とても久しぶりです。


見てきました。Aの試合だけですが・・・

私の住んでいる大阪府南部から亀岡はとても遠い。


同志社を見ての感想

何年か振りに普通のラグビーになっている。

です。


これまで何年も関西ですら下位チーム相手は別として

上位のチーム相手にFWで前に出ることがなくなっていました。

このため、なにかいびつなチームに見えていました。


今年はFWが前に出て押し込むシーンが目立ちました。

久しぶりに普通のラグビー(何かに特化したようなラグビー

ではなく)でした。というのが感想です。

西田君の代でも特化したラグビーという感じがしていました

ので、FWが前に出るのを見るといい感じがします。


試合を見た方の感想が散見されますが、

スクラム 〇

ラインアウト ×

ブレイクダウン 〇

だったと思います。


DFは意見がわかれるところだと思います。

見ていきたいと思います。


良かったところ

内側のDF

 FWがDFするところについては、ブレイクダウンで勝っていた

 ことで余裕があったこともあって、なかなか崩れなかった。

スクラムからのブレイクが早いし速い

 去年はスクラムならスクラムだけ押してもブレイクが遅かった

 ので、相手ボールで逆にゲインされたりしていました。

 今年はワンプッシュで相手ボールを取れなければ、

 押すことより次への備えでボールの出をFWの3列が意識して

 います。

 スクラムからブレイクしたとたん。No8や近い方のFLが猛然と

 DFに走る姿は、素晴らしいと思えた。

才田君の突破

 良かったですね。目立っていました。ボールをもって

 ”ドカンッ!”って感じでどんどん当たって行っていました。

木村君の寄り

 見方の誰かがボールを持って相手に当たります。

 倒れないうちに素早く近づいてボールをもらいに行きます。

 ボールキャリアーがボールを渡せたら「ゲイン」というところ

 でしたが何度かキャリアーとの息が合わずもらえてませんでした。

 ところが前半終了間際、同じシーンで木村君がボールをもらえました。

 突破して、つないで、更にキャプテンにつないでトライになりました。

 DFでも試合立ち上がりすぐの少しDFが落ち着いていない時間帯

 でブラインドサイドにあったDFのギャップを猛然と戻ってきて埋めて

 いてとてもよかったですね。

柴田君のジャージの色

 アンチ柴田を挑発するわけではないですが、後半ふと見ると

 柴田君のジャージが砂(グラウンドは改装前の花園(古ッ!)のような

 短い芝であまりよくない)と汗で色が変わっていました。

 他にも色が変わりかけてる選手もいましたが、一人別次元でした。

 どんだけ低い位置で仕事してるのかの証拠です。

岩村君

 良かったですねぇ。大越君と違ってトリッキーなところがあって

 見てて面白いですね。大越君とはタイプが違いますね。

FB小林君

 ハイボールもきちんと取っていました。からまれても前に行こうとして

 良かったですねぇ

垣内君

 良かったですね。安定感とキレがあります。良いSOだと思います。


同志社がラインアウト以外のFW戦で立命を押していたので、

攻撃でも楽か?と思いきや。

前に出てラインアウトがうまくいかなかったり、相手にFW戦を挑み

押し込んで相手をポイント付近に寄せるものの、寄せてできたギャップ

に誰も走りこまないので、相手DFを崩壊させられませんでした。

苦労して相手DFにほころびを作って、ほころんでないとこにボールを

運んで相手のプレッシャーを受けていました。


何度かFWが近場を突くと押し込めるので相手FWは寄ってきてしまいます。

このとき特に逆目の3人目ぐらい(レフリーが立っていたとこかその外側)の

DFがいなくなって空いていました。(試合最終盤には結構な穴になってい

ました。)

そこに走りこんで行ってハーフ団がボールを供給しないのなら、ハーフ団

の責任ですが、ギャップに走りこんでもいないので、そこは走りこまなかった

者の責任だと思います。


後半一度確か宮島君だったかがギャップに走りこんできてボールをもらって

いい状況になっていました。


もし、それが何度か続くとBKもほおっておけなくなり、ポイントの近くに寄って

くるしかありません。そうなると外側のDFが悪くなり、外に回すと抜けるという

状況になります。

更に得点は増えたはずです。


でも走りこめなかった。崩すのには成功したけど崩したところにつけこむこと

ができませんでした。


近場なのでFWの諸君がならぶところ、FWの諸君もギャップに気付き走りこむ

練習もみんなでやってください。


課題

 外側のDFですね。今日は立命館に4本取られました。国立に行くぐらいの

 チームなら2本ぐらいまでです。

 DFの結果はいいとは言えません。内側はあまり崩れていないので、

 崩れたのは外側です。

 取られた4本を見ていくと

 1本目 ラインの一番外側でタックルで飛び込んで外され、そこからゲインされ

      ゴール前に迫られトライされる。

 2本目 ゴール前で粘られて最後はモール(だったと思います。公式はラックか

      らサイドになってますが)でした。何度も止めていたのでしかたがない

      かなあ。というものでした。

 3本目 外側で2対2の局面でしたが、同志社DFの2人が立命の1人にかぶって

      行ってしまい。ノーマークの一人につながれてトライされる。

 4本目 状況を考えずにインターセプトに飛び込んで失敗してノーマークになり

      ロングゲインからトライされる。


 4本目は去年の松井君への批判と同様の批判が行くと思います。ただ、松井君

 はインターセプトに行ってもきっちり取るし取れない場合でもカバーできる状況で

 行っていました。このため昨年の大畑氏の批判は・・・ でしたが、今日の4本目

 のインターセプトは、どういう場面でインターセプトに行ってどういう場面は行か

 ないかを問いたいと思います。

 

 たぶん、松井君は高い位置(自陣のゴールから遠い位置)で、相手の間に入る

 ことによってパスを投げにくくし、プレーをスローダウンさせ、見方が戻る時間稼

 ぎのできる状況だというはずです。そういうプレーをしていますから。

 

 今日の4本目は高い位置は同じでしたが、スペースが多く相手はどうとでもつな

 げられる状態で相手の間に入ってスローダウンするのではなく飛び込んでしまっ

 ていました。飛び込んでも戻ってDFで止められる場面かどうかというのについて

 映像をみながらじっくり考えてみてください。

 チャレンジしての失敗はかまいませんが、同じ失敗を繰り返さないように。

 同じ失敗をしているようではチーム力の向上もありません。

  1本目と4本目 タックルとインターセプトの違いはあれ外側で飛び込んだDFが

  ありました。見ていて規律がないDFだなぁと思いました。

  2本目はある意味しかたないですが、3本目も外側でマークがかぶってしまった

  のですが、空いたスペースを埋めに行ってもらえるとトライされなくなると思いま

  す。

 キック処理のバックスリーの位置。DFでオープンのWTBがラインDFにあがるとFB

 はオープン側に位置を移し、キックに備える。FBがオープン側に移動するので、

 ブラインドサイドのWTBは少し下がり気味になったりします。


 そういったバックスリーどおしの連携も少し足りないように思えたので、外側につい

 てはDFやキック処理についてはこれからみっちりやってください。


 応援してます。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/