大阪体育大VS立命館大

テーマ:

更新遅くなりました。すみません。


体大と立命を見て

体大はDFの近場で前に出る勢いがありますね。

特にSOぐらいの位置はDFが強いですね。


前に出るだけで横に動けないのなら楽ですが、

外に振っても、うまく外に広がりついていきます。

体大の対戦相手が何の工夫もなく、いきなり

外に振っても中々抜けないと思います。


去年の京産大に似たDFの感じです。

京産のほうが特徴が明確で、外がかなり弱かった

ですが、体大は内側のDFラッシュが去年の京産ほど

ではないです。

しかし、外のDFは去年の京産よりはよさそうです。


一度近場を突いて、フォローを早くして、

すぐに球出しして、外にまわせばそこそこ抜けられる

感じはします。

そういう作戦を同志社が取れるか?

また、作戦をきっちりと行うスキルや強さがあるか?

が攻撃の注目点になりそうです。


体大は攻め手がなくハイパントを多用し、

ゴール前でサイドを突いてくるのはなかなか怖いですね。


同志社は、天理にサイド攻撃で失トライ3つ。


体大がゴール前の攻撃でサイドが止まるか?

がもう一つの焦点になると思います。


先週の修正がどれだけできているか?

注目したいです。


体大はスクラムが強く、PR伊尾木君の突進は要注意ですね。

立命のスクラムはななめに組んだり、反則に近い組み方の印象。


立命は、キックに対するDFは弱そうに感じます。


レフリーが若干立命寄りだったので、本当はもう少し、

得点差が近かったと思います。

体大が勝つとまでは思わなかったですが。


<追加>

これもTV観戦です。

神戸製鋼はトヨタDFにからまれて

ターンオーバーされたり、球出しが不安定になるのが

目立ちました。

神戸製鋼が少人数で球出しをしようとするところに

うまくトヨタが圧力をかけた印象です。


トヨタのDFはいいですね。


近鉄は一人一人が強く、なかなかの攻撃力

DFはラックにできるだけ入らず、広がって相手にスペースを

与えないようにしていました。

サントリーが少しメンバーを落とし気味だったこともあり

大接戦になっていました。


今、これを書きながらNECとパナソニックの試合を見ていますが、

NECはDFが出来ていないのでしんどいですね。

今年のトップリーグは大差の試合が少ないのが特徴です。

その中でNECのDFは・・・ しんどそうですね。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/