天理 対 立命(補足)

テーマ:

これは書こうかどうか迷っていたことですが、


ファンクラブ系の掲示板で

Jrリーグの結果一覧を紹介していただいたので

何気なく見ていると


天理の失点が圧倒的に少ない。

3試合終わって、完封2試合

1試合が7失点のみ、まさにすばらしいDFです。


天理はAチームもBチームも共にいいDFです。


話は、天理対立命の宝ヶ池の試合にさかのぼります。

私は天理側の応援席で見ていました。


天理の控えの選手から少し離れてはいましたが、

大きな声で声援していたので、良く聞こえました。


みんなで揃って声を出さない時間でも、実によく

大きな声を出していました。


立命が素早くボールだしをしようとして、

天理の反応が遅いと

「広がれ!広がれって!」

立命がサイドをついて近場に圧力をかけようとして、

天理DFがその場で当たるだけだと

「足掻け!足!」

実際にサイドで圧力がかかって立ち上がるのが遅れると

「はよ立て!」


と何人もの選手が自分がその試合のFBでも

あるかのように大きな声でDFで的確な”指示”(?)を

出していました。


本筋とは関係ないですが、

これに対して、ATの”指示”はあまりなかったです。


話は戻って、天理の控え選手たちの指示を見ると

練習でも、DFの”指示”は繰り返されている

んだろうなぁと感じられます。


チーム全体がDFをしっかり理解し、相互に指摘し合って

気付いて改善する。

とても大事な事です。


翻って同志社は、お互いが良いプレーヤーと尊重している

ようで”指示”のは、はばかられるよう(←推測)に感じます。

その場で立て!や広がれ!あまり言わないように思います。


後で上級生やコーチが少し、プレーについて話す感じです。


書こうかどうか迷ったのは、チームの雰囲気みたいなものに

関することなので、あまり外野がガタガタ言うことではない

と思ったからです。


しかし、天理のJrの戦績を見ると、やはり天理はJrもDFが抜群にいい。

これは書くのをためらっている場合ではないと思い、書いています。


上級生でも、上のチームでも遠慮なく気付いたことを伝えて修正する。

多くの部員の”気づき”がチームを強くする。

100人以上の部員が居ればたくさんの気づきがあり、

たくさんの修正が出来ます。それだけチーム力があがります。


強くなります。


これぐらいでいいやと妥協はいけません。

(妥協しているつもりはないのでしょうが)


同志社のJrは京産戦も失点が多かったです。

公式HPの試合の詳細では最後の失トライ以外は

ゴール前のサイド攻撃からのようです。


サイドで3トライ取られたAチームの天理戦

のような感じでしょうね。

逆に考えるとラインDFでは大きな課題はなくて、

サイドDF時の広がりの早さ、構えの低さ、足の掻き

(レッグドライブ)に課題があるのではないか?と

想像しています。


ただ、展開ではあまり取らせていないので、

もう少しです。チーム全員でフィードバックし合って

チーム力をDFをあげてください。


仕事の関係でJrはなかなかいけないのですが、

天理戦を見に行きたいです。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/