関学戦

テーマ:

ネットで見ると、みなさん「接点が」「1対1が」

とありますね。

関学のFWはシーズン後半はともかく現時点

では近大FWほど強くなかったです。


なぜか、前年優勝チームが第一試合の天理対近大でも

近大がFWで結構な差で押してましたし、

前節の天理対関学戦では、関学がFW優位でしたが

近大ほど優位ではなかったことを見ても


同志社対関学で同志社が接点、

特に接点での強さに問題であるとは思えませんでした。

(充分なほど圧倒していたとは言っていません。)


恐らく、前節のJ-sportsの解説 村上さんの

接点 1対1 が足りない旨のコメントが残って

いるのでしょう。



ファンクラブが企画してくださった宮本監督はじめ

首脳陣のみなさんとの会でも、押し込まれたせいで

負けたようなコメントはなかったと思います。


かえって試合たちあがりを中心にまっすぐあたらず

ずらして、接点は同志社がコントロールしていたと

思います。

強い接点というわけではないですが、うまい接点

ではあると思いますね。


上記の会で宮本監督がおっしゃった、相手に理詰め

でとられたのは、1本ぐらいであとの3本はタックルで

のミスとかで取られたもの


というのは、花園で一緒に観戦した人たちと現地で

同じことを言っていました。


3本のうち2本はタックルミスが「メイン」ではないと思

います。

鳥原君が抜かれた2本は鳥原君の前段階のDFライン

がともにスライドしていない。

このため、比較的広い範囲を鳥原君が守ることにな

り、相手の走るコースを限定したい鳥原君が、タッチ

ライン側をあけて、内側を抜かれないポジショニング

をした。

残念なのは、相手の走るコースを限定したのに、そこ

へのタックルに向かう一歩目が遅れたこと。

これは、今後の練習で感覚を養ってもらえると思って

います。


しかし、より修正しやすいのは、「比較的広い範囲」を

一人で守らないようにDFライン全体がうまく動くことで

す。


関学戦を見てなぜ、DFラインが動けないのか不思議

に思っていました。

前述のファンクラブの会で、「ボールの位置ばかりを

みて、相手の位置を見ていなかった。だから、

ボールが出た時点で、選手たちは『あっ!』と思った

はずです。」と宮本監督が試合の振り返りをされて

たことでわかりました。


関学戦のDFラインは前にも、横にも動きが少なく

正直、春の近大戦前DFで大量失点していた頃の

動きでした。

相手の位置どりとボールの位置と自軍のDFラインの

長さをきちんと確認して、

チーム全員が次の場面で前に行く、外が足りないので

前に行かず、スライドする。

意思統一できて、そのとおり動けば今の関学に取ら

れるのは理詰めの1本前後です。


もちろん、これからもタックルは練習しないといけないと

思いますが、即効性のある改善はDFライン全体の動き

でしょう。


関学戦は本当にDFラインの動きが少なかった。


ここを修正して、摂南の突破力のある外国人選手をと

めてもらいたいと思います。

外国人選手のように突破力のある選手は、相手タック

ラーをはじき飛ばすようなプレーをするので、それを

頭において、はじかれても足首だけでもつかむことを

心がけてタックルしてほしいと思います。


関学戦をまとめるとDFで与える必要のない失点を

相手に与えてしまった。このため、試合に負けた。

が一番思ったことです。


関西リーグ2戦目で林君がとても良かったですね。

相手を抜きに行って、抜けないまでもタックルされ

そうな時にずらす。ほとんどの場面で50cm、1m

は前に出る。いい動きでした。


ファンクラブの会でも宮本監督が林君のことを

「勝負に行く思い切りの良さ、スピードは天性のもの」

とほめておられました。


まだまだ伸びてくれると思います。

鳥原君の2トライも良かった。右足の具合が心配です。

宮島君はキックで少し気負ったのか、これまでのゴール

デンブーツぶりではなかったですね。


近大戦より良くなりましたが、まだ豊田自動織機戦ほど

美しいラックではないです。


新企画 今日の学生さん のあるDSNはこちら

http://d-support-network.net/