大学選手権1回戦 大東文化大学との試合


昨年はたしか大東大は天理と対戦し零封されたと記憶している。



春に天理は近鉄Bと試合してトライ数3-1で勝った。

先日同志社は近鉄とアタックアンドディフェンスだと思われる

試合形式の合同練習を行ったようです。


2ちゃんねるではそれに勝ったとの噂もありますが、

本当であり、トライ数2本差ぐらいの差で優位であっ

たのであれば「春の」天理クラスになっているのであろう。


しかし近鉄ライナーズのHPでは、近鉄Bが3トライはあげている

ように見える。

「春の」天理と同じクラスになったのであっても、被トライは現時点の

同志社のほうが多く、ディフェンスは今の大学選手権上位レベル

にはまだいたっていないように感じる。

アタックは近鉄にどれだけ差をつけた(つけられた?)のかわかり

ませんが、大学選手権のような負けたらおしまいのトーナメントでは、

相手のよさを消してくるので、あまり攻撃をあてにはできないと思います。


大東文化大学相手にDFで早く立って広がって、DFの始動を早くして

出られるときには前に出る。当たってからも足を掻いて相手にプレッシャー

を与えることを80分続けて、いいDFを是非見せてもらいたい。


慢心してDFで広がらない試合だけはして欲しくないです。


ただ、試合は選手のみなさんのものでファンのものではありません。

慢心するのも、気合を入れるのも選手次第です。ファンとしては、

いい試合をしてくれることを祈るばかりです。


残念ながら仕事で応援に行けませんが、

頑張ってもらいたいと思います。