明治戦感想と立命戦概観

テーマ:

明治戦 勝ちましたね。

見どころは後半のゴール前のDFでした。

明治がサイド攻撃をしてくるも、ボールに絡みながら

何とかしのぐ、たまりかねて明治が外に振ると

こちらのDFが崩れていないので、

相手がDFのプレッシャーに負けてミス。

というような展開が見られました。


試合前、同志社明治の両チームのアップを

見ていました。

以前から、試合前のアップでもスキルの上下が

わかるところがある

と思っていました。


関西下位のチームはランパスをしてもつながらない

ことがままあります。

関西中位クラスになるとつながっても、上下や左右に

補りづらいパスがまま見られます。

関西上位は何により上位になっているかでばらつきが

あります。FWで関西上位になっているチームは中位

クラスのパスです。

関東の中位(特に対抗戦)以上のチームになるとパス

のぶれはあまりありません。キャッチしやすいところに

投げています。

天理や関東上位になるとパスの前後のぶれもなくなり

ます。

それ以下のチームでは人にパスを投げてアタックライン

のスピードが止まったり遅くなったりするのですが、

天理や関東上位は丁度走りこめるところに投げてきます。


明治は毎年対戦するので、年に一度程度見ています。

近年はイメージと違い関東上位のパス回しを試合前の

アップで見せてくれています。


ちなみに早稲田や天理になるとトイメンがついていても

同じようにいいパスが出来ます。


前置きが長くなりました。

今年の同志社も明治もパスの上下、左右のぶれはあり

ません。(数年前は同志社は関西中位のパス回しの時が

ありました)

