明治戦

テーマ:

立ち上がりは、明治の圧力に若干戸惑っているようでしたが

次第に慣れていってるようでした。


スクラムも押されてはいますが、心配したほどではありませんでした。

こちらの一列は、低く組む意識(JR西日本戦で上野君について書いたこと)

があるように思います。

2列目、特にLOが低く構えてると、それから組むスクラムはなかなかでした。

相手ボールで2列目がエンゲージ前に低く構えていると五分(少し欲目かな)

であったように思います。


ラインアウトは前半の終盤を中心に相手ボールをどんどん奪取。

金本君も素晴らしい働きでした。


さて、試合は立ち上がりレフリーがかなりみえみえのオフザゲートで明治が

同志社ボールをターンオーバーしたものを見逃したので、明治はレフリーを

ポイントでの反則をあまり取らない方だと判断したようで、どんどん同志社

ボールに圧力をかけます。

その後、取らなくてもという程度のオーバーザトップを取られてからは、

ほとんど圧力をかけません。

FWも走らず、バテてきたのかな?と思うできでした。


同志社は2本とられてから、意地のサイド攻撃を押し込みはじめのトライ。

押されていたので、押し込んでのトライは大きかった。

続けて、同志社が取ります。


渡辺君が抜け、前に出てつなぎます。

西林君がどんどん押し込んで相手を集めます。

同志社のフォローも良く、タイミング良くボール出し。

ボールが出た時には、明治は下がりきれず、

DFライン全体がほぼオフサイドの位置。


それでも明治は素早く戻り、ポイント近場のDFラインを敷いていました。

ただ、外側が空いており、前田君がキックパス。(渡辺くんではないです。)

こちらのラインも数が足りていなかったので、素晴らしい判断でした。


3本目はポイント近場の狭いギャップに走りこんだ選手にタイミングよくパス

ゴールライン目前まで迫るも、とめられ早い球出しで展開。

金本君がタックルをうけながら、頑張ってパス。(このパスが効果的だった)

トライになりました。


金本君もそうですが、立ってがまんしてボールをつないでいるとラックより

展開が速いため、結構取れます。


慶應戦では、どうやってトライを取るのかが見えませんでしたが、明治戦

では、その片鱗が見えました。


ちなみに金本君はJR西日本戦ではスクラムの際、スクラム越しに相手の

ボール出しを見ていましたが、明治戦ではスクラムの中、足元でボールを

見ていたのでそれも良かったです。


前半はスクラムで耐え、ラインアウトで相手ボール奪取。

セットが安定すると試合が出来てきます。


後半明治は、相当吉田監督の激が飛んだよう(吉田監督の表情は相当厳

しかったのだそうです。)で、明治はトライを重ねても、トライ後に円陣を組

んでいました。


前半はレフリングを気にして動けなくなったように見えましたが、後半は激

の効果か、またどんどんトライが取れる試合展開なのか、フィットネスは

落ちませんでした。


ちなみに、後半足が止まるなんてことをよくいいますが、フィットネス不足

なのかどうかは試合展開も重要な要素ですのですぐには判断できません。

毎試合後半になると動けなくなり、ひざに手をつく選手も多いのなら、即

フィットネス不足と判断しても良いとは思います。

同志社はどちらでしょうかね。


ところで後半は気合の入った明治は簡単にはあきらめません。

同志社は明治のスピードある選手を何とかつかみます。これは他のサイトで

手でタックルと表現されているところやCTB不足と表現されているところだと

思います。

私はDFラインが昨年ほどはスライドできていないからだと思います。

(それでも少しずつスライドできるようになってきました)

CTB不足とは出ている選手に大変失礼な話です。


横道にそれました。

スピードある明治選手やFWの突破力のある選手がなかなか倒れません。

しかし、時間がかかっているので、まわりに同志社の選手がいます。

そのうちはじめのタックラーがまわりの同志社選手にまかしたほうが良い

と考えたのか、はずされます。

まわりの同志社は、突破力のある選手なのでダブルタックルに行きます。

これで3人人数がかかります。


3人がかりでも相手が前に出て、勢いがついてからなので、いいタイミングで

ボールを出されます。DFに穴が開いている状態なので、自由にゲインされます。


去年、トラストDFのはじめのほうでなっていた状況と同じです。

止められないなら仕方がないですが、少し淡白に放しすぎです。

去年の伊那の慶應戦もタックルに行って相手がとまりかけたときに

手を放して人数がかかって失点になっていたのと同じ状況です。


明治に縦にゲインされるので、次第に意識がDFの際カバーしなければ

となります。

同志社FWが広がらなくなり、ポイントの近くが空く状況になります。

そこへ明治がどんどん走りこむ。


①タックルはしがみつく(やっている選手もいます)

②ジャージをつかんだら何がなんでも放さない。

③ポイントに寄り過ぎずきちんと広がる


この3つをやれば、後半の失点のほとんどが防げます。

(=明治に同じパターンでやられていました。)

もちろんセットの安定が条件ですが


あと、一つ気になったのは、DFの人数が相手と同じでは

ないことです。

逆目に残っている選手が多く、慶應戦と同じ状況に

なりました。

これなら、きめ打ちで順目のスペースをうめにいっていた

JR西日本戦のほうがまだましです。


左右を比べてみます。

■はラックで両チームとも■の中に3人が入っているとします。

攻撃は明治です。

数字は■(ラック)からタッチラインまでの人数です。

同志社はキック処理(最終防御)でFBを1人さげています。


<状況1>

0■12 明治

4■7  同志社

 1  


おおげさにいうとこんな状況です。

12人いる明治がムーブしてくるかもしれません

ので、ブラインドサイドは0というわけには行きませんが

<状況2>

0■12 明治

2■9  同志社       

 1

<状況2>としたいところ。

こうしてオープンの3人足りないところはDFラインが

スライドして止めていきます。

もちろんブラインドの2名はすばやく次の展開でDFが出来る

ように動きます。

同志社の現状は<状況2>になかなかならないし、なっても遅い。

いいDFはボールが動いている間に予想をしてラックが出来た時点で

状況2になっている。

帝京なんかのDFはそれに近いです。


自分がどこに立つべきか、動き始めるのは遅くないか?

をチームでじっくり検証(話し合い)をしてみたほうが良いと思います。

動きながら判断していけないとやはり遅れます。


やらなくてもかまいませんが、そうすると早い展開を身上とする

チームにはなかなか勝てません。


チームとして良くなったと思った点

スクラムからのDFのブレイクは今シーズンすべての試合でいいです。

明治戦からDFでタックルした後足を掻いて押し込むプレーが増えました。

素晴らしいですね。


きついことも書きましたが、これからも、チームが良くなったところを確認しに

、応援に行かせてもらいます。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/