一緒に観戦していただいた方に関西学院のメンバー表を

見せていただいた。


前年までのレギュラーや春Aででていたメンバーなど

なかなか強そう。


行きのバスで、同志社がペースをつかめなかった

立命館Jrに快勝している関西学院に勝てるか?

と思っていたのが、メンバーを見て更にその感が

強くなった。


試合開始直後から、関西学院がブレイクダウンで

優位に試合を運び、早い球出しで、同志社のDFが

後手後手にまわる。


ブレイクダウンで不利なので、どうしてもポイント近くで

かたまってしまいがちで、これまでやってきた、広がる

DFが出来ない。


何度か止めている内にギャップを作ってしまいそこを

走られトライになっていた。


ポンポンと相手にトライを取られるので、試合のペースを

スローダウンすること、同志社の勝っているところで勝負

をすることが必要だと感じた。


そのためにはスクラムが一番良かったのですが、

レフリーがスクラムでの反則を全く見ることが出来なかった。


関学があからさまに斜めに組んでも、コーションすらしない。

関学のルースヘッドが組み負けると、落とせるように背中を

丸めて組んだり、実際落ちたり、危険であったため、


これについて”指摘”(一般的な言い方では、野次)をさせて

いただいた。


これには関学の控えがこちらを睨んでいたが、

チームメイトも首をやってしまう可能性もある。

危険な組み方を指摘されたのなら、チームメイトにも伝えた

ほうが良くて、睨んでいるのは不必要な向こう意気です。


こちらも危険でも反則でも、なければ”指摘”はしない。



ともあれレフリーもスクラムに注目をせざるを得なくなり、組みなおしなど

が増え、試合のテンポが明らかに遅くなった。

これで同志社が落ち着き、後半、菅原君を投入し、スクラムで相手

を崩すことを同志社が指向します。


ところが、レフリーが全くスクラムについて理解していない。

菅原君に押され、前半とは逆に関学タイトヘッドが押され始め

落とします。

関学タイトヘッドが落としているため、組んだあと、菅原君が左手で

支えてスクラムが落ちないようにして、それから押すようなスクラム

が増えました。


スクラムの際、肩を腰より下げないようにして、落としていないように

見せて、それでも落としたい関学は、組んだ瞬間に首を前に曲げ肩で

あたり、落としていた。

レフリーはまんまとだまされ、同志社の反則を何度か取っていました。


それで同志社の追い上げのリズムが狂い、時間も浪費した感がありました。

最後は押せ押せだったので、レフリングがもすこしまともであれば、

今日の同志社の出来でも勝てたかも知れません。


ただ、前半、同志社は順目のDFで遅れていたので、そこは本当に

すばやくして欲しいと思います。

広がりが遅く、DFで待ってしまい。タックルも悪くと悪循環でした。

レフリーはブレイクダウンでもコーションすらなくやりにくかったと思い

ます。

しかし、今日は関学よりDFで遅れたのは事実です。

タックルを含め激しさは関学のほうが上でした。


Jrはこんなものではありません。

今後も頑張ってもらいたいと思います。


しかし、今後は上位トーナメントでないため厳しい相手との試合は

ぐんと減ります。

より劣る経験しかつめないのはとても残念です。

少し気を抜いてもミスしてくれる相手が多くなります。

本当に残念です。


同志社ラグビーや大学ラグビーの情報はこちら

http://d-support-network.net/