私的大学ラグビー番付

テーマ:

輪島なので相撲風に番付と書きましたが


帝京とその他が分かれていて、その他が

団子状態になっているため、


帝京

2番手グループ

早稲田、慶応、筑波、明治、東海、流経、法政、立命、同志社、関西学院、(大東・天理)


ぐらいに思います。

早稲田は帝京にはいい成績ですが、その他にはあまりいい成績ではない。

関学にも前半のみですが1トライ差。


春に慶応に大敗したことなどから考えて、いきなり伸びるのもおかしい。

少しずつ伸びてはいるが、帝京用の戦い方、帝京の攻撃の止め方。

トライの取り方に特化して取り組んでいるのでは?


今の時期の帝京(BK展開もする)には通用しているのではと推測します。

対抗戦(実態と名前がくいちがっていますが)が始まれば、

どんなチームかきちんとみます。


春調子が良かった慶応が海外合宿から帰ってあまり良くないですね。

メンバーや状況はわかりませんが、帝京に零封されたり、法政に

負けたりで。春の勢いがありません。

シーズン深まるとセットプレーとDF(魂のタックル)とキックプレーに

サインプレーを交えて、試合を作ってくるので、このままでいくとは

思いません。

ちなみにサインプレーで取るトライが多く、私の好みのチームでは

ありません。


以後は割愛しますが、そのあとのチームは勝敗をわけあっています。

春からこれまで、帝京以外の全てに勝つような安定した力を持つ

チームはなく、星のつぶしあいです。


チームのコンディションやその日の調子やその試合にかける意気込み

などで勝敗がひっくりかえるぐらいの差でしかありません。

このため、各大学の練習試合の結果に一喜一憂しても仕方がないと

思っています。


ここからどこが抜け出るか?

夏合宿の成果プラス秋の取り組みが言うまでもなく重要です。

潰しあいの星の中でも上位にいける要素をどれだけそろえられるかに

かかっています。


ところで同志社ですが、東海戦で取られたトライの内容を見ると

外国人選手に走られたしょうがないトライ以外にはやはりポイントの近くを

やぶられているのが目立ちます。


東海相手に4トライ取られました。

関西で一番DFでいい動きをする関西学院は3トライとられています。


そこそこですが、もう少しレベルアップが必要です。

やはり課題はDFそれもポイント周辺のDFにいかにはやく広がるか

低く構えられるか?動き出せば順目をすばやく埋められるか?

にかかっています。


そのためにもDFの時の前5人の運動量が必要な要素です。

これがシーズン後半までに上がってくれば、2番手グループから抜け出して

いけます。


明治戦ではポイント周辺のDFに注目したいと思います。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/