天理戦

テーマ:

チームみんなの戦う姿勢が特に良かった。

控えの学生さん達の go doshisya go も良かった。


DFは結構レベルアップしました。

順目に広がるのが格段に早くなっていました。

それでも、遅れる場面があり、そこはピンチになっていました。

ピンチになっても次の場面で粘り強くDFしていました。


ナイス、ファイトです!

藤本君良かったですね。

今までの何シーズンか同志社のFBは抜けてきた相手に対して

待ちすぎのところがありましたが、いいタイミングで上がっていま

した。


早く上がると裏に蹴られるリスクは上がりますが、蹴るということは

突破をあきらめさせたということで、そのまま走られるよりはずっと

いいです。


柴田君は本当によくタックルに行きますね。

タックルは回数も重要な数字です。相手はかわすのに時間がかかり

ますから。もちろん成功率も重要な数字です。


両方のだいたいの数字を聞いたことがあるのですが、

昔、慶応から神鋼の野澤氏の大学4年次にラグマガに掲載

された数字と同じぐらい(チームの代表としていい数字として

掲載)です。

そんなことを知らない。見ない方は某掲示板でたたいて

いますが、何を言ってんだか?って感じです。


才田君も良くタックルに行っていました。


DFはまだ、良くできます。

上で書いたように、順目が遅れるシーンがあります。

やはり、ピンチになってます。

ここは精度をあげていく必要は残っています。


特に今の体大は、このあたりを狙う攻撃が多いので

注意が必要です。(体大、京産の印象については今後書くと

思います)


DFで更に改善できるところは当たってから押し込む

プレーです。以前よりはしていますが、まだ圧力をかけられます。

特にポイント周辺で。


もうひとつ、意識してほしいのは、必死にタックルに行く

のは、いいのですが、足一本でもつかんでおれば、

ゲインもさせなくて済むシーンで少し淡泊な場面が散見

されました。


タックルを外され、前に出られてもカバーする選手がしつこく

行っていたので、そこは素晴らしかった。

気持ちが入っていたと思える場面です。

しかし、一度外されると、何メートルかはゲインされ、

DFが後手に回るのは事実です。

必死にタックルに行くときに何としてでも外されないと思って

行くともっといいDFになります。


しかし、気持ちの入ったDFを見せてもらいました。


松井君も良かったですね。

末永君は大ファンです。

大越君は今まで同志社で見たSHで一番好きなSHかもしれません。

児玉氏とどっちかな?って感じです。

山田君のハイボールキャッチとDFでのからみは

しびれます。

富田君は円熟ですね。

清水君が入った時には、DFの力がアップしましたね。

両CTBも良くタックルに行っていました。

岩本君もいいプレッシャーをかけていました。


守り勝ちました。

あまり同志社で見たことがない試合展開でした。


他にはスクラムが良かったですね。

ラインアウトはそれぞれのチームがマイボールを

確保した感じがあります。

相手ボールにもう少しプレッシャーをかけられるのかな?

という感じがありましたが、森山君が入って違いましたね。


攻撃で気になったのは、FWのフォローが遅れるのが

これも散見されました。

攻撃で少しチャンスの時にBKにまわります。

DFで走っているせいか、攻撃の時に見てしまって動けて

ないのが何回か見られました。


BKでも敵もさるもの、なんとか止めます。

ピンチなので相手も必死です。

そこでフォローが早ければ、攻撃側優位なまま推移

しますが、見てしまって遅れるため攻防が拮抗して

一から相手を崩す必要が出ていました。そこでFWが

2枚早く来るといいボールが出て優位なままあるいは

トライというのがままありました。


まあ、それだけ、天理のDFも早いという証拠でもありますが。


なかなか見ごたえのあるゲームでした。

巷では次戦の近大は軽くひねれるようなことを書く人が

います。

次戦も相手は必死です。


こちらも1試合DFが向上したからと言って

緩んでいる時間はありません。


次の試合が済むと関西リーグもほぼ半ばです。

あと4試合しかありません。

選手権までにできることを増やし、出来ないことを

減らす必要はあります。


緩む時間はありません。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/