トップリーグ開幕

テーマ:

トヨタ自動車がいいですね。

負けはしましたがサントリーに3点差


特にDFが良くなっています。

近場でFWが並ぶのが早いので、

DFの面が崩れない。


ボールが出てもボールキャリアー

にしつこくプレッシャーをかけている。


なかなかゲインさせないし、相手の

ミスを誘える。

ただ、後半10次ぐらいフェイズが続くと

FWの足が動いていなかったので、

サントリーにトライを取られた時も「動けて

ないしヤバいなぁ」と思ってみていました。


前半キックで相手陣に入っていたトヨタは

相手の意表をつこうとしてか、後半立ち上

がり、自陣でボールをまわします。つかま

って自陣でターンオーバーされピンチに。


解説の藤島さんはトヨタのアタックが良かった

から接戦になった(?)と言っていましたが、

10-13のスコアが物語るように、トヨタの

DFが良かった試合でした。対してアタックは

サインプレーでのトライが1つとまだまだ有効

には思えません。

そんな中、後半立ち上がりは自陣からまわし

ていたので、「キックがいいのになぁ」と思って

みていました。案の定、失点。


後半途中からは自陣からキックを蹴っていた

だけに後半立ち上がりの「奇襲」は残念でした。


しかし、セットプレーが良くなれば、ロースコア

でかなり上とも戦えそうな感じです。

セットプレー次第ですね。


スカルク・バーガーが見たかったのでJスポーツ

を見ましたが、当たりや運動量はまだまだで、

様子を見ながらのプレーに見えました。

シーズン後半、どうなっているかが楽しみです。


私がトヨタチーム関係者なら、DFの練習をしながら、

セットプレーをなんとしてでも押し上げ、

キックで敵陣、DFできちんと守って、競り勝てる

チームを目指します。

その中で徐々に攻撃力を磨きます。


後半立ち上がりのトヨタの攻撃のように一足飛び

に上を狙うとリスクが高い。

きちんとしたことをやっていれば徐々によくなって

いきます。あせりは禁物です。


同志社は夏合宿の戦績を見てBは良くなってきた

ようですね。もう一息なのはまだ、失点が多いこと

です。


トヨタ自動車ヴェルブリッツのように早く立ち上がっ

て相手にプレッシャーをかけるいいDFをしてください。


Aは、この時期に来ているので、サインプレーでも

なんでも使って明治戦と天理戦で結果を出すこと

にとにかく専念することです。

明治戦では手ごたえを、天理戦では勝利が絶対

必要です。

どれだけ準備し、どれだけ準備したことを徹底で

きるかです。

徹底できるようになるまで繰り返す。

手間がかかりそうですが、それが一番の近道の

ように思います。


何度も書きますが、昨年の天理は不調で4部練

をしました。

早くどのように戦うか決めてどんな場合でも決め

た戦い方が出来るまで、練習、田辺でできなけ

れば、朝、今出川周辺でもするほうが良いと思い

ます。


きびしいようですがシーズン後半に後悔したくな

ければ。


コーチが準備するのかプレーヤーが心がけるの

かはわかりません。両者が懸命になる必要がある

と思います。

部外者は言うだけですけど。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/