同志社 対 摂南

テーマ:

前置きです。

前の試合近大に早い展開で

DFのギャップをつかれました。


そこで私はDFで広がりを早く

と対応を書きました。


しかし、早い展開には、もう一つ

対処があります。


相手のボールに絡んで相手の

プレーをスローダウンさせる。


です。でも、私はスローダウンに

ついては書きませんでした。

スローダウンはレフリーによっては

ボールの展開を妨げるプレーと

見て、厳しくペナルティーをされる

場合があります。


このため、早く広がるDFを課題として

書きました。


この日、摂南戦のレフリーは低いプレー

寝てするプレーにはかなり厳しかった

ので、立ってクリーンに絡むしかない

状態でした。


しかし、試合立ち上がりは、レフリング

を読み切れていないので、ボールを

殺しに行ってペナルティーになっていました。


それで、前に出られて、モールで前進、

最後はゴール前少し粘るもトライされます。


その後、同志社展開の時にパスミス。

それに付け込まれ、トライを奪われます。


最後はキックのカウンターだったと思います。

外側で2対2のDFの局面、外国人選手に気を取

られ、外国人選手に二人がDFに行ってしまい。

一人が抜けて繋がれてトライでした。


1本目は

 ペナルティーからの失点

  でかつ

 ゴール前のサイドのDF


2本目は

 同志社のミスにつけこまれ失点


3本目は

 カウンターからの失点


もちろん、摂南は外国人選手が重要な役割を担って

いますが、トライの取られ方は、同志社が

春から課題としたところだったので、相手が

どうより同志社のDFの問題と見るべきと思います。


ただ、ラインのDFは良かった。というのも、ポイント周辺、

順目を埋める早さは体大戦より近大戦が少し上、

また、近大戦より、摂南戦がずっと上になってきました。

このため、内側のDFが安定し、ラインDFが安定しました。


内側のDFはその早さで並んで、更に落ち着いて周りを見られれば、

かなりいいDFが出来るスピードでした。

順目を埋めるスピードは点数で言うと60点代後半かな

と思います。素晴らしいとはいいませんが、そこそこやる。

レベルにはなってきたと思います。


なかなか、苦手な事の精度を上げることはできません。

選手関係者のみなさんは頑張ってくれていると思います。

ファンとしては大変感謝です。


ただ、ゴール前のサイドDFはもう少しです。 


また、話がそれます。


摂南戦の前半は苦戦しました。トライの直接の原因はミスであったり

反則であったりですが、苦戦の最も大きな原因は接点で

押し込まれていたからです。


一緒に観戦させていただいた大阪弁野郎さんがミスする

同志社を見てプレッシャーを感じているのかな?とおっしゃいました。


おっしゃるとおりで、前半と後半はじめはかなり押し込まれていました。


スクラムでかなり押せていたので、接点でやられているイメージ

は出にくいですが、差し込まれていましたね。


同志社は足を掻いて押し込まないと と思ってみていました。


ただ、後半の同志社はキックで敵陣に入る戦術を徹底し、

相手にプレッシャーをかけるべく接点で押し込むようにしていました。

このため、接点で押され陣地も取られで摂南が自分たちのラグビーが

出来ず、同志社が寄り切った感じになりました。


そこで、話を戻してゴール前のDFです。

接点で押されていたことが関係したように思います。


前半取られた2本目のトライがゴール前のDFです。

前半接点でやられていたため、タックル後に相手に押し込まれることが

多かったため、ゴール前で同志社は広がらず、かたまってラックを越えて

くるようなプレーに対応していました。


よく対応したのですが、ラックの後ろに2~3人備えていました。

ラックに入っている選手もいるため、残るラックサイドを守る選手は片側

1人~2人という状況でした。

結果サイドを二度早くつかれ、サイドを守る人が足りなくなってトライ。


ラックの後ろは一人で守り広がる必要がありました。

しかし、これまで、接点で前に出られている意識があり、どうしても

広がるより、縦に備えてしまったように見えました。


ではどうすべきであったのか?

ゴール前までに、こちらが差し込んでいて、ゴール前のラックでは

後ろは一人、他は横にきちんと広がる。

足を掻いて1対1で止めきる。

2対1で止めた場合はすぐに立ち上がる。

これを繰り返すしかありません。


ゴール前は守りにくいですけど成果が見えてきた順目を早く埋める

ことのように頑張ってください。


この試合でスクラムサイドのDFを課題にあげる人がいました。

サイドのブレイクのタイミングは一度相手No8にやられて、

二度目には、岩村君(だと思います)が「ブレイク早くね」と

声をかけています。ただ、相手がボールを持ち出したのが

同志社3列に見えていないようでした。


3列が見るべきことですがSHからのコールがあっても良かったの

かな?と思います。


ただ、相手スクラムからの攻撃は敵陣で良くやられていたので、

ゲインされたイメージほどは影響はありませんでした。地域をロスして、

DFラインを敷きなおすことは同志社はやっていましたし。


それより、最近見られていなかったラインアウトの端を走られた

事のほうが嫌でした。

ラインアウトではFWの端とBKで間隔があるため、そこを突破力

のある選手が走ってくることが多いです。ほんとによくある攻撃です。


それについては今年のチームは良く止めていましたが、

前半、そのスペースが狙われるのを想定していないようなDFで、

きれいにそこを破られたので、心配しました。


後半、山崎君(だと思います)は同じような場面できちんとスペースを

埋めていたので、前半はやっぱりチーム全体に動きが悪かったと思います。


後半は、きちんと陣取りが出来、前で強いフォワードが押して、

DFでも足を掻いてプレッシャーをかけなかなかの試合をしていると

摂南がバテて動けなくなりました。


後半は特に押し込んでいたため安心して見られました。


攻撃はスクラム、モール、が主で、展開ではほとんど取れず終い。

縦の攻撃を相手が脅威に感じないと、展開しても、ボールを横に動かす

だけになってしまいます。


スクラムは本当に強いですね。

いい武器です。伝統のスクラムの京産大にはどうでしょう?


次回は摂南戦で感じたこと小ネタ集をすると思います。

その次は京産戦展望が出来ればいいなと思っています。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/