慶應定期戦

テーマ:

結果はみなさんご存知のとおり残念ながら

ダブルスコアで敗戦となりました。


試合前の練習を見ていると”強い”とは感じ

ませんでした。

体格は体大BやCのほうが大きいし、

トイメンがいなくてもミスしていたし。


ただ、パスは高さ強さは一定で、そこは

うまいなぁと思いました。


従来から慶應はスクラム、ラインアウト、

タックルを中心としたDFとキック(パント)

を使った攻撃が良いチームです。

それにパスが加わるが、それほど力強さ

はなく、その他のスキルは・・・


というような感じを持って試合開始を待ちました。

その他のスキルは・・・

というところはハイボールのキャッチでお見合い

をするところなんかには出ていました。


対する同志社ですが、スクラムが・・・

ラインアウトもノットストレートに厳しいレフリー

だったこともありますが、良いとまでは言えない

状態。


それでも、前半は早く広がるDFが機能し、

相手に得点を許しませんでした。


この時点ではなかなか良いDFだと思ってみていました。

しかし、DFラインをしく(あるいは動きながらギャップを埋める)

のが少し遅れ気味になりそうなところはありましたが、慶應の

ミスにも助けられていました。

前半終了間際にも、遅れ気味でDFし、このときは慶應も集中

してつなぎトライをされます。

やはり、同志社のDFは、意識はしているようですが、それでも

少し遅い。

もう少し、ポイントに入るか、順目を埋めに行くかの判断を早く

的確にする必要があると思います。


後半になると、同志社の攻撃に慣れた慶應がDFでミスをしなく

なります。

同志社はスクラムで劣勢で攻撃も抜けない。

マイボールをターンオーバーされることも増えました。

しかし、キックで陣地を取って、前に出てということも積極的には

やらず、むしろ自陣で展開するのは積極的でした。


結局自陣で試合を進め、スクラムは劣勢、攻撃は抜けず、ラック

でもターンオーバーを何度かされ、慶應に得点を重ねられました。


同志社の攻撃では、あまり後ろから走りこむ選手もおらず、

継続する練習だけはした。という状態ではないかと推測を

した。(実際はどうだか知りませんのであくまで推測です。)


スクラムはPRに転向してきた選手がいるなど、チーム全体

としてこれからです。


ABCと三試合見て、

Cのはじめなど、去年までならラックにしていたところで、

立ってつないでいた。

Aの試合では倒れずに立っているように試合中指示を

出していたこと

から、今年の春は立ってつないでいくことをテーマに

戦っているのかも知れません。

それなら、後ろから走りこまないのもわかります。

立って、つないでつないで相手のDFにほころびを

作っていく。揃っている相手DFを切り裂いていくような

ことより、つないでほころばせる。


これも推測です。

立ってつなぐプレーの生みの苦しみであって欲しいと

思っております。


どれぐらいで目処が立つのでしょうか?

慶應より明治や早稲田のほうが強いとは思うので、

この試合展開だと春は楽しく観戦とは行かないの

でしょうかね。

天理も明治に勝ったようですしね・・・


慶應戦に快勝、早稲田戦は友人達と連れ立って

観戦と行きたかったのですが、普段熱心に見てい

ない友人を誘うのは気がひけますねぇ。


ぼちぼち応援していきます。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/