大阪体育大学戦

テーマ:

<C戦>

SOに注目の渡辺君が登場しました。

別の掲示板にダン・カーターなどとかかれているので

勝手にランプレー中心の選手だと思っていました。


見てみて、パスは速いし、ランプレーでも見せた。

相手の選手とハイボールを競り合う激しいプレーも

あり、とてもいい選手でした。


あくまで個人的な見解ですが、橋野選手のはじめよりは

上の印象をもちました。

ケガ無く伸びてくれれば、4年次にはとてもいい選手に

なっていると思います。


さてC戦ですが、大阪体育大学はとても大型です。

その大型のFWにスクラムではじめに押されます。

同志社が対応してはじめより低く、下から突き上げる

ように組んで、対抗できていました。

ただ、1対1では大きな体大FWには勝てていないようで

相手のミスなどで相手ゴール前までは攻め込むも

なかなか取り切れない展開でした。


それでも、なんとか取ってリードして前半を終えます。

渡辺君がFBの位置に入るなどメンバーチェンジのあった

後半は、体大が前半の修正をしてきました。


前半体大は、大きなFWがボールを持ってポイント近場を

突いてきていました。それに対して同志社はそこを中心に

守っていました。

逆に言うと近場を守って広がれていなかったので、前半

何度か展開されたときには、数的には不利な状況が散見

されましたが体大のミスに助けられました。


このため、後半は体大が積極的に展開します。

前半と同じように守る同志社FW近場に残り、広がってい

ないため、数的に不利な状況で守っていました。


ギャップを体大BKに突かれ、失点しはじめます。

それと呼応するかのようにスクラムを回されたりして

プレッシャーを受けだしました。


体大のラインアウトはノットストレートが何度もありましたが、

Cのレフリーはノットストレートに甘く、ほとんど取っていません

でしたので、体大はセットが安定し、ライン攻撃も同志社DF

が機能していなかったところを突き、後半着々と得点を重ね

ました。


Cのメンバーは、内側の守り方や数的不利な状況の守り方

を練習してもらったほうがいいと思います。

昨年からチームにいる選手は、昨年春先にやったDFの練習

をもう一度思い出して欲しいと思います。

DFで「スライド」してください。


嶋田君がいい走りをみせていましたね。

柴田君がいいタックルを見せていましたね。


<B戦>

こちらは、Cと違いDFでポイントに寄る事なくきちんと広がっていました。

スクラムではやはりプレッシャーを受けていましたが

広がっている分DFに安定感がありました。

体大のトライはモールでの1本と攻めこんでしつこくFWで押しやっと取った

もの。

いいDFでした。


ただ、DF時に攻撃の体大より人数が多くてもあまり前には出ていません

でしたので、もう少し前に出られるかな?とは思いました。


横幕君がスクラムでボールを上から見ずにスクラムの中から見ていたので

感心しました。

近頃は上から見て、肩をスクラムからはずすプレーヤーが多いので・・・


吉田君がいいプレーを見せるとグランドサイドの学生たちから

囃されていました。


<BCとも>

アタックでは、一人一人DFをひきつけてボールをはなしていけば

かなりいい攻撃が出来るのにと思うところでCは早めにはなして

DFがスライドしてチャンスをつぶしていたところが目立ちました。

流石にBはある程度ひきつけていましたが、それでも少し早め

にボールを放すと体大DFがスライドして外のスペースがなくなって

いました。

少し気になりました。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/