高校ラグビー 準決勝

テーマ:

昨日の準決勝について


第一試合 常翔VS久我山

常翔はゆるまなかったですね。

かえって伏見戦の苦戦がいい薬になった感じでした。

久我山は看板のFWでも押されてしまっていては

なす術がありませんでした。


もう少しFWで対抗できないとBKには差があっただけに

厳しいですね。


前回の注目点でも書きましたが、久我山DFはラインの

外側に少し難があったので後半重君がFBに入った時

は狙われそうに思っていました。


常翔ももちろん、久我山の外のDFの弱さについては

見抜いているためか、いつもは前半SH、後半FBの重君

が前半FB、差がついた後半はSHと変えてきました。


久我山の外側のDFを崩したかったのだと思います。


常翔は相手FWに前に出られない時は、すばらしいDFを

します。相手FWに前に出られた場合には、若干ばたつく

ようなDFになります。


素晴らしいDF

 久我山戦

 佐賀工戦

ばたつくDF

 伏見工戦

 仰星戦(大阪決勝)


常翔は個人技が高く、選手のラグビーの理解・意識も

高そうなプレーが見られます。このため、FWが超強力の

イメージがありますが、全国トップではありません。


FW平均身長もあまり高くないですし。


意識とスキルで相手を封じ込められる場合には、素晴らしい

DFになりますが、相手を封じ込められないぐらいの全国トップ

から2~3チームぐらいになるとばたついてそれまでと打って

変わって結構な失点をしてしまう。


というような傾向があるように思います。

ばたつくDFであげた試合の失点はいいDFを誇るチームから

すると少し取られすぎであることからもわかります。


第二試合 御所実業VS茗溪学園

 前回のブログでも書いていましたが、

  茗溪のパス攻撃が御所実のDFラインをブレイクできるか

  がまず注目点でした。

  

  結果は崩れかけることはありましたが、サイドタックルなど

  ですばやくDFのほころびの芽をつんだ御所実業に軍配が

  あがりました。


 もう一つの注目点

  FWが御所実業のモール攻撃に対応できるぐらいの強さを

  見せるか?ですが、これもできなかった。


  こちらができなかったために茗溪の攻撃も単発になり、

  効果的にならなかった。やはりラグビーはFWの優劣が

  もっとも大きな要素になります。


  具体的に見ていきますと

   茗溪FWは1対1で負けていたので、いつもは立っておけ

   るところで寝てしまっていたりして、次の展開にかけつける

   のが遅れる。

   このためBKは味方援護の薄い、厳しい状態での攻撃を

   余儀なくされた。


   援護があれば、あたってきちんとダウンボールをする選択肢

   があるのですが、援護がない、あるいは薄いため、

   ①相手DFラインを突破する

   ②タックルされたら援護が来るまでまっておくために立っておく

   の2つしか選択肢がありません。


   しかもFWで優位に立つ御所実業はDFの人数でも優位に立ち

   ダブルタックルをしかけてくる。


   ②の「立っている」もなかなかできない状況

   ①のラインブレイクしかないという厳しい状況

 

   それがわかっているため、相手のDFに早くつめられるため

   BKでもミスが増える。


   そのことを指してかTV解説の元木氏が

   「茗溪が硬く、それだけ御所のプレッシャーがきつい」と

   言われていた。

   

  少し残念だったのは、レフリングです。

   反則気味のプレーは取らないのはわかるのですが、

   反則であっても目立たないものは流していたか、気づいて

   いなかったか。


   上にかいたとおり、茗溪はプレッシャーを受けながらです。

   それでもたまにいい攻撃をします。

   ラインDFで一人残っていたまま前に出るようなプレーで

   オフサイドを取っていませんでした。


   相手はプレッシャーをかける、それにぎりぎりで対応する

   

   ラインの攻防がこの試合のまさに醍醐味であったのに

   そのぎりぎりの攻防にからむ反則を見逃すとぎりぎりでは

   なく一方に形勢が傾きます。


   御所実業が抜かれかけたときにバックタックルをして、

   ボールキャリアーを支点にしてタックラーが立ち上がる

   プレーでターンオーバーをしたプレーもありました。


   確かに一連の流れで目立たなかったものではありましたが

   それをきちんと取っていると、さらに試合が面白くなった

   ものであったので、とても残念です。


   茗溪FWはとても調子よくいかないと相手を止められない

   また、茗溪の攻撃はスペースにパスを投げ込みそれに

   TB陣が走りこむものなので、御所があまりスペースを

   与えないだろうから、若干御所が優位と見ていましたので

  

   レフリングが変わっても勝敗は変わっていなかったと思います。

   もう少し拮抗して興味深い試合になっていたと思うのです。


御所実は相手FWが強い秋田工業戦ではモール攻撃に絞って攻撃

をしていました。

その前の桐蔭学園戦では結構、ラックから外に展開をしていました。


茗溪学園戦では、はじめモール攻撃をしかけますが、その後ラックから

の展開をします。観戦している以上に当事者はFW戦で余裕があったの

だと思います。

   

次回は決勝の注目点を夜?夜中?にでも少し書いてみたいと思います。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/