今日の田辺

テーマ:

久しぶりに練習を見てきました。


田渕君がいい動きを見せていましたね。

攻撃のいい選手だとは思っていましたが、DFでも空きかけたスペースを

埋めきちんとタックルして押し込んでいました。


宮本監督も田渕君がいいプレーをしてほめていました。

伸び盛りなのかもしれません。


タックル練習をしていました。


秋山君がしていたタックルは、低くのお手本でした。

タックルに入る際に、スクワットの最後みたいに腰以下が沈み込んで

そこから低く相手にタックルに入る。


良かったですね。


低く入れと言われて、腰やひざが低い状態をイメージできない

選手がいて、それに宮本監督が注意していたのですが、

イメージできないまま低く入ろうとして、頭だけ下げて入って

しまう選手がいてました。


タックルに入る前に腰を落とす

ひざが地面にすれすれになる


このような感覚を覚えるまで何度か練習が必要です。

注意されていた選手は、私から見ても期待される選手で

あるだけにタックルを磨いてほしいと思います。

タックルが良くなるとさらにいい選手になります。


相手の身体の弱いところにタックルに入るよう

宮本監督から指示が出ていました。


アタックアンドディフェンスでは、ギャップがあるのに

そこを突かずにあたっていくようなプレーがBチームに

少し目立ちました。

特に外にスペース味方のプレーヤーともがある状態で

わざわざ中に切れ込んで当たってチャンスを消してし

まっていたプレーが何度かありました。


疲れてくると精度が悪くなると練習中盤以降にAチーム、

Bチームとも宮本監督から注意がされていました。


アタックは相手の間に入ってつなぐことを想定した

ような練習が少しありました。


CDチームははじめランパスをしていましたが、

パスはうまくなっていますね。

パンパスの時下手なチームはキャッチでペチペチ

音がするのですが、CDチームでもシュッというボールが

こすれるような音がしてすばやくパッパッと外にまわって

いました。たまにミスもありましたが全体的にパスが良く

なっています。


CDチームはパスはうまくなっていたのですがアタック

アンドディフェンスでプレーの合間に歩く選手がいて

少し残念な練習でした。


練習を見ていた酒井コーチも歩いていることに関して

は繰り返し注意していましたね。


上にあがる選手は歩かない選手から選ばれると思い

ます。