Jr体大戦、C体大戦

テーマ:

昨日は体大でJrの開幕を見てきました。


到着がキックオフに間に合わず、スコアを見ると

7対7になっていました。


敵陣でプレッシャーをかけチャージからトライを

奪っていました。


体大のDFが早く前に出るので、なかなかきれいに

抜けません。それでも総合力に勝る同志社が

徐々に点差を広げます。


攻撃が早くないので、前に出る体大のプレッシャーを

もろに受けていました。

それでも、渡邉君のロングキックやセットからのDFが

良かったため、気づけば体大ゴール前となっています。


そこで、うまくいけばトライ。

ダメなら戻されて、守り勝つかたまにDFでポカで比較的

近場を抜かれトライを取られたりした取って取って、取られて

の展開。


FWのロングサイド、ショートサイドの立つ人数がずれていたり、

勝ちはしましたが、締まりのない、ディシプリンを感じさせない

DFでした。


昨日は大差で勝ちました。

関西のBは大差で勝つこともあるでしょう。

Bチームの目標は何でしょうかね。

帝京のBなどはかなり強いです。


同志社は関西優勝、そして日本一を目指していると

キャプテンが言っていました。

その中で同志社のBは何を目指しているのでしょう。


関西のJrリーグの優勝を目指しているとしか

感じられませんでした。

それがだめとは思いませんが、Aチームの目標とリンク

していないなぁとは思います。


試合は何度もいいますが、出ている選手のものです。


選手がどんなプレーをしても自由です。

規律のあるプレーをしてもいいし、規律のないプレーを

してもいいです。


新しいラグマガを買いました。

去年は天理が4部練、今年は立命がミニ合宿で4部連

だそうです。

関西リーグの各チームがきっちり練習をするなか、規律

のないプレーの先には、必ずピンチが待っています。


DFで立ち上がりながら、どこが人数足りないか考え、

細かく足を動かして、立ち位置を横に微調整してください。


BKの選手も人数の足りないところを、もっとはっきりと

指示してあげてください。

指示はしてもFWが聞かず、動かずのシーンもありました。


確かに体大のDFは去年より格段に整備されています。

特に内側はしっかりしています。

同志社のBの力って、それぐらいなんでしょうか?


Jrの後半にSHに三木君が入って攻撃がテンポアップしました。

このため、体大DFが揃う前に展開できたので、

相手のギャップを同志社の攻撃がつけるようになり、試合の

主導権が明らかに同志社になりました。

三木君は以前は走るのが得意なSHというイメージでしたが、

ポイントに行くこと、パスアウトが早く、展開向きでもあることを

アピールできていました。


石田君はいいですね。相手のDFが揃っていても必ずタックルを

ずらして、ほんの少しでも前に出る。

前に出るので、相手が守りにくくなる。

とてもいいです。


Cの試合

試合を通じていいテンポでボールを動かせていました。

前半は、ピンチでもFWがあまり走らず、これはトライを

取られるなと思った時に必ず、取られていました。


やばいときには全力でもどらないと。

普通の中間走では止められないですね。

ここもだらっとしたDFを感じたところです。


たぶんはじめに取られたトライ(2つ目?)はキックから

だったと思います。


Jr、Cともキックを転がされてそれからトライを失っています。

同志社のキックをケアする選手がいて競り合った結果トライ

ならアンラッキーと思うのですが、同志社のキックをケアすべき

選手(たぶんFBかその代わりのバックスリー)がいないので

転がされてトライになりました。


DFの決め事にもよると思うのですが、ボールを展開されると

展開されたほうのボールと向かい合う位置(か少しだけ中央寄り

にFB(かその代役)がいるはずです。

そこに人がいない。いれば、キックを転がすという選択肢自体

相手は取らなかったと思います。


ビデオを見直し、キックを転がされた際には誰が、ボール近辺の

後ろを守るはずだったか、なぜそこにいなかったか?

みんなで共有するべきではないか?と思っています。


来週は、Aが開幕です。

昨日の天理のJrのメンバ―にはFWに外国人選手が二人いるので

恐らく、AはCTBに外国人を並べる布陣にしてきそうです。


隣同士に突破力のある選手並ぶ場合、一人ずつ確実に止めず、人数

をかけてしまうとDFにギャップを作ってしまいます。


もともと突破力のある選手なのでタックルを弾き飛ばしたりします。

そんな場合でも足首だけでもつかまえておくと前には出れません。

一人で一人を止められます。


弾きとましてくるのを前提にそれでも足首だけでも掴むように80分間

意識することが大切です。


研究のため、外国人選手の出ている。昨年の選手権の流経大戦などを

見返してみるのもいいでしょう。


CTBに外国人を並べるのは、決勝に行った天理大学のチームが同じ

布陣だったと思います。その映像を見返してみてもいいと思います。


来週は所用が延期になり、応援に行けることになりました。

いいプレーを期待しています。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/