で追いかけ

られないので、別にチェイサーを置かないと

いけませんが、同志社の場合は両WTBに

決定力があるため、ランプレーを警戒して

相手が早くあがる傾向があります。


相手が早く上がれば、インサイドCTBぐらいで対角線に

蹴れば、相手のFBもオープンに行くまでに蹴りこめます。


それを同志社のスピードランナーがおいかけあわよくば

トライ。ダメでも、きっちり陣地を取るのは考えたほうが

いいと思います。


それは次の京産戦にもかかわってくることです。

なぜかかわるかは、次回の京産についてに書きたいと

思います。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/