体大戦

テーマ:

大阪体育大学戦


見てきました。勝ちましたね。

まぁ、良かった。


J-sportsで観戦の先週とくらべると、

元いけいけという方が書いておられるとおり


前に出ていましたね。

先週の最後の攻撃が前への推進力不足で

なかなかゲインできなかったためかと思います。


前へ出れた原因は接点で足を動かしていたため

でした。

摂南戦は見ていませんが、これまでの関西リー

グでは、あたっても無理しないのか、消耗をさけて

いるのか、ドライブしていませんでした。

それが今日は、どんどんドライブしていましたね。


於保君のドライブは見ていて気持ちがいいですね。


そこは非常に良かったところ。

体大は前半20分過ぎぐらいから運動量が落ち始めたが、

落ちかけたときに同志社がトライを与えて、息を吹きか

えらせてしまっていた。


そういう意味で、DFはいただけない。これまで2度書き

ましたがDFのチェック項目を繰り返します。


DF

(2次以降は動きながら)攻撃の人数に合わせて広がる

低くかまえる(22m内に入られたらグラスタッチ)

(ポイント近くを中心に)前にでる

横にスライドする

タックルの精度をあげる

タックルを外されそうになっても足首は必ずつかむ

あたったら足をかいて押し込む

   番外 自陣22mラインの内側でのDFや、22m内側に入られたら

       全力で下がってポジショニングをする。


今日はポイントの近くを突破されていたのが、目立ちました。

FWの守備範囲です。

ここが止まらないと次の立命戦は試合になりません。


今日は試合立ち上がりの体大の攻撃が、逆目かつブラインドサイドを

つくものが多く、同志社FWは決め打ちで順目をうめていたため、

逆目が数的不利で、ゲインされたり、トライを取られたりします。


これで、順目に動いていいのか?そのまま、残って逆目をおさえるのか

FWに迷いが出ていたようです。このため、その後は順目埋めるのが遅

れます。

途中、宮島君だったかと思いますが、「FW順目が少し薄い」と指摘して

いましたが、そのとおりでした。


上で書いている①が出来なかったのです。

他の人が他の掲示板にも書いていますが、②も残念ながら、できている

シーンのほうが少なかったですね。


③⑦は前半から後半はじめは出来ていませんでしたが、後半終わりには、

出来てきていましたね。頑張ったところでしょう。


⑥が問題になるようなところは、この試合では見受けられませんでした。

引き続き意識してもらえればと思います。


④はもう少し早めのスライド開始が必要ですね。

スライドする場面は、DFの人数が足りないので早めにスライドして、相手

が空いた内側を狙われて抜かれると最も悪いのですが、

内側のケアが一呼吸遅いため、スライドしても外側が届かないのが多い

です。何度も練習して感覚を養ってください。


番外は秋口から見ていて書き足したところです。

ここはピンチ!という時は中間走のスピードで戻っているとやられます。

そのメリハリが少ないために22mに入られると結構な確率で取られます。


22mに入られると変えるのは、全力で戻る、より低く構える。

ピンチで全力で戻る同志社OBは神戸製鋼の大橋選手でした。

大橋選手のようにピンチは全力で戻るようにしないとゴール前のしつこいDF

になりません。


DFは状況を確認せず、決め打ちで順目を埋めに行って、逆目があくのは

きびしいようですが、春先(秋ではない)のJR西日本戦と同じでした。


このままのDFでは、立命館にも天理にも勝てません。

次節まで時間がありません。

私が4年なら、Aスコッドだけでも3部練か4部練ぐらいして、徹底的に

DFを立て直します。


今日見ていても、立命のFWに前に出られるとかなり厄介です。

逆に前に出させないDFをして相手をストレスフルな状態に持ち込むのが

基本線だと思います。

そのためにもDFの立て直しは急務です。


来週に向けては、DF以外にキックでの陣地とりの練習が必要です。

立命は大きなFWをキックで前にだし敵陣で相手にプレッシャーをかけて

きます。

昨年の立命戦は同志社が正海君のすばらしいキックなどで有効に陣地

を稼いで相手を自陣に釘づけにして快勝しました。


今年は去年ほど立命のキック処理の陣形に穴がないです。

基本の戦術にしているだけに天理相手にも蹴り勝っていました。


ただ、対角線に蹴ると陣地が取れるシーンはそこそこありました。


今日も同志社は後半にキックのリターンから崩されてトライをされているので

蹴りあい以外にリターンもいろんな状況を確認する必要があります。


立命、天理に勝てないと選手権はないかもしれない状況です。

試合はもちろん、練習でも頑張ってください。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/