帝京戦②

テーマ:

DFでいただけないのは特に後半です。

昨年までのように相手の動きを目で追って

自分は動かないプレーがFWに目立ちました。

相手の一次攻撃は止めます。その後二次攻撃

になると少し遅れ気味に止めます。

3次攻撃ぐらいになるとFWのうちDFに

並べていない選手が出てきます。

並んでいる選手もいます。

この状態で帝京が狙うのは並んでいないところ

ギャップです。

そこに勢いよく走り込みパスをもらって少なくとも

10m程度はゲインするというプレーが何度も

見られました。

もう一呼吸FWが早くDFに並べばほとんどが

止められる攻撃なのにと思って残念に見ていました。

ちなみにFWの広がりの遅れとともに目立っていたの

がポイント手前を埋めることです。

左右どちらでもいいのですが、帝京の攻撃が展開します。

タックルが成立し、ポイントが出来ます。

展開した側でない逆側に立つ同志社の選手2~3人は、

出来たポイントの向こう側(展開していった側)に

ポイントを超えて並ばなければ、順目側のDFが足りなく

なるのですが、超えずにポイントの手前側に並ぶプレーが

目立ちました。

前回良くなったと書いた下がりながらのDFは、左右に

動かずにそのまま下がれと教えられているようなので、

相手が展開してもまだDFラインを破られていない時と

区別がついていないように思います。

また、同志社のDFは他の選手よりも前に出ていく選手が

いるシステムのようですが、出て行った選手とそれほど出ない

選手が連携出来ていない場面が多いです。

出る役の選手は単に出ればいいというものではなく、

それほど出ない選手との連携を頭におかないと

単にギャップを作っているだけになります。

また、前に出たのを見てギャップに走り込もうと相手

がした場合には、素早くギャップを埋める動きをしてください。

他の選手と呼吸を合わせてラインが途切れないような

程度前に出てください。

相手を目で追って動かないDF

ポイントの手前を埋めるDF

前に出た選手がギャップを作っているだけになるDF

この3つが試合を通じて改善できれば

セットとブレイクダウンで戦えていたので

相手の得点はかなり減ります。

②は比較的修正は難しくないと思います。

というのも今シーズンはこれまでの試合ではそこそこできていた

ので下がりながらのDFと区別さえつけば難しくないと思います。

は出過ぎもダメですが出なさすぎもダメです。連携出来る程度で

かつ相手にプレッシャーをかけられる頃合いを見つけるためにDFの

理解と経験が欠かせません。ライン同士で話し合っていいDFにして

ください。そこそこ難しいと思います。

は試合立ち上がりは注意して臨めばできます。試合後半に注意できるか

しんどいときに“つい”忘れてしまわないか、選手がどれだけ真剣に

思っているかによると思います。

この点で同志社の選手諸君がどれだけいいラグビーをしようと思っているのか

の試金石にしてもいい点だと思います。

意識が高ければそんなに難しいことではないし、意識が低ければ何度も同じ失敗をして伸びていかない。試金石にうってつけです。

ちなみに後半見てしまったのは“しんどい時間帯”なのでスタミナの問題と

も言えますが、試合終了後の消耗感からはスタミナより意識の問題と思えました。

②③とも意識が高ければ、秋本番までに修正が非常に難しいものでは

ないため、前回書いたように「内容は悪くない」と判断した要因です。

ただし、本気で帝京に勝てると思わせるゲームでもなかったので

素晴らしい試合とも言えません。

得点はまだまだだけれども今後修正の可能性を感じさせる内容

でした。

ただ、選手権での帝京の圧力はあんなものではありませんので

あれを基準に考えていると帝京との差は広がるばかりです。

何度か書いていますが、選手権の上の方に行くと3トライ失った

チームはほとんど負けています。4トライ以上失って勝つチーム

は昔のハイスコアリングゲームがあった時代ぐらいです。

 同志社が本気で上を狙うなら、帝京戦のように大量失点しては

問題外です。相手を2トライ、悪くても3トライに押さえないと

勝つことは難しいです。

 私のように負けてほっとせず、いいラグビーを目指してください。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/