試合前のアップでも、同志社は声がよくでており、決して京産をなめている、あるいは

立命に勝って緩んでいる感じはしなかった。


試合前のアップを見ながら、京産は同志社戦の前は合宿をし、すきやきを食ってくる。

という昔の情報を思い出し、「すきやき食ってきたんやろか?」とどうでもいいことを

考えていた。


試合開始後、京産はすばらしいというか、反則というかの飛び出し。

みえみえではないけれど、オフサイドの位置であってもおかまいなしで、

バンバン前に出る。


前半の20分ごろまでは、レフリーもあまり取っていなかった。


前に出られて、いつもより早くタックルをされていた同志社は圧力を受け、

接点で反則をすることが多かった。


しかも、すき焼きの効果か合宿の効果かはわからないが、同志社が走る

スペースを与えないようにきちんと広がっていた。

広がったDFが前述のようにまっすぐ前に出てプレッシャーをかけていた。

かなり、同志社用の練習をしてきたのがわかった。


苦戦している同志社を見て、大学選手権の1回戦のようだと思った。

負けたら終りの選手権では相手も、同志社を必死に研究してくる。


前評判高くないチームが相手でも、なかなかそれまでのとおりにいかずに

苦戦する重苦しい雰囲気や研究されて同志社のいいところが消されている

ところが似ているなぁと思った。


と同時にこれを突き放して勝った場合には、プチ選手権1回戦を経験する

ことになるので、とてもいいことだと思った。


ただ、今年の京産大はFWの圧力、接点があまりない。


このため、ゲインした状況でも、立ってられそうだったので、前に出てラックに

せずに、オフロードパスでも使うともっと取れるのにと思ってみていました。


また、外に1人プレーヤーがいてパスすればロングゲインできる場合でも

内側のプレーヤーが当たってしまっていたので、外にパスできればもっと

いい攻撃が出来るのにと思ってみていました。


これは攻撃の選択肢をせばめないようにという意識からのものではないか

と思いました。


攻撃で展開して、ポイントが出来ます。タッチラインのすぐそば、

これ以上外に行くとタッチになるところでポイントになると、DFはオープンにしか

注意する必要がなくなります。

このため、大外でポイントを作らないように言われます。

これが影響してそうに思いました。


しかし、今日の前半では2対1とかの場面でひきつけてパスすれば、外でポイントにも

ならないので、外のフォローにパスをすればとても有効なのにと考えていました。


後半はじまって、京産がつくる近場の少しのギャップに積極的に同志社が走りこみ

ます。フォローのタイミングが早くなりいい球が出せます。

近場でゲインされるかもしれない京産DFが徐々に広がれなくなります。


接点やオフサイドなどをレフリーがペナルティーを取り出したこと、京産がリザーブの

投入が早かったので外から見ている以上にオーバーペースでバテているようであった

ことなどからDFの綻びが大きくなります。


また、前半よりオフロードパスを多用したり、また、大外の選手にパスをしたりして

抜けるようになってきました。

それとBK陣が突っ込んでくる京産DFを横にかわして、空いたスペースに走りこむ

プレーもよく見られるようになったのもゲインが増えた理由です。


スクラムは完勝でした。北川君が本職の1番に入ったときはかなり押せていましたね。

ラインアウトもまずまずでしたが、1mのギャップをきちんと取らせるレフリーではなか

ったため、両チームとも少し乱れましたね。


DFは全体に良かったですね。

相手より先に順目を埋めて相手が順目にボールだしをしたときには、

同志社のDFが多く居り、前のポイントより状況が悪くなっているのがありました。


帝京対早稲田で早稲田が同じように前のポイントより帝京の状況を悪くさせたのを

見て、「同志社では同数ぐらいにはなるけど、数で有利になるのは見ないなぁ」と

思っていたところなので相手は帝京より圧力の落ちる京産大ではありますが、

見られて良かったです。


取られたトライはカウンターアタックのミスから、自陣深く入られてモールからトライと

ノックオン見逃しと噂されるものの2つでしたかね。

次の試合こそ、ノートライに抑えるDFを見せてもらいたいです。


両CTBはいい走りを見せてくれましたね。

西林君、日野君、於保君はいいゲインをしていましたね。

金本君はDFで見せてくれました。

中山君は初紺グレでフル出場。

中村君も久々出場でトライ。



前半の苦戦を勝って反省できるのはありがたい。


同志社ラグビー、大学ラグビー、高校ラグビーの情報はこちら

http://d-support-network.net/