トイメンがついての練習は両チームが対照的でした。

明治は、DFの起き上がりや広がりが早く、FWの強さを考

えると関学のDFよりも上ではないか?と思えるような

いいDFをしていました。しかしアタックはトイメンがつくと

あまりつながらず、ぽろぽろボールをこぼしていました。


明治は相手に近いところでパスをまわしているのですが

そのプレッシャー下でパス回しできるスキルは今の明治

にはないように感じました。

私が明治関係者なら少し深めのパス回しに変えると思い

ます。深めのパス回しから徐々に浅くてもまわせるように

変えるほうが良いように思います。

完全に余計なお世話ですが。


かたや同志社はDFの立つ、広がるは関西レベルなのです

が、ボールが明治より深いところでまわりプレッシャーが

かからない分ミスがない。継続してどんどん攻撃する。

いい攻撃に少し足りないDFでした。


これは同志社が攻撃して明治が守るシーンはレベルが

高そうだなと思ってみていました。


思ったとおりでした。明治のDFはあまり崩れず、同志社が

素早くボールをリサイクルした際、大外で少し抜けるが

きちんとDFラインを敷きなおして次の局面で防御していました。


ただ、試合立ち上がり、明治のDFが遅れた一瞬の隙に

走りもうとした末永君に大越君がパス。

一年生達のすばらしいプレーでトライになりました。


その後はスクラムの新ルールで両チームのスクラムが

合わず、スクラムを押して乗っていく同志社が流れを

つかめません。

これが誤算でした。


ラインアウトは相手に寺田君がいるため、マイボールの

獲得率が低くなります。

スクラムで押しきれず、ラインアウトで若干の後手


ラインアウトは想定程度でしたが、スクラムが想定外でした。

レフリーも新ルールに慣れておらず、”指導”もできていなかった

ので、スクラムが安定しませんでした。

それでも、徐々にスクラムでペースをつかんで試合のペースは

こちらに向いてきました。


ただし、Aメンバーどおしの前半は2トライ対3トライと劣勢でした。

同志社が取られたトライは、キックのカウンターからのものと

ゴール前でサイドをつかれ、きちんと広がれなくて外へ振られた

ものとスクラムが合わず、フリーキックから速攻で取られたもの

の3本でした。


最後のは広がれないので若干仕方ないところはあります。


他の2本について考えてみます。

明治戦の同志社は関西リーグの開幕も近づいてきて、

春のように自陣から展開は少なくなり、自陣ではキックも

多く使ってきました。

ただ、単純にタッチに蹴るのではなく、相手陣に蹴りこんで

カウンターを止めるようなキックでした。


しかし、こちらのキックチェイスが前後にでこぼこでまた左右にも

均一にならべていませんでした。


今年の東京での慶応戦では慶応のキックチェイスが横からみて

一直線に10人ほどがならんで穴がありませんでした。

そこに同志社が少人数でカウンターをしかけターンオーバーから

トライというのが前半の流れでした。


同志社の場合は均一ではなく、人数も少なく、相手がボールを

動かしても、こちらのラインは動けていない。

この練習はあまりできていないのがわかる状況でした。


しかし、関西リーグではキックが増えます。

立命戦までにキックチェイスの練習はしなければなりません。


もう一つ取られたトライも慶応戦を思い出させました。

慶応戦の後半は、慶応がサイドをつくと順目にFWが動かず、

2度ほどサイドを突くと順目側のDFの人数が少なくなり、

FW、BKの突破力のある選手がトライをしていました。


これと同じように、立ち上がっている同志社の選手が

動かずに状況を見ていました。このため、順目側が薄くなり、

外側で突破されてトライとなりました。


明治の攻撃は早くなかった(慶応も)ので、このトライが

なくならないと全国で上にはいけません。


チーム全体が気づいていないのではなく、

BKからは「順目!」という声が出ていたので、

それが届いていないことが問題だと思います。

ゴール前ではボールだけでなく敵味方の立ち位置を

見て突かれるスペースがあるほうに走る

これが大切です。(今更言うことではないですが)


キックのチェイスはきちんと指導されれば1週間で

がらっと変わります。

問題はそういった意識の強いコーチが指導できる

かです。


経験上、キックに対するのはフロントスリー(SO、CTB)

よりバックスリー(WTB、FB)のほうがいい指導をする

ように思います。


後半はメンバーチェンジもありましたが、よく守りました。

少しDFが遅れるところもありましたが、明治も前に人が

いると練習と同じでよくミスをしてくれます。

ポイント近くや順目をいかに早くうめ、相手にプレッシャーを

かけるかが課題です。

失点をしないとやはり競った試合に強くなります。


後半ぐらいのDFが出来るようになると明治ランクの相手

は怖くなくなるのですが。


明治と立命の展望を一緒に書くのはわけがありまして、

明治と立命は似ているのです。


大きなFW、たぶん前にでる力は立命のほうが上、

個人の能力は明治が上ですが。


寺田君、宇佐美君といった長身のロックがおり

ラインアウトが強い。


BKにも速い選手がそろっており、FWが相手を崩して

展開でも取れる。

崩していないところで取るほどBKプレーに特化している


ラインアウトは立命も高いので、手前のボールを増やしたり

して確保していかないといけませんが、

簡単にタッチを切ってもラインアウトは相手有利の可能性

が高い。

そうなるとフィールド内にキックを落とすことになります。

つまりキックをどうチェイスするかが問題になるので、

キックのカウンターでトライを取られるようだと厳しくなります。


もう一つ春から立命のAチームの試合の記録を見るとFWの

トライが多く、ゴール前の短い距離をFWが取ることが多そうです。


この場合、サイドや順目をしつこく低くとめて押し返すと

相手BKも隙のないところを走れるほどコンビネーションは高く

ないので、FWのDFは生命線です。


明治戦の後半のようなDFが出来れば、勝てると思います。

出来なくて前半のようにサイドに立てない。キックチェイスで

きちんと広がれないと敗戦も考えられるところです。


キックに関してもう一つ、東海大戦でも明治戦でも同志社は

大きな相手からモールで一つトライを取っています。

キックで陣地を取れて相手陣でプレーできれば、モール

でトライを取ることは可能であると考えます。


それだけにキックチェイスやサイドのDFの広がりの早さで

相手に隙を見せないことが大切です。


FWが後手を踏むと攻撃でも展開が出来なくなるので、

次のポイントへの1歩目の早さが攻防とも重要になってきます。


スクラムが押せて、ラインアウトがそこそこでき、FWで後手を

踏むことがなければいい試合になります。


いつもFWにはっぱをかけますが、FWがラグビーの中心です。

FWだけでラグビーは出来ますが、BKだけではできません。

夏合宿までで同志社のFWも結構強くなってきました。

スクラムやモールがその象徴です。


立命相手にどれだけ出せるか、FWの諸君に期待しています。

春のリベンジをしてください。

ちなみに立命は合宿で同志社の試合を皆で見たのですね。

気にしている証拠です。


明治相手にモールでトライをしたということは相手もしっている

でしょうから、試合開始からFWで対抗して相手にやばい!と思

わせればこっちのものです。

試合開始から飛ばしていっても、肩書組がならぶ明治の後半

のチームに競り勝った控え選手がいます。変わってもやって

くれます。

相手は、自分たちの得意なFWで崩す戦いを徹底してきます。

サイドでガンガン押し込んでやりましょう。

サイドの攻防が一番のみどころです。


頑張ってください。応援にいきます。

DSNはこちらhttp://d-support-network.net/