関西リーグの開幕に関して

テーマ:

来週はJr、再来週はAが開幕です。

どちらも頑張ってほしいと思います。


秋シーズン開幕ムービーを見せてもらいました。

天理大学を意識しているのが充分伝わってきました。


田淵主将はしっかり準備して臨みたいと

木村副将はFWBK一体となった展開ラグビーと

前に出るDFについて言っていました。


DFについては前に出る分、すれ違われる可能性が

上がります。それでも前に出てプレッシャーを

かけるということですので、前に出て必ず止める

意識が必要です。


今更言うことでもないですが。

足首だけでもつかんではなさない。


また、前に出られるよう内側が早く立って、早く広がる

これは絶対に必要です。

広がったら前に出て、必ず相手を掴む。

掴んだら足を掻いて前に出る。


これが出来てそれでも負けたら相手が良かったのです。


自分たちが練習したことをやれるかに集中するのが

いいと思います。


スコアによって、試合展開によって焦ってしまって

やってきたことも出せないのは勝ち負けより問題だと

思います。


まずくなった時こそ根本に帰る。


DFは立ち上がり、広がりを早く。

スクラムなら低く、バインドをしっかり、ひざのためを作って

しっかり押し込む。

うまくいかない時は何かできていません。

ラインアウトでうまくいかない時は、きちんと相手と間隔を取って

タイミングをずらす。前を使う。


うまくいかない時は何か焦ってやれていない時です。

うまくいかない時こそ、きちんとしたプレーを心掛けてください。


モールのDFはどれだけできているのでしょうか?


また、カウンターを食らわないように、だいたいでなく、

きちんと並んで前に出るDFが出来るでしょうか?


全てこころがけ次第でできることです。

しっかりと心がけて試合に臨んでください。


それで負けたら、選手権でリベンジです。


以上が私の思うしっかりした準備とDFについてです。


トップリーグのトヨタ自動車と近鉄の試合を

見ました。(またもTV観戦です)

これまでトヨタのDFは良かったのですが、


近鉄のオフロードに戸惑い、広がることは

広がるが抜かれないことに意識が行って

ボールキャリアーにプレッシャーをかけられず

思いのほか失点をしていました。


ハーフタイムのコメントでも広瀬監督がDFについて

言っていたように、あまりDFがうまく行ってなかった

ことは確かです。


オフロードで繋がれ対応が苦しく、抜かれるかも

しれないという意識が1試合を通じて

見られた試合です。何とか僅差の敗戦で勝ち点を

拾いましたが、相手のプレーに自分たちのやってきた

ことを忘れてしまった例です。


試合開始後しばらくしてボールキャリアーにプレッシャー

をかけられていない。と誰かが気づいて声をかける

ことが必要でした。


同志社も相手のプレーで自分たちのやってきたことが

出来なくなることのないように1プレー1プレー何に気を

つけるか意識してやってもらえればと思います。


我を失わないようにうまく行かない時に何を思い出すか

以前の試合を見てシミュレートすると良いかもしれません。


プレッシャーのかかった試合でうまくいってない状態。

この時、次に何に気をつけてプレーをするか、

考えて見直すと有効だと思います。


天理の速い攻撃に我を失わず、攻防とも天理以上に走って

いいラグビーをしてください。楽しみにしています。

やってきたことが出来れば十分勝てます。


ただ、大変残念ながら所用で開幕は見に行けません。

これもTV観戦になりますが、応援しています。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/