高校ラグビー 準々決勝

テーマ:

行ってきました花園

雑感です。


久我山 対 智翠館

 思った以上に差がつきましたね。

 FWで久我山が完全に主導権を握っていたので

 智翠館はあまりいいプレーができなかったように思いました。


 後半に入ると智翠館は相手のパワーに低さで対抗していました。


 その効果が出だしてボールをきちんと確保できるようになり、

 外側のWTBが何度か突破して流れをつかみましたが、


 時すでに遅し、久我山に追加点を入れられ敗北してしましました。

 前半もう少し早い時間帯でFWの低いプレーが出来れいれば

 もっと競った試合になったと思うだけに少し残念な試合でした。

 


東福岡 対 茗溪

 正直もっとも楽しみにしていたカード

 FW戦でもちこたえれば、茗溪の勝利もあると

 思っていました。

 

 試合前日の前回のブログも参考にご覧いただくと

 楽しみにしていたのがわかります。


 花園では苦戦した次の試合は結構まずい


 は今回もあてはまりました。


 前回のブログで考えていたとおり

 東福岡は茗溪のSH、SOにいい仕事をさせない。

 また、3回戦尾道戦と比較して、東福岡は気合い充分の

 立ち上がり。 

 東福岡は弱点であったラインアウトはショートラインアウトを

 使い、対応します。

 結果、FW戦で優位に立ち、連続トライで畳み掛けます。


 24-0となり勝負あったかに見えました。

 

 そこから、茗溪学園がじわじわ追いかけ、

 後半には、相手ボールを何度もターンオーバーするなど

 FW戦でも優位に立ちます。

 こうなると、茗溪伝統のランニングラグビー、フレアラグビー

 が花開き、ついに同点となりました。

 同点ながらトライ数で上回る茗溪が次の試合にそのまま

 行くかと思いきや。逆転のトライまで。

 

 後半の最後にはモールDFでも東福岡を押し返すなど

 FWの健闘が光りました。


 昨日の予想では、試合を通じてFW戦を東福岡が優位に

 進めるか、イーブン程度で試合が進むのかで勝敗が

 変わると思っていました。


 本日は前半東福岡優位、後半茗溪優位 と試合を通じた

 傾向ではなかったのは読みが外れました。


 常翔 対 伏工

  常翔 重君 伏工 松田君 は本当にすごいランニング

  スキルですね。

  

  双方の個人技を見せ合う派手な立ち上がり。

  試合が落ち着くにつれ、常翔の攻撃を伏見がしのぐ

  図式が多くなりました。

  しかし、伏見のDFは相手をうまく追い込むタッチラインを

  味方につけたいいもので、内側はほんとにかたく展開

  しても、きちんとスペースを埋めるので、なかなか常翔が

  トライできない。


  また、常翔が伏見の展開に対応してランプレーに対応した

  DFラインになると、FB松田君がキックをころがしてトライに

  なっていたのが目立ちました。


  キックもランも全てに対処したDFはできませんから。

  

  伏見のDFが堅く、キックを交えた攻撃が効果的で試合が競りました。

  

  常翔はいろんなことができるのですが、逆に”これ”

  という特化した戦法はないように思います。


  相撲では、自分の型(決まり手)を持つと強いといいますが、

  それがないような感じです。


  また、前回の佐賀工戦では、盤石のDFでしたが、

  今回は大阪決勝で見せたようにDF、特にFWが横に広がる

  動きが遅いシーンが何度か見られました。

  

  伏見工業が2つめに取った独走のトライは、内側の動きが

  遅いため、DFラインに並ぶ選手が少なく(=DFラインが短く)

  なり、そこにボールを運ばれ突破され、独走トライになった

  ものです。


  トライには至らずともばたついたシーンは何度かありました

  ここの修正は必要だと思います。


  今日は苦戦したので、次戦の勝率は低いはずですが、

  常翔はどうでしょう。


秋田工 対 御所実業

  Aシードで代表候補も多い秋田工業が優位かと思って

  観戦しました。

 

  試合立ち上がりはモールを中心に秋田工が優位でした。

  しかし、練習の7割をDFに費やす御所が追加点を許しません。


  御所実業がDFからじわじわペースをつかみます。

  立ち上がりは押されていたモールですが、

  小刻みな足の運び、低い姿勢、長い形

  のいいモールを組んで、試合開始直後は押せなかったモールを

  押せるようになると得点も増え、最終的には逆転しました。


伏見も御所もDFが良かった。このため伏見はAシードに1点差に肉迫

御所はAシードに逆転勝ちをしました。


以前、どこかの掲示板に同志社はなぜ競り合いに弱いのか?といった

疑問があったように思います。

DFが安定すれば、御所実業のような試合運びが出来ます。


DFが安定しないと、苦労してトライを取っても、ほっとしてすぐ取られ返す。

残り時間を気にして、焦って攻撃して敗戦となっていたように思います。


ただ、Jrチームは天理戦、体大戦でDFがすばらしくDFで競り合いに勝った

ためチーム全体がDFが悪かったわけではありません。

私は接戦に弱かった直接的な理由はAチームのDFが悪かったためだと思

っています。


攻防ともレベルアップして関西では接戦が出来ないぐらいのほうがいいの

でしょうが、フルタイムに着くコーチがどういう方か、身体づくりやスタミナ養成

はうまく行くのか、AチームのDFがどうなるのか?

が改善しないかぎり、いい1年生が増えても、あまり劇的な向上はないと

思っています。

(いい新入生は2~3年後の成績にはつながるでしょうが・・・)


DSNはこちら

http://d-support-network.net/