関学戦②

テーマ:

観戦されたどなたもが感じたことですがスクラムが良かったですね。

トゥデイズプレイヤーも両プロップの二人です。


接点でも比較的余裕を持っていました。

ただ前回も書いたように近場のDFが思い切ってくるので、

なかなかいい状況に持ち込めず点差を開くことが

出来ませんでした。


後半には相手FWがフラフラになる状態であったので

もう少し点差を広げられるのではないか?とは

思いました。

前半からもっと展開していれば、相手の足は更に止まった

ので、もっと得点できるのですが、これも前回書いたように

ターンオーバーから失点するリスクも増大するので

負けない試合運びでした。


ゴール前に行って近場で崩せると全国レベルに手が

届くと思うのですが、そこはチームカラーなので

展開でくずすのでしょうね。

展開で崩すのであれば、もう少しプレーの精度を上げる

必要があると思います。


DFは関学の1本目のトライの時がだめでしたね。

しばらく相手ゴール前まで攻め込んだものの

得点できず、全体的に勢いをなくしてFWの運動量が

少なくなりました。

そこで相手ボールになり、ゆっくり動くFWなので、

DFが遅れ気味で止められず、

そのまま2次、3次と繋がれてロングゲインからのトライ

でした。


慶応戦からの悪い流れが続いているかのようなトライ

でした。とっても悪い取られ方でした。


トライの後、DFを立て直します。

全体的にセットプレーで優位に立っているので

試合の主導権は同志社にあったのも立て直せた

原因の一つだとおもっています。


後半には相手がふらふらであったにもかかわらず

FWの範囲のところを破られトライされます。


これまで春シーズンを見てきて同志社のDFは

①FWの運動量が落ちた時にかなりレベルが下がる

②順目を埋められない、また埋めるのが遅れた時に破られる

③連続攻撃されるとDFで並ぶ際に姿勢が高くなりそのままタックルも高い

④ポイントに入るかどうかの見極めず、勢いで入ってしまい人数が足りなくなる


①②③は連続します。

FWの運動量が落ち、順目を埋めていくのが遅れだし、姿勢も高く、

タックルが前からでなくゲインラインを切るぐらいのところで横から入る。

なんとか止めるもさらに順目につながれ、前目に出られているので次の順目が

うめづらくなり、また遅れる。

再度、何とか横からのタックルで止めるも今度はゲインラインを越えられ、

更に順目を埋めるのには回り込まないといけなくなる。

そこで順目につながれてギャップを走られ大きくゲイン。


そういう失点が多いです。

帝京戦の後半や慶応戦の前半は主に①が悪くて失点

慶応戦の後半や筑波戦の前半は②が悪くて失点

慶応戦の後半ゴール前では③が悪くて失点


全般的にプレーが長引くと④が出てきます。


他にも偶発的な筑波戦の後半のようなトライの取られ方もあります。

ある意味しかたないようなトライもあるので、

①~③のようなDFの根っこに関する失点がなくならないと

全国レベルになると負けてしまいます。


関学戦のように1本取られてからは修正できる

ことが多いので、取られる前に修正できないか?

と選手の一人に聞いてみると

プレーが途切れてみんなで集まった時に修正

するので、取られてからになる

という意味のことを言っていました。


同志社が試合中修正するのはわかっていましたし、

修正がトライ後になるというのも上の発言から

わかります。


国立で勝つチームの多くは相手を2トライまでに抑えます。

偶発的なトライがあるので、それ以外には取られない

ということです。

試合中に取られてから修正しているのでは、

残念ですが間に合いません。


DFで悪くなってきているときにすばやく

それをチームで共有することが必要だと思います。


噂では去年よりも走りこんでいるようです。

走力が増せば①の機会が減ります。

しかし絶対にゼロにはなりません。

FWが動かなくなった時(①)に順目を素早くうめるよう

FWに伝える。これをプレーしながらできれば

偶発的なトライだけになりますが、

出来なければひとつひとつを見ると悪いDFでは

ないのだが、「なかなか失点が減らないなぁ」と

いうことになってしまいます。


試合、練習で、チーム内で厳しく要求するのだと

思います。

プレーしながらでもチームの出来るだけ多くの

プレーヤーが大きな声で「運動量!」「順目!」

とは言えるはずです。

1人が言えば15人全員が続いて言うのであれば

プレー中での情報伝達はできると思います。

「順目!」と言ってDFの穴を大きな声で言うのが

まずければ、「順目!」を表す言葉を作って

チームで言うことは可能だと思います。


攻撃でもプレー中の情報伝達は課題だと思います。

相手DFを巻き込んでいて外側のDFが足りなくなっている

場合にWTBから外に振るように要求が大きな声でされる

ことがあります。

WTBは大きな声でいいますが、ボールを扱うものからは

遠く離れています。

外のCTBぐらいには届いているのでしょうが、ボールキャリアー

までは届いていません。

そのうち相手のDFが整備されることが多い。


WTBが叫ぶ→聞いた外側のCTBが素早く繰り返す

→それを聞いた内側のCTBも素早く繰り返す。

→それを聞いたSOも素早く繰り返す。

→SHがFW全体に声をかける。

→FWで聞いたものも繰り返す。


短いことばなら10秒もかからず、FWまで伝えられるはずです。

聞いた言葉は大きな声で繰り返してほかのものに伝える。


上で書いた悪い例で見てみます。

FWの運動量が落ち、順目を埋めていくのが遅れだす。

「急いで順目をうめる」意味の言葉を気付いたものが

大きな声で言う順番につないでFWに到達する。

聞いたFWはすでに遅れているのを挽回するために

全力に近いスピードで順目を埋める。

止められる。

DFが安定する。

情報を真面目に伝達することと伝達された2~3人のプレーヤー

が少しの間だけ全力で走るって順目を埋める。

これがきちんとできるとかなり安定していいDFになると思います。


2~3人が一瞬、全力でプレーすれば、全体にDFが下がらないので

全体が走る距離は短くなります。そうなれば、一瞬全力でプレーする

ことも可能です。


意識して習熟してもらえればと思います。

今年の同志社はDFのレベルが上がれば全国レベル。

上がらなければ関西でも優勝はありません。


DF次第です。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/