コルツから


同志社が押し込み、ミスなどから天理の逆襲


というのが、試合の基本的な構図でした。

ボールポゼッションは圧倒的に同志社でした。


そういう意味では、Aの9月の2試合(JR西日本・豊田自動織機)

と似ていると思います。

Aの2試合ともボールを取って、動かして、きれいにラックを取って、

継続して、相手DFに穴を空けて、そこをつければ得点。つけなけれ

ば、こちらがミス

同志社が主導権を握りながらも、得点できる確率が若干低い


これもAと共通ですが、後半の結構早い時間帯に相手プレーヤーが

足をつらせている。


どうも、同志社がポゼッションを続け、少人数でボールを出し続ける

ため、相手にすればとてもきついようです。


苦手も似ているようで、コルツはキック処理でFWが下がらずにいたので

そこは、同志社は意識して練習してほしいところ。


また、豊田自動織機戦と同様だったところは、相手ボールラインアウトの

際、FWとBKの間を狙われる攻撃に弱かったことです。

ラインアウトで広いスペースがあるだけに誰がスペースを埋めるか確認

して、素早く埋められるようにする必要があると思います。


いいDFをしていました。すばやくスペースをうめていました。

ここにきて、かなりDFは伸びてきましたね。

関西一早い関学にはまだ及ばずですが。


DFで少し気になったのはかなり前に出られるようになってきたのですが、

反面、出るときにバラバラで出てしまいギャップを作り気味なシーンが

散見されました。


隣のプレーヤーより1mも前に行ったらいいDFにはなりません。

また、前に出て気持ちも前に出たからか、飛び込んで行くようなタックル

があったのは改善点だと思います。

飛び込んで外されると、ギャップはできるわ、飛び込んでいるために

そのプレーヤーが起き上がって戻ってくるまでの結構な間、数的不利

で守る必要があります。


前にでて相手に圧力をかけても、我慢して飛び込まない。


点数だけを見ると40点と取られていますが、トライを取られても端ばかり

天理のプレースキッカーが端からバンバン入れてきたため、点差が開いて

行きました。

やはり、プレースキッカーは大事です。


柴田君がよく目に入ってきましたね。

運動量が多かったのでしょう。


吉澤君が良かった。天理ファンからも「また、あの13番や!あいつ全然

倒れよらん!」と言われていてほんとに目立っていました。


津野森君、木村君もいい動きでした。



Jr戦です。

相手CTBにはモモセ・トンガがいました。

天理の場合AでFLとCTBの一人ずつ外国人選手がいます。

もう一人いる一年生外国人選手は、こちらに出場します。


どうなることやらと思ってみていると、

同志社はしつこく、しつこくDFに行って相手のミスを誘います。

取ったボールをこの試合は徹底して、キックで陣取りをします。


こうなると渡邉君は魅せてくれますねぇ。

また、春の明治戦で見事なキックパスを披露してくれたFB前田

君もキックは出色


はじめは天理はWTBがはじめから上がっていて、キック処理に

下がっているのはFB一人で広いスペースを空けていました。

同志社は対角線にキックをければ、効果的に陣地を取れていま

した。

途中から天理FBがオープン側に位置取るようになりましたが、

そんなことはおかまいなしに、対角線に蹴りこんでゆうゆう陣地

を取っていました。


2人のキックスキルの高さはすごいですね。


ただ、キックして陣地的には前に出ますが、相手ボールですので

敵陣でマイボールというシーンはテリトリーで勝っているわりには

あまり多くない。

しかも天理のDFも鍛えられています。


同志社はやはり天理CTBモモセをなかなか止められず、タックルを

外されて、また弾き飛ばされてゲインされます。

それでも、DFラインを下げられながらもいいDFをします。

少しでも相手が手間取ると素早くかえっている同志社DFが

積極的に前に出てDF成功、

というシーンが目立ちました。


相手が手間取らなければ、天理がゲイン。

手間取れば同志社がDF


素早く効果的に攻撃できなければ、ゲインできない

とてもレベルの高い見ごたえのある攻防でした。


トライ数が両チームあわせて5本なのでお互い厳しいDFの

見ごたえのあるいい試合でした。


今年の同志社で最も 下げられながらいいDFをした試合でした。

Aチームよりも良かったですね。

(Aチームは日曜に負けじといいDFを見せてください)


プレースキックも前田君が端からバンバン決め、

コルツ戦と逆の展開。

結果的にキックの成功率が高いチームが2試合とも勝っていました。


ブレイクダウンでは、同志社が勝っていましたね。

天理もボールは保持できるのですが、ブレイクダウンで後手をふんで

いるため、ラックで人数がかかります。

後半には、天理が連続でラックを取ると、だんだん天理が少なくなって

いました。

後半のDFは安心してみていられました。


CTBモモセも一人が飛ばされても、次の一人が早くタックルに行き、

後半は比較的おとなしくなっていました。


勝てるかなと思った時間帯で、飛び出しすぎたDFをしてしまいそこを

つかれてトライされてしまいます。


そこからはDF、DF、DF。

ねばり強くDFしてついに勝利します。


ジュニアの天理戦の勝利は何年ぶりでしょう。

ここ3年はなかったと思います。


選手たちも客席にあいさつに来てくれた時の

表情がとてもうれしそうでした。

藤巻君が「どうだ!」と言わんばかりの表情を

していたのが印象的でした。

いい試合をしてのドヤ顔は大歓迎です。


少し離されていた天理との差が縮まったのが

感じられた試合でした。


試合を見ていてよかったのは

金本君ですね。

Aでずっと出ていただけに、きちんとしたいいプレーを

します。

相手BK2人を金本君1人がDFする場面で

相手BKにスピードでついていき、相手がパスをするまで

待って外側の選手にタックルに入り、止めたものです。

判断がすばらしかった。

Aチームの3列のポジション争いは熾烈ですね。


秋山君もいい動きをしていましたね。


BKの選手はキックが多かったのでキック以外で

目立つ場面が少なく若干残念でした。


少し気になったのは対モモセです。

タックルを弾き飛ばされても足首だけは放さないように

プレーすると、もっとDFが安定すると思います。

チーム全体でもう一度意識づけをするほうがいいと思います。


いい選手と試合できて、いい経験になりましたね。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/