京産大について

テーマ:

今季の京産大の印象は

ポイント周辺のFWラッシュ

です。


良い面も悪い面もあります。


良い面、悪い面の前にFW

ラッシュの内容をもう少し

詳しく書いてみます。


まず、防御から、

接点(主にラック)の周辺で

京産大FWがかたまり気味

です。


その状態で相手にプレッシャー

をかけたいのか、前に思い切って

出てきます。


このため、相手FWはプレッシャーを

受けなかなかボールを外にまわせません。


ミスが出たり反則が出たりです。


なかなか得点できず、リズムに乗れなかった

のが、開幕で京産大とあたった関西学院です。

特に後半は京産FWのプレッシャーをまともに

うけました。


ただ、京産FWがかたまりぎみなので

FWがラッシュしてくるのをものともせず、

外に回せば、内側でかたまっている分

外側は人数が少ない。

人数が少ない=スペースがある。


そこにボールを持っていきたいところですが、

少しもたもたすると、かたまっていた京産FW

が猛然とひらきます。


すばやく外側のスペースにボールを運び、

スピードランナーにボールを渡し、そこで突破

して京産FWがひらいても届かないところに

ボールを持っていくと意外なぐらいもろい

DFだと思ってみていました。


京産対立命 で京産が勝つといった予想が

2チャンネルなんかでありました。


今年の立命館はFWが強く前に出る力が

かなり強い。

そのFWが前に行って相手プレーヤーを

巻き込んでスペースを作ったところに

BKのスピードランナーが走りこんで

フィニッシュというラグビーをしています。


京産の防御と比較すると

ポイント周辺のFWラッシュでボールを

まわせなくなるほど京産FWが立命FW

を機能させないなら京産です。


しかし、私がみるところ京産FWにそこまでの

力はない。


この場合、京産FWがかたまっており

スペースがある状態で、スピードランナーが

走るのをよくやっている立命館(BKはうまさ

はともかく速いです。)がボールを外まで運ぶ

ので、あまり苦労せずに得点をすることが可能で


立命館が大差で勝つ可能性が高いと予想し、

京産が勝つ可能性はあまりなく、

DFを修正した場合のみ接戦になると思って

試合を見ました。


同志社戦の前に、京産FWがどれだけ横に

動けるように変わっているかを京産対立命

で見ようと思っていましたが、あまり変わって

いない上、予想どおり京産FWの圧力に屈しない

立命が外側に素早くボールをまわしたので

快速BKがロングゲインをしていました。


時間もなかったので、前半30分ほどで

帰路につきました。

その後、後半は両チームワントライずつ

の”接戦”でした。


試合は見ていないですが、

ある程度差があいた場合、

前半と同じようにFWが崩してから展開

しているとスキルが上がらないため、

少し不利な状況でもう少し上のレベルを

見て試合することがあります。


同志社でも正面君が4回生の関西リーグ

の近大戦などは夏合宿ばりに走りこんで

へとへとで試合に臨んだことがあります。


それじゃないかなと思っています。

京産大がDFを修正していたのなら、

そこは注意すべきです。


京産大の攻撃に移ります。


京産大の攻撃もFWが近場でラッシュをかけて

ボールを確保します。

そこで前に出るため、相手は警戒して近場を

分厚い目に守ります。


それでも京産FWがガンガン前にでます。


相手DFをかたまらせてスペースがある状態

でBKにまわせます。


山下選手を中心にその状態で相手DFを突破するため、

”今年の京産はBKが良い”と言われています。

確かにいいのですが、やはりFWが相手をひきつけて

くれたためが大きいです。


FWで前に出れないぐらいの相手、立命館など

にかかると意外に攻め手がなくなると予想しました。


攻防とも関学戦(特に後半)では京産FWのいい面が出て、

攻防とも立命戦(特に前半)では京産FWの悪い面が出ていた

と思います。


京産と対戦するとき攻防とも京産大FWを前に出さないと

以外に京産はもろい。


出してしまうとなかなかしぶとい好チームになる

というのが、基本的な見方です。


ただし、立命がわかりやすく京産FWの攻防の短所を

見せてくれましたので、修正してくる可能性はあります。


修正の際のバランスが難しいですが。


今までの京産はどんどん前に出ることをやってきて比較的

外に広がることをしなかった。


それが、相手を押し込めない場合は外に広がる

という”ころあい”は単純に前に出るより難しいので

少し時間がかかると思っているのですが、


その難しさをクリアーした時には、今まで

以上に強敵になるでしょう。

クリアーしていなければ、FWがいかに前に

出るかが焦点です。


これまで同志社のFWは少し前に行く

のが少ないと私は思っていますので、


結構できてきていますが。

防御ではより低く、するどく、


少しものたりませんが、

攻撃では当たってから

どんどん足を掻いて


前に出て京産FWを調子づかせない

ここが焦点だと思っています。


やっぱりFWがカギです。


同志社FWに11月上旬時点で立命ほどの前に出る力

があるかどうかについても見てみたいと

思っています。


気を抜いてやっていると接戦や敗戦も

あるでしょう。

FW陣が前に前に出ようと必死になって

くれると同志社としていい試合になるで

しょう。


FW陣の前に出る力を量る試合になり

そうです。


気合い充分のプレーを期待します。


明日は秩父宮でオールブラックスを

見てきます。立ち見席しか取れません

でしたが。

何か書ければ書きます。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/