キックに関して

テーマ:

ディフェンスで勝っていくチームに必要なこと


キックで陣地を取ることは必要ではないでしょうか?

キックの蹴りあいなんかも出てくるでしょ

それについて少し考えてみたいと思います。


キックを蹴ったあと、敵味方それぞれチェイスして

①味方は到達するけど敵は到達しない

②味方も敵も到達する

③味方は到達しないが、敵は到達する

という場面があると思います。

③は一般的に蹴ってはいけないキックです。

これは一時置いておきます。

②はハイパントで競り合った時などです。

競り合ってキャッチできない場合、キャッチ後すぐにタックルが

生じ接点となった場合に備えて、周辺にもプレーヤーが必要です。


①はうまくいったキックパスなんかがその具体例です。


①は相手がキックに備えて後ろに3人ほど人員を配置している場合

はなかなかできるものではありません。

相手が味方より先に追いついてしまいます。

その場合は相手の前に並ぶ人数が少なくなっているので、

ランプレーで抜いていくことが選択肢に入ってきます。


ボールの前には相手もDFを並べます。

こちらが展開している間に内側にいたDFがずれてくるか

後ろにいたDFが上がるか、そのどちらもの複合か

になります。


それを簡単にさせないように、近場をついて相手を外側に

広がらせないようにして素早く展開する。

展開して広いスペースに走りこんでDFを切り裂いていく

これが成功すれば、なかなか良い試合になるでしょう。


ただし、キックに備え後ろの人数が多い場合、相手も

自分たちのDFの欠点はわかっていますので、すばやく

展開させないように内側で早くしつこいDFをしてきます。

そのせめぎあいを制した場合には良い試合になると

いうことです。


相手がキックに備えていないDFで後ろに下がっている

のが1人だと相手が届かないところに蹴り、そこにきっちり

味方がチェイスできるようにBKを配置します。


それがうまく行くと①の状況になります。


③の状況が問題です。

こちらが蹴りこんで相手が複数以上いて、

②の競り合いにもならず、相手が処理することは

大きく蹴りこんだ場合などよく起こる状況です。


その場合相手が蹴り返したりカウンターをしかけて

きたりします。

カウンターを前で倒せば大きなチャンスになります。


しかし、同志社の最近のDFを見るとキックのチェイス

の時にDFラインがでこぼこだったり、まっすぐおいかけたり

してあまりいいDFとは言えません。


    ●        ●         〇

                        ↓



              ↑

  ■      ■      ■      ■


キックを蹴りこみます。一番端の〇の選手がキャッチします。

矢印の方向にカウンター攻撃をします。●の選手はボールを持たない

攻撃側の選手です。

■はDFです。矢印の方向に押し上げます。


図のように■が等間隔で一直線がいいのですが、

同志社の場合



    ●        ●         〇

                        ↓



              

  ■                 ■      ■

        ■


このように間隔が等しくなく、一直線にならべていない

場合がよく見られます。

だいたいならべているからいいじゃないかと思われる

かもしれませんが、下のようになります。


次のシーン

    ●        ●         〇

                        ↓

              

  ■                 ■      ■

        ■


その次のシーン(攻撃側は真ん中の選手にパス)

   ●        〇         ●

             ↓

  ■                 ■      ■

        ■


ギャップに走りこまれてロングゲインってことになりかねません。

元の場面のように一人が後ろで間隔が開いていることがすぐに

ダメではありません。

元のシーン

    ●        ●         〇

                        ↓



              

  ■                 ■      ■

        ■


この場合DF側が間隔が等しくなく、前後になっていると

わかっていれば、コンタクトまでにそれを修正すればいいことになります。

遅れている選手が前に出られるように、他の3選手はラインのスピードを少し

おとし、遅れている選手は右斜め前方に走る。

そうするときちんとした状況(下図)になります。

カウンターを止めに行くのはライン全体で連携してする。

これを意識すれば、

そんなに難しいことではありません。


愚直に守る意識があるか?だいたいできていればいいやでは、

上位校のスピードあるバックスリーの餌食です。


    ●        ●         〇

                        ↓



   ■      ■      ■      ■



あと、同志社はラインの横の動きがあまりありません。

そこも充分考える必要があります。


   ●       ●      

                      〇

                      ↓




                      ↑

              ■       ■        ■ 


〇がボールキャリアーでカウンター攻撃を↓の方向に

しかけます。■がDFです。

この状況ではDFはラインの真ん中にボールをとらえています。


   ●                ●

            〇           

            ↓ 



                      

