天理 対 立命館

テーマ:

第二試合の天理対立命館も見ました。


若干天理有利と見ていましたが、

予想以上に天理のDFが見せてくれました。


天理DFは並ぶのが早く、立命が球出しした時点には、

きちっと並んでいて、全然崩れない。


崩れていないので、立命が何度ボールを

出しても、天理のタックルの餌食になる。


立命が早いタイミングで出しても、天理の内側のDFは

走りながらならぶ、FWの並びの早さには感心しました。


対抗戦上位3チームぐらいの早さです。


同志社と比較すると、同志社は天理戦でとても

いいDFをしました。


ただ、同志社対天理戦のブログでも書きましたが、

同志社は天理SHに突破を許したように、

試合中、早く並べていないこともあったので、

立命戦での天理ほどの早さはなかったですね。


立命は、スクラムでも相手に押され気味で

プレーの早さで負けて、押し負けて打つ手なし

という感じでした。


天理は同志社戦の後半あたりから、もともとのDF力を

みせつけており、同志社もてこずりました。


1敗して負けられない天理は「立命にトライを絶対に与えない」

というこだわり、気魄をもって試合に臨んだ結果の

完封劇だったと思います。


何度もいいますがそれにしても、天理の内側のDFは抜群に早い。


私が思う、同志社最大の改善点がこの内側のDFです。

早く立ちながら状況を把握し、素早く近場に並ぶ時に低く姿勢を取り構える。


決して、①立つ、②確認する、③並ぶ、④構えるが別の動作ではありません。

①~④の全ての動作をオーバーラップするのです。

これが出来ると関西リーグではあまり失点しなくなるでしょう。

もともと同志社のラインDFは天理以上に堅いですから。


選手権前には同志社は対関東を想定して、関東ばりの早いDFの

天理とAT&DFなんかをやると非常にためになると思います。


少し話しがそれました。立命戦で天理のATは、あまり取れていませんでした。

もう少しCTBのマークを徹底されていると攻め手が大幅に減っていたように思います。

これは天理の課題だと思います。


また、少し見方を変えると立命のDFも関西レベルでは良いと言えるかもしれません。

レフリングの影響もあるかもしれませんが、立命は第一戦の体大戦ではワントライ

しか与えていないですから。


立命だけでなく、関学も強いですし、油断は禁物です。

それよりもまず、次戦の近大戦です。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/