京産大 戦

テーマ:

予想どおりでした。


ここで書いたとおり、

京産FWはポイント近くに

かたまっていて、広がるの

が少しだけ遅れる。


かたまっている間に外に

ボールを持っていければ

スペースがあるので、

得点が可能。


京産には関学のように

近場でつかまるか

立命のように近場での

ラッシュをものともせず


外のスペースにボールを

持っていけるか?


というところが焦点でした。


結果はボールを持って

行けたので、自由にBKが

走れました。


もともと京産は”隙”(外側にスペース)のある

チームなのに、対戦相手はそこまでボールを

持って行けていないので、これまで好調でした。


立命、同志社と少し形は違いますが、

外側にボールを持って行けた。


スペースがあるところにボールを運べ、

いいBKがいるチームは大量に得点できます。


そもそも、京産対関学の後半を見ていて

なぜ、すばやく外にまわさない(まわせない)

のか?疑問に思っていました。


話は少し戻って、同志社と立命の京産DFの

崩し方です。

立命は京産FWを真っ向に受け、それでも

少し余裕をもってゲインしていました。


同志社は京産FWを真っ向に押し込むほどでは

ありませんでしたが、少し押して、すばやくボール

を回す。


FWでは立命ほど崩せていなかったですが、

素早くボールをまわし、両CTB陣が縦に

入ってきます。


関学戦では相手No8徳永君を中心にCTB陣の突破

にからまれました。京産もCTBぐらいまでは何とか

FLを中心にからもうとしますが、


3対1などの不利な状況でも思いっきり当たって

ボールを素早くリサイクル。

外側は更に広いスペースがあり、余裕でまわせました。


前半も中盤を過ぎると相手DFが更にゆるくなり、

CTBまでプレッシャーが来ることが少なくなって

相手ラインDFのギャップを積極的に狙う好走を

見せてくれました。


木村君、林君は殊勲です。


抜けたシーンはもちろんですが、前半はじめの

方の攻撃で相手DFがまだゆるんでいない時にも

相手DFをものともしなかったところが、抜けたところ

よりも良かった。


これから、関学のように同志社のいいところを消しに

来るチームが増えます。

そういう時にこそ、それをものともしないプレーが望

まれます。

相手がゆるんでそれを突けるのは、うれしいですが、

強いのは相手がゆるんでいなくても、しっかりした

プレーが出来る。

そのほうが重要です。


よく頑張ってくれました。


ちなみに関学FWは同志社戦で、これまでのDFほど

前に出てこず、横に展開して、同志社のBKの突破を

とめていました。


だからこそ、FWが前にでて、横に広がりたい関学FWを

広がれなくする必要があったのです。


ただ、BKの攻撃が悪かったのではありません。

相手の防御がドンピシャ同志社に合わせてきたものだった

のです。


横道にそれました。


後半は、京産の攻撃がFWを使わず、BKでしかも、逆目が

薄くなると逆目に展開して、同志社DFの薄い側を突いていました。


同志社は順目を埋めるのが早いのですが、逆目が薄くなっている

こともままあり、そこを突かれた感じがあります。


逆目をつかれたため、「逆目に残っとかないと」と思うような

DFの動きもあり、更に不安定になりました。


このため、自陣でずっといることになりました。


ここは、順目、逆目の人数はきちんと調整してほしいと思います。

体大なんかは去年も同志社の逆目をついてきたので、

突いてくると思います。


しかし、モール以外でトライを取られる感じがあまりありませんでした。

山下君に取られたトライは、少し残念でした。

このためDFが後手後手になり、ゴール前でのDFとなりました。


渡邉君はプレースキック100%でした。

なかなかないですね。いいキックでした。


末永君は何度もトライにからんでいます。

いいですねぇ。


山田君のハイボールキャッチはほれぼれします。


西林君は別格です。


北川君、才田君はいいスクラムを組みますね。

京産がまっすぐ組まずにななめに組むので、

それにあわせて真ん前で組み

なおして、そのまま回ったのを故意のホイールと取られたので、

後半は逆にななめのまま反対にまわして、自然な

ホイールでマイボールにしたプレーはクレバーだな。

と思いました。


秋山君はボールに絡むのがうまいですね。

ただ、レフリングによってはペナライズされることも

ままあるので、事前にレフリーに確認するほうが

いいかもしれません。


大越君はDFでもいいです。

大好きな選手です。


松井君は連続トライが続きました。


この節で立命館が関学に大量失点してしまったため

5試合終わった暫定ですが、同志社の失点はリーグ

最少となっているはずです。


更にDFを磨いてくれればと思います。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/