同志社のDFについて

テーマ:

何度か書いている同志社のDFの悪かった点

について詳しめに書いてみます。


おととしは下級生から出ている選手を中心に

宮本監督が教えたDFがうまく機能した。

今年は春のはじめのJR西日本戦を見る限り、

危険そうに見えました。


というのもDFは逆目があいていても

順目をあてずっぽうに埋めに行く

同じことが関西リーグの大阪体育大学戦の

前半のDFでも見られました。


おそらく、FWの選手は立ち上がった時に相手

の立ち位置を見て、何人が順目に必要で何人

が逆目に残るべきかの判断をせず、あるいは

わからずプレーしていたのだと思います。


「早く順目のスペースを埋めないと」とあわてて

ほぼ同時に3人のポイント周辺の選手が思うと、

3人ともが順目を埋めに行って逆目をケアする

選手がいない。

そのいない逆目を大体大につかれゲインを許し

ていました。

                        

                    ■←□

  BK  BK  BK  BK        ①②③  ④


■が今のポイントです。

□は前のポイントです。

画面の上が敵陣で下が自陣のゴールライン側

のDFの場面です。


相手の攻撃が前のポイント□からサイドをついて■に

うつります。

こちらのBKは展開を予想して外に広がります。

①②③④がこちらのFWの選手だとすると

■とBKの間をうめないとそこを破られます。

このため、同志社は①、②、③ともが■とBKの

間を埋めにいきます。


その結果

                    ■ ↓

  BK  BK  BK  BK ①②③     ④


というようなDFの位置になります。

④が広いスペースを一人で守らないといけなくなります。

この時④の内側↓の部分を大体大は狙ってゲインしていました。


ゲインされて、同志社FWは順目のスペースを埋めること自体に

ついて疑いはじめます。

「逆目を抜かれているから、順目にいかずに逆目を守らなければ」

と思うわけです。

その結果下のようになります。


                    ■←□ 

  BK  BK  BK  BK        ①②③  ④


と先ほどと同じく□から■にポイントが動くと


                  ↓ ■ 

  BK  BK  BK  BK       ①②③ ④


ポイントの逆目側ばかりを埋めてしまい順目があいて↓の

部分を走られる。

このため、大体大戦では宮島君が「FW順目が薄い。」と

リクエストしていました。               


①②③の3人がそれぞれ「順目を2人埋め、逆目のサイドに1人だな」

と「判断」し、「俺は3人のうち1番順目に近いから順目のポイン

トから2人め」「俺は真ん中だからポイント順目側のすぐ横」

「俺は3人目だから逆目のすぐ横」だなと判断する。


                    ■←□ 

  BK  BK  BK  BK        ①②③  ④



と□から■にポイントが動くと


                    ■ 

  BK  BK  BK  BK ① ②  ③ ④


このように並ぶのがシーズンはじめ(JR西日本戦)から最後(大体大戦、

天理大戦)まで出来ていなかった。

この場面で自分がどういう役割をはたすべきか「判断」できなかった

あるいは、しなかった(あてずっぽ)。


DFがもう少しよければ、去年でも関西リーグではそこそこだったと思います。

オフシーズンFWがDFでの判断を上げるような練習が必要だと思います。



たとえばグラウンドにFWの選手たちがうつぶせに寝ます。

寝ている選手の後ろには1人ずつ人をつけ、後ろについた

人のうち何人かが足首をもってすぐはなします。

足首を持たれた選手は合図とともに立ち上がります。


味方の人数も相手の陣形も立ち上がってはじめてわかり

ます。立ち上がりながらどこに位置すべきか判断して、

立ち上がりながら自分が立つべき位置を指さします。


実際指さした場所に立ってみて相手が走りこむスペースが

ないかを確認します。


何人立ち上がるか、立ち上がった時に相手がどういう陣形

かは寝ている時点ではわかりません。立ち上がって状況を

つかみ瞬時に判断する

そういう練習をいやというほど繰り返して判断力をつける。


DFのいいチームはゲーム中走りながら判断(予測)して

いいプレーをします。

同志社の場合は立つのが早くなく、判断も?

あてずっぽうで動いているので、スペースがなかなか埋まら

ない。早いタイミングで動かない大体大でもスペースをつける

状態でした。


上の例でBKが問題だったシーンを見ます。

FWが順目を埋めない場合、DFで内側を破られることは、絶対

避けなければなりません。このため、BKが順目のサイドを埋め

ることがありました。


                    ■

      BK  BK  BK  BK  ①②③ ④


このようなDFの陣形です。

①②のFWの選手が順目を埋めてくれないので、内側をあける

わけにはいかないBKがポイント■のオープン側を埋めます。

このためBKのDFラインのポイントからの距離が短くなります。

オープン側の端が広く空いています。

ここを相手に狙われる。


この外側の広いスペースに走りこまれるのでBKは横に動いて

スベースをつぶしていかなければなりません。


                    ■
   ←BK ←BK ←BK ←BK  ①②③ ④


←のような動きですが、この動きが思い切りよくはないので、

外が止まらない。外のスペースを埋めららなければ相手が

大きくゲインしてしまうので、思い切りよく外にいけなければ

いけない場面ですが、「もし相手が縦をついてきたらどうしよ

う」とでも思っているのか、外側を埋めるのが遅い。


このため、外側でタックルできなくてゲインされる。

これを見て、「タックルが悪い!」と多くのファンが思う。

タックルがいいかどうかはわかりません、悪いのかもしれま

せん。

それよりももっと重要な問題はFWの立ち方、それにBKの

判断です。それができてタックルだけが問題なら、タックル

の特訓ですが、タックルの前の判断が良くないように思います。


このようにFW・BK双方いいDFが出来ないことが多かった。

特にボールの近くはDFにおいて重要です。

FWの判断を磨く練習がやはり必要だと思います。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/