「これ(関学戦)に勝ったら、2位ですか?」

と宝ヶ池に行く道すがら知り合いの同志社ファンに

声をかけていただいた。

「いえ、立命のほうが関学より強いので、それに

勝てば2位でしょう」とお答えをしました。


私を含めてファンは勝手に予想をするものだ。


第一試合はまた別にかかせていただくけれど、

近大のDFは興味深いですね。


試合が始まり、同志社は怒涛の攻め。


DFもくずれず、西林君は言うにおよばず、

日野君が抜群の破壊力を見せてくれ、

金本君がトライを重ねるなど自在の攻めを見せてくれました。

2列3列でつなぐトライなどは「うまいなぁ」ととても感心しましたね。


FWだけで横につなぐトライは同志社であまり記憶にありません。

素晴らしいですね。


同志社の展開してはギャップを見つけて走りこむプレーが

FW・BKとも目立っていました。

天理DFと比べると関学DFは組し易かったのかもしれません。


宮本監督がほめるのもうなずける自在の攻めでした。


前半も中盤が過ぎ、調子がおかしくなります。

関学の攻めにDFで順目を埋めるのが遅れ始めます。


次のポイントでも遅れ、DFの人数が足りず、相手SOにゴール

ラインを超えられてしまいます。


これまで言ってきた順目を埋めるのが遅れる悪い癖です。

 ①順目を埋める

 ②前に出る

 ③タックルで足を離さない


のどれかが出来ないことが多いです。

前半のトライはいずれも順目をうめるのが遅れている状況の

ものでした。


なお、前半終了間際のトライでも正海君は、味方に広がるよう

私が見ていただけでも2度は呼んでいる。

彼のDFの意識はかなり高いと思います。


期待が高いだけに厳しい意見もあります。

言い方はいかがなものかとは思いますが、激励なんでしょう。

正海君はDF意識の高さを持っているので今後もレベルアップ

してくれることと期待しています。



関学のアタックは、ポイント近くにスピードをつけて走りこみ

あわよくば抜いていき、だめでもスピードで押し込みゲインライン

ぐらいまで、ボールを運びフォローも用意しておき、素早くボールを

リサイクル。

そこから展開するもの。


同志社FWはそれを良くとめていたが、近場に走り込んでくるためか

それを止めるために近場に残る意識が働いているようでした。

また、何度か関学の攻撃をとめているうちに同志社がいいDFを

していることもあり、関学がミスをしてくれます。


このため、3次ぐらいになると「止まるだろう」と思ってか、あまり動か

なくなっているようでした。


その結果

①順目を埋めるのが遅れたり、

②遅れて順目を埋めたために埋めたプレーヤーが直前までいた

  逆目のサイドを開けるのが目立った。


前半は①のため関学が展開する方が足りなくなっていました。

後半は②を中心に展開した逆側で一気にロングゲインされることが多かった。



また、DFのときに相手に圧力をかけたいがためかたまに一人で飛び出し

かわされるプレーがあった。


以前ファンクラブの会合で鬼束コーチが飛び出すDFを「規律がない」

と言っていました。前に出る意識は重要ですが、一人ではなくDFライン

が機能しながら前に出るのを意識してもらえたらと思います。

なお、多くの場面では出来ていました。



後半は何がだめだったのか改めて映像を見返しました。

当日は気づかなかったいいプレーが攻防ともに多く、

なぜ良くなかったかがわからなかった。

それでも、考えていると恐らく、プレーヤーの意識の面

かなぁと思えてきました。


DFでは上で書いたように3次ぐらいになると気を抜くというか

きつい時間帯にほんの少し「大丈夫だろう」とプレーしてしまう。

それで関学がミスしない場合には、同志社の隙をつくぐらいの

力はあるため、隙をつかれ一気にゲインされトライまで。


後半でも同志社は基本的にかなりいいDFをしています。

反面、少し動きが悪くなるととたんにトライまで、持っていかれています。


ゲインされそうな時はDFラインを敷くのが遅く、「ゲインされそうやなぁ」

というのは見ていてわかります。


「ゲインされそうやなぁ」と思わないときはかなり安定したDFをします。

やれる時とやれない時の差がかなりあると思います。


80分間すべて集中はなかなかできないでしょうが、DFで大丈夫だろうと

思わないで、動き続けてもらいたいです。

やっているほうは大変でしょうけど。


後半の攻撃でも関学DFラインにつかまらないで外までまわす絶妙の

ラインの深さもありました。

「うまくなったなぁ」と思いましたが、それでもトライは取れませんでした。

後半、もう少しFWで縦に出られたら少し試合の展開が変わったと思います。


また、天理戦から、アタックで抜けてから間に相手プレーヤーが

入っているときのつなぎがよくないのが目についています。

間に入られるシチュエーションでの練習を増やしてみるのも

手なのかも知れません。


宮島君のペナルティーゴールはとても良かった。

ケガで退場したので大丈夫でしょうか。


<次回予告>

立命対近大戦

 同志社の次の対戦相手立命について少し書いてみたいと思います。


同志社ラグビーはもちろん、星取表がわかりやすい大学ラグビーページはこちら

http://d-support-network.net/