試合はご存じのとおり

前半同志社がリードし、後半に早稲田が

たたみかけ逆転でセーフティーリードを

保ったままノーサイドでした。


早稲田の攻撃が前後半で毛色が違った

のが、特徴的でした。


というのは、後にふれますが、とりあえず

特徴的な事柄についてみていきたいです。


前の試合の立命戦を見た限りで、

バックスリーのDFが心配でしたので、

早稲田戦は大変心配しておりました。


話は飛びますが、以前私は早稲田のスリー

クォーターバックスは全員WTBを並べた

ようにスピードがあると知人に言ったことが

あります。


ずっと前ですが、早稲田はけが人をリクルート

しない、なぜならけが人はスピードが落ちる

からだとの噂を聞いたことがあります。


けが人の話も全員WTBの話も双方スピード

重視ということです。


試合前に今年の同志社を考える材料は

立命戦と関西セブンズです。


立命戦は広いところを守るバックスリー

のDFがうまくいかず、関西セブンズでは

BKの位置で相手のスピードある選手に

タックルミスでトライを取られていました。


スピードのある早稲田BKに同志社BKが

DF出来るか?

きびしそうだなぁと思って、当日の試合

を見に行きました。


試合が始まって、そうした心配は杞憂に

すぎないことがわかりました。

皆がすばやく立って広がって、懸命に

タックルに行き早稲田BKになかなか突破

を許しません。


とてもうれしい読み違いでした。


同志社のほうは攻撃においては、

立命戦でやっていたのと同じく

できるだけ立ってつなごうとしていました。


また、当たるときに少しでもずらして、

その後のブレイクダウンで相手圧力を

避けようとしていました。


ブレイクダウンでは同志社が優位にあり


ラインアウトは敵ボールはほぼ相手が

確保し、マイボールはノットストレート

をして失ったり、確保してもからまれ

たりして少し安定していませんでした。

シーズンの最後の試合なら仕方ありま

せんが、今の時期なので、もう少し

習熟度をあげていくのだと思います。

簡単に言うと全然ではなかったけど

満足するほどでもなかった。です。


スクラムは誤算と言っていいでしょう。

まともに組むと恐らく同志社が押すと

思うのですが、早稲田の3番が変則

的に組んでいて、なかなか力が伝わ

らない。このため前半立ち上がりは

苦戦していたようでした。

それでも、前半も中盤を過ぎるころか

ら対応して、スクラムは互角になって

いました。


ブレイクダウン 〇

スクラム     △

ラインアウト   △

といったところだったと思います。


ここで前後半の早稲田の攻撃の違い

に戻ります。


前半は同志社が早稲田のライン攻撃

に対しトライをさせなかった。


しかし。早稲田が素早いタイミングで

ボールを出した時には、DFが崩れ

気味でゲインは許していた。


ゴール前では懸命のDFで何とかライン

DFは止めてはいました。


以前にも書きましたが、どんな試合でも

早稲田は(特に)負けてはいけないよう

ですので、前半リードされた、後半には

同志社の弱点を突いてくるような試合

運びをするだろうと思って考えていました。


前半ブレイクダウンで押されていた早稲田

はラインアウトでほんの少しだけ優勢

スクラムではそこそこ優勢


前半を見た限りでは、同志社DFを崩すと

すれば早い展開だと思われたので、

一緒に観戦した方には早稲田は後半

早い展開で来そうだと言っていました。


予想通り、後半立ち上がりから、早稲田の

速い展開に同志社DFがついていけず、

何度もゲインをされ、自陣でながらく戦う

展開です。

それでも、ブレイクダウンの優位を生かし

なんとかDFが崩壊しないですみました。


早稲田は早い展開をしたと同時に突破力

のある選手にボールを集めていました。


シーズン後半になると更に攻撃の精度が

高まると思います。


同志社は後半の早稲田の攻撃の早いタイ

ミングではDFラインに並ぶこと自体が遅れ

ボールの位置とトイメンを交互に見ることす

らなかなかできない状態でした。


次に早稲田と対戦できるのは、(例年夏には

やらないので)恐らく選手権です。


その時に、今回の早稲田のタイミングでの

球出しが連続してもDFできちんと並べなけれ

ば、100%負けます。


早稲田の後半の球出しのタイミングを計測し、

そのタイミングで球出しされて、ゲインされて

次の局面できちんと並べるかを何度も練習

したほうがいいと思います。


そういう意味では慶応や天理との春の試合

は早いタイミングに対処できるようになったか

の試金石だと思います。


ちなみに同志社は明治のようなチームに

対してはDFはいいと思います。(除モール)


春の試合での課題というのは一見修正できた

かに見えて、シーズン終盤にまた見られること

が多く、今回のような”目立つ”課題は充分す

ぎるぐらい修正が必要です。


去年は春先外のセンターが他のDFより少し前に

出るDFで出た外のセンターのところをななめに

入ってくる攻撃に何度もゲインをされていました。


春も終わりになってそれも修正され、関西リーグ

でも見られませんでしたが、選手権の筑波戦は

まさしく外のセンターの内側からななめに入る

ような春先の課題と同じところを何度も攻撃して

きて有効でした。


春のうちの課題は、充分対応したほうが良いと

いう事例でした。


こんかい取られたトライは、4つ

そのうち3つがゴール前まで迫られて、モールを

組まれそれを起点にした攻撃からです。

モールで前に出られ、なんとか止めるもしつこく

サイドをつかれ、ついにゴールラインをおとしい

れられるものでした。


立命戦でもモールから取られていますし、

早稲田の後半のテンポの攻撃への対処と

モールDFはやっておかないといけないと

思います。


今回、前半早稲田をリードしたことで、

早稲田が同志社の弱点を突くところを

見られました。

同志社が弱ければ、それは見られず、

選手権であたって思った以上に早かっ

たとなって終わります。


それと同様で、同志社が強いところを

見せると相手も必死に同志社の弱点を

ついてきます。


そこが改善のチャンスです。

いろんなチームのモールも止めるように

なると、同志社の勝利が近づきます。


勝利が近づくと相手は同志社の弱点

をつきます。試合がいい練習になります。


ともあれ、早稲田の深みを少しだけ

引き出せたのは収穫でした。


しつこいようですが、後半の早稲田の

攻撃のタイミングに対応できるように

なれば、本当に国立が見えてきます。


できなければ、国立はありません。


選手のみなさんはとてもいいDFを

してくれました。

ありがとうございます。


それでも、早稲田は同志社を3トライ

に抑え勝利。同志社は早稲田に4トライ

され敗北。

国立レベルでは相手に3トライまで、

でないと勝てません。

キックでのラッキーバウンドもこちらの

DFが薄くなったところに蹴られてのもの

なので、トライされてもおかしくない状況

でしたので、ラッキーではなく取られるべく

して取られたものです。


春のスタートとしては、いいですが、

今後も向上していってください。

応援してます。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/