近大戦

テーマ:

花園から帰って、J-sportsを確認した。


現地で見るのとは、印象がかなり違う。


映像だと、ボールの周辺の各選手の動きはよく

わかるのだが、全体の陣形などはわからないことが

多いので、現地のほうがわかりやすい。


解説の村上さんは同志社のタックルの精度について

言っておられた。もちろんタックルの精度は上げて

いかなければなりません。


ただ、抜かれているときは、内側のプレイヤーが広がる

のが若干遅れている時ばかりで、並んでいるときに「や

ばそうやなぁ」と思ってみていると、「やっぱり」となって

しまう。(J-sportsではそこまでは映っていないことが

多い)


春のようにスペースをあけたまま埋められないのでは

ないが、若干遅れる時がある。

その数的に不利になったところを狙われて、タックルが

正面でできず、なんとか捕まえる、たまには外されるが

多くなる。


内側がもう一呼吸早く外に広がれば、不利な状況から

タックルに行く必要がない。


もちろんタックルのスキルはガンガン磨きながらも、数

的不利によって難しいタックルに行く機会自体を減らす

ことも重要だと思っています。



それとは別に後半のはじめの近大のトライはDFがいな

がらやられたもので、これはミスと言えると思います。

前回のブログでDFのポカと言ったのがこのようなトライ

のことです。(JR西日本戦の後半も同じようなものがあ

りました)


この試合でもう一つ9月以降にあった課題で残ってい

たのが、キック処理です。

近大の初めのトライは同志社キックをクイックスローから

カウンターの攻撃を倒しきれずに選手が重なった(1人に

2人行った)もの。


実は近大は外でも余っていて、同志社は数的にも

不利でした。

あのタックルはスピードがすばらしかったが、相手カウンタ

ー攻撃では、相手がボールを動かすにしたがって、

こちらのDFラインも横に動く。

これが機能していなかった(人数・位置取りとも)ことが原因

です。


ラインDFも含め、近大戦では同志社の横の動きが少し

足りなかった。練習してもらいたいと思います。

また、人数が足りない場面ではDFで前に出ると自滅

するため、後半の一部の時間帯を除き、こちらのDFが

そろっていてもあまり前に出られていなかった。


次戦の関学は早くてフラットなパスに大きなBKが走りこんで


きます。

きちんと広がって前に出ないと追いかけるようなタックルでは


近大戦の二の舞になりかねません。

この辺りは集中的に練習してほしいと思います。


攻撃では、近大のDFが早いのであわてたのか、

豊田自動織機戦と比べ、バタバタになっていました。


タックルエリアに駆けつけたはじめのプレーヤーが

きちんとボールの上をスクラムの姿勢を取って低く

入っていく。

織機戦ではできていました。

早く出したいがためにラックに雑に入っているため、

少しずらしてカウンターラックに入られそうになるので

2人目、3人目とラックに入り、次の局面でのフォロー

が少なくなるシーンが目立ちました。


近大戦では、こちらのアタックが広がり、相手のDFも

広がるので、相対的に近場のDFが薄く(粗く)なります。

このため近場で縦に出られればなぁと思っていました

が、解説の村上さんも同じことを言っていました。


そのためには織機戦のような”美しいラック”で攻撃の

ラックに人数をかけない を お願いします。


他に同志社で考えられる攻撃は

外側で突破を図った際にラックになっていたのを、な

んとか我慢して立ってつなげると、いいのですが、

相手も早く、ボールを失うリスクを考えて、

選手たちはラックにしていました。

ラックにするとその間に相手DFが揃うので、

停滞し、サイドで出られない同志社は決め手を欠く

ことになっていました。


あと、ブレイクダウンのことが言われていましたが、

タックルポイント周辺で同志社が足を掻かないの

が気になりました。

あまり、そればかりやるとスタミナの消耗がありそ

うですが、足を掻くのが少ないと相手にプレッシャー

をかけることは出来ないと思います。


フィールドでのキックは近大、同志社とも風下で

風の影響をうけやすい、高いキックをあげて距離、精度

が今一つであったのが気になりました。


風下では、「風の影響を受けにくい低い弾道のキックを

しっかりと蹴る」が基本です。


あと、同志社で気になるのは、SHからのキックの際、

「横」に足をまわすキックしかせず相手がチャージできない。

「後」ろからのキックがないのは気になります。

後ろからのキックはサッカーのバイシクルシュートで体が回り

きれず斜め前に浮いていってしまうような感じのものです。

今の同志社は「横にうかしたボールをボレーシュート」です。


蛇足ですが、レフリーが試合を通じてキックの10m規制を

取らなかったのは気になりました。

さらに横道にそれますが、レフリーは名前から、天理→クボタの

立川兄弟のお兄さんでしょうかね。



良かったところです。

9月のJR西日本戦や豊田自動織機戦では

スクラムを押しながら、相手にゲインされるシーンが

目立ちましたが、スクラムは押されながらでも、いい

DFをしていました。これも良かったですね。


また、豊田自動織機戦では、ラインアウトの際、FWと

BKの間を守る意識が薄く、そこを抜かれていましたが、

機能の試合では、間をFW、BK全体でつなぐような素晴

らしい動きが出ていました。これは良かったですね。


あと、前半の後半にペナルティーキックをもらった時に

狙っていればなぁと思います。

確か二回はあったので、どちらかが入っていれば、

ラストの怒涛の攻めで近大がゴール前で反則した時点

でこちらの勝ちが決まっていたのに。

キッカーも「素晴らしい」宮島君ですからね。

まぁ、蹴りすぎるとチームの勢いがなくなるので、仕方

ないですね。


接戦になるとPGが効きます。


負けたので、課題が多くなってしまいました。

次の関学戦ももちろん応援させてもらいます。



DSNはこちら

http://d-support-network.net/