JR西日本戦

テーマ:

スクラム

 はじめは1番の前あたりを狙って押していたように

 見えました。

 立ち上がりから斜めに押すので、徐々に対応され

 スクラムで不利をうけだす。

 だんだん悪くなることは皆が感じるので、消極的

 だとかスタミナ不足だとか言われる。


 問題の根は、まっすぐ組むと結構押される点です。

 

 かといってまともに組むと、それ以上に押される。

 すぐには強くならないなぁと思ってみています。


DF

 前の試合より、早く位置取りできてはいました。

 ただ、残念だったのは決め打ちで順目のスペース

 を埋めに行っていた選手もいたため、順目はうまる

 けど、逆目が空くことがあった。

 このため、JR西日本が逆を突くと結構効果的にゲ

 インが出来た。

 動きながら左右の人数を判断していいDFに心がけ

 てください。

 Bチームは早く埋めますね。


タックル

 前に出られるときには前に出ていたところは良かっ

 たと思います。

 ①前に出る

 ②タックルを外されないようにスピードを緩める

 ③外されないような距離になれば再び前に出て

  相手にプレッシャーを与える

 ④当たって足を掻く

 

 ①は時々できていました。

 ③、④はあまりできていません。

 連続攻撃されると①も出来なくなり、待ってDFです。


 恐らく次の試合では前に出ることに気をつけてくれる

 と思いますが、今までの経験ではタックルが出来ると

 左右に並ぶ前の前の試合での課題が出来なくなった

 りするので、その点も心がけて欲しいですね。


良かったところ

 選手同士でのアドバイスが増えていた。

 上野君が試合前に1対1でスクラムを組んでいたが

 出来るだけ低くなろうとしていた。

 林君は抜けるだけでなく、ボールを放すタイミングもばっちりだった

 富田君はスペースが良く見えていてきちんと走りこみます

 渡辺君はスペースがあくと勝負してくれるので気持ちがいいですね。

徳平君がいいタックルをしていましたね。

 横幕君も目立っていました。


 後半のチームのゲインは出来るだけラックにせずに、

 縦に相手のDFを押し込んでいました。

 もう少し速さや強さがあれば完全にDFを敗れたので

 いま一歩でした。

 

 どうも今の同志社はたってつなぐというよりも、自分から

 倒れてラックにしてペースダウンをしないように意識して

 いるように思います。

 倒されたらラックにするのは仕方ないという感じです。

 無理気味でも立っておくというほど、きめ打ちでプレー

 しているようには見えませんでした。



昨年末帝京とまずまずの戦いをして、同志社が緩んでいるのでは?

と思いましたが、慶應戦で危機感を持ったのか、互いのプレーにつ

いて指摘しあうようになってきました。

ただし、少し危機感が強すぎるようで、結果が出ないとストレスフル

にプレーしているように感じます。

もちろん結果は大事ですが、結果を得るには、いい過程が必要で

瞬間瞬間にベストのプレーをしていく、それでよい結果が出なけれ

ば相手が良かったと考え、自分のできるいいプレーに集中して欲

しいと思います。


宮本監督も良いプレーをして、それでもやられるのは相手が良い

からだということを去年どこかで言っておられました。


内容を気にして、結果を気にせず、頑張ってください。



DSNはこちら

http://d-support-network.net/