              ■       ■        ■

攻撃側は右端の選手から真ん中の選手にパスをします。

DFはそのまま前に出ています。

この状態ではまずいと思いDFは左側にずれます。


  ●                ●

          〇           

          ↓ 


                      

            ■       ■        ■


ボールキャリアーも少し斜めに走り、DFラインは真ん中で

キャリアーをとらえきれていません。

DFは更に左にずれようとします。

アタックラインとDFラインの間隔が接近してきました。

なんとかボールキャリアーをDFラインの端でとらえられるか?

という状況です。


 ●                ●

    ←   〇           

  

        ■       ■        ■

この時点でDFの右端の選手がなんとかタックルできるぐらい

に近づいたとしても攻撃側は更に外の選手に←の方向にパス

をしてしまえば外の選手はフリーです。

        ●           ●

 〇                 

 ↓      ■       ■        ■

 

大きくゲインされたりトライになったりします。

そうならないためにはどうすればよかったのでしょう。 

はじめの場面に戻ります。


   ●       ●      

                      〇

                      ↓




                      ↑

              ■       ■        ■

この状況でDFの■三人が敵味方の人数、それぞれのライン

の長さを比較します。当然DF側の左側にボールを運ばれると

まずいとDFの3人がともに思っているとします。

パスをされると前に行くより真横に動く感じで左側にあるスペースを

押えないといけないと共通して認識するでしょう。

その場合を見ていきましょう。


   ●                ●

            〇           

            ↓ 



                      

            ■       ■        ■

 パスされてすぐ左に動きます。

 この状態でもまだ、左にスペースがあり、埋めにいかないといけません。

   ●                ●

          〇           

          ↓ 



         ■       ■        ■

 引き続き左のスペースを埋めにいきます。

  ●              ●

         〇           

         ↓ 


      ■       ■        ■

 次のシーンです。 

  ●              ●

         〇           


    ■       ■        ■

 最後のシーンです。

  ●              ●

         〇           

  ■       ■        ■


 ○のボールキャリアーをDFの真ん中の選手がタックル

 出来ればよし。出来なくても少しスピードダウンさせ

 外側の選手と連携してDFを破られないようにする。


 そうなるとなかなか抜けるものではないです。

 

 まとめます。

 キックのカウンターのDFの時

 ①ゴールラインと並行にまっすぐ並ぶ

  (場合によってはボールキャリアーに近いものだけ少し前にでる)

 ②DFライン同士等間隔に並ぶ

  (ラインの人数が多い場合には、ボールの前だけ少し間隔を密にする)

 ③相手がボールを動かすことを想定してそれに対応する

 ④DFラインの真ん中にボールキャリアーを捉えておく

  (そのために横にきちんと動く=スライドする)


 それをだいたいではなくて、チーム全体でくそまじめにきちんと行うと

 なかなかカウンターでやられることはなくなります。

 ホワイトボードを使ったり、これまでうまく行った映像やうまくいかなかった

 映像を使い、FWを含めたチーム全体できちんと話し合って意識づけして

 もらえたらと思います。

 

 キックを使うとどうしてもラインアウトの機会は増えます。

 ラインアウトでボールを取ることが重要になってきます充分考えて練習してください。 


 最後にもうひとつ、今年はレフリング指針でキックの

 オフサイドがあげられています。

 レフリー全体にキックの際、キッカーより前にいてスタートする選手について

 オフサイドをきちんと取りなさいと協会がお触れを出していますので、

 キックのチェイスはキッカーの後ろからというのをきちんと守っていただきたい。

 他の項目もきちんと見て確認したほうが良いと思います。

 2014年度レフリング指針

 http://www.rugby-japan.jp/about/committee/referee/2014/2014_ref.pdf


 DSNはこちら

 http://d-support-network.net/