後悔

テーマ:

先日、読んだ本の中に、

後悔はやってするものなのか、

やらずに後悔するものなのか

というテーマがあった。


多くのお年の方に聞くと、

やって失敗して後悔する人は

少なく、やらなかった事を後悔

するそうだ。


曰く、若いときにもっと勉強して

おけば良かった。



同志社は立命戦が迫ってきています。


選手権のかかった試合ということで

何とか勝ってという雰囲気の書き込み

があちこちの掲示板なんかで見られます。


勝ちを意識すると、勝てそうならゆるみ

負けそうなら固くなる。


どちらもいい状態ではないと思います。


私は勝敗は二の次に思っています。

80分間、すべての場面でできること

をやっていく、その延長線上にしか

勝負はないと思います。


もちろん勝敗は軽くはありません。

勝敗にこだわって思い切ったプレーを

しなかったら、人生の終盤に


思い切ってやらなかったという

後悔をすると思います。

やってうまくいくかはわかりません。



勝敗にこだわらず、思い切って

低くどう猛にタックルしてください。


相手より低くあたっても、足を懸命に掻いてもだめなら

それは相手が強いのです。


懸命な姿を見せてくれれば。

会場のあちこちから Go Doshisha Go と聞こえてくると

思います。


会場で見ている部員のみなさんの応援は

少し少ないのでは?

とも思います。


Go Doshisha Go!キャンペーンのDSNはこちら

http://d-support-network.net/