競争について

テーマ:

この春シーズンの同志社で初めて

いいDFを見せてくれたのは天理戦

の2試合目の後半でした。


その週は関東で立教戦があり、Bチ

ームが遠征。天理戦2試合目の前半

がCチームで後半がDチームだと思い

ます。


その試合は前半に多くの失点をし、試

合の流れは一方的になっていました。

後半でてきたDチームはいいDFを続け、

次第に攻撃でもペースをつかみ、あと

一歩で得点できるところまで行きました

が、天理のDFも流石で得点できず、最

終的には若干追加得点をされて試合が

終了します。


ポイント近くのFWの選手がDFが多い

ときには前に出て少ないときには、あま

り出ず(状況によりますが、一歩も出な

いといただけません)横に移動してスペ

ースを埋め、次のポイントでは、あきそ

うなスペースを埋めるべく走っていって

なかなか攻撃できる”穴”を作らなかっ

た。


いいDFでした。

セットが安定し、DFが機能すると少な

くとも競った試合になります。


Dチームには多くの1年生がいて1年生

中心のチームと言っていいと思います。


1年生中心でなぜそれをできたか?とい

うことを考えています。


聞くところによると、1年生は人数が多い

ため、かなりライバル心が強く競争が激

しいのだそうです。


練習でやったDFを試合でしない=Dチー

ムにも出してもらえない。

競争が激しいからチームのDFでの約束

事をきちんと守ろうとする。


どうも、そういったことが理由で、いい

DFにつながったのだと思います。


次はAチームです。
Aチームは経験のある選手も多く、これも

徐々にですが、DFが良くなってきて、最後

はまずまずになってきました。

「この時期の」関学の攻撃であれば、モー

ルを起点としなければ得点させない。


しかし、DFを見ていると関学のほうが、

早く立ち上がってDFに動きだす一歩目が

早い。

低くタックルにいくし、同志社のDFより

少し上に感じました。


関学の攻撃はセットプレーも不安定で

ライン攻撃もあまりするどくなかったの

で、前述のモール起点の攻撃のみでし

た。


攻撃

 同志社>>関学

防御

 関学>>>同志社

という感じです。


同志社が攻撃していて、関学が守ると

きは結構レベルの高い試合でした。

選手権2回戦クラスのチームどうしの

戦いぐらいの感じがしました。


同志社のDFは順目を埋めに行くのは

早くなっています。

3度ほど同じ方向に攻撃されると反対側

のサイドラインに近くなります。


その時、順目をうめる意識が強いため、

順目(端にきてすなわちブラインドサイド

になっている)に人数が行き過ぎてオー

プンサイドのDFの人数が足りなくなるこ

とがままあります。


人数が足りないと前に出られない(足り

ないのに前に出ると外側のギャップを

埋める選手がおらず、相手は余裕をも

ってトライする)ため、DFで相手に圧力

をかけられない。

その攻撃を止めて、人数的にまずまず

のDFができる時でも、

人数が足りなかったDFで前に出る意識

が飛んでしまっているような場面がありま

す。


そういうまずい状況になるとタックルも

高く懐のうちに呼び込む(引き込む)よう

なタックルになってしまいます。そこで数

十cmでも前に出られると次は相手有利、

味方不利となってしまいます。


タックルはまだ全体的にまだ高いです。


関学はそういったところがあまりありま

せん。連続で早い攻撃をするとポイント

の近くを若干あけることがありますが、

少し時間があると埋めて、前に低くする

どくでてきます。


敵ながらいいDFでした、シーズン後半

の慶応のDFを見るようでした。


DFの力は天理に対するスコアにもあら

われています。

同志社は大量失点。関学は失点が少な

い。


なお、天理は去年を見ても春は体大と

競ったり、あまりいい成績ではありませ

んでした。本当に「練習」試合と考えて

いるのでしょう。

関学戦では外国人選手が1人、同志社

は2人若干本気度が違いましたが、同

志社の前半取られたトライを見ると、

関学レベルのDFなら取られないものが

多かった。彼より我に原因があるもの

と感じました。

関学はDFのいいチームなので、DFライ

ンを破るのではなく、ゴール前に行って

関学のDFラインを下げるほうがいいと

思います。

スクラムやモールなどでのトライはDF

ラインは残っていても押し込んでイン

ゴールまで下げます。

これが一番効果的に思います。

こういうプレーで一つでも二つでも取れ

ると関学のDFに迷い(BKのプレーヤー

が近場のDFに入ったり)が生じ、DFライ

ンに穴があきます。

ないとなかなかあきません。


関学はセットプレーが良くなかった。

ただ、ここ数年の関学は春には良くなか

ったスクラムは秋には結構強くなっている

ことが多くこの面では同志社のアドバンテ

ージを関西リーグでもそのままできるとは

思わないほうがいいのでは。


ラインアウトは関学はそこそこなので、

そこを狙うのかなと思います。


話が関学対策にそれました。


AチームのDFは、やっとスタートラインか

なと思わせる状況です。これからDFが良

くなり自信をつけられれば最終的に天理

と勝敗を争うだけのレベルになれると考

えています。


そのためにもチームの決め事をきちんと

やりきる。試合中ふっと抜けるとか、ピン

チで意識から飛ぶなんかをしていると、

天理は遠い存在のままです。


夏合宿以降決め事をきちんとやりきって

もらいたいと思います。


D、Aと書きました。

B、Cチームはセットを安定させる。チーム

の決め事を必ずやりきることを頑張ってく

れれば、上向いてくると思います。

Bが強くないとAも競争意識が弱くチーム

のレベルアップになりません。

Bの選手もチームの成績が悪いといいと

ころをアピールしづらくなかなかAにあが

れません。


Cは関学戦でいいDFをしたようですね。

これからも頑張ってください。


チームの決め事をきちんとやりきるという

ことで、以前田辺グラウンドで岡先生から

うかがったことを思い出しました。


以前といっても土のグラウンド時代で、練

習の時に「グラウンド○周」と走りこみをし

ていた時、コーナーを少し内側に入り込

んで走る選手(四角のラグビーグラウンド

なのでインゴール部分の端を少し丸くグラ

ウンド内に入って走る)が目立った時、「あ

あやって内側に入るでしょ。そういう選手が

多いチームはなかなか強くなりません。そ

ういうのをチームのディシプリンというので

す。ディシプリンは大事です。」と教えてい

ただきました。


これから今シーズンも夏合宿の練習試合、

秋の試合、選手権と数えるほどしか試合は

ありません。

練習してきたことをディシプリンの高いチー

ムとして出せれば強くなりますし、出せなけ

れば、天理どころか残念な年代になります。


頑張ってください。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/