帝京のFWを慶應がどう止めるかを注目していました。


慶應はスクラムや一部ラインアウトでは不利でしたが、

帝京の攻撃が強くてゆっくりであったことも起因してか

あまりDFが崩れるところがありませんでした。


慶應がきっちり守って帝京がFWで前に出られないことで、

慶應が敵陣に居座る。


慶應は帝京のDFがボール周辺が手厚く間隔を短く

並んでいるため、飛ばしパスを交えボールを外に

すばやく持って行き、走力のあるウイングを走らせて

トライを取っていた。

帝京は外側のDFが薄く、それをついた慶應はやはり

試合巧者だと思った。


後半は、帝京がリザーブの外国人など有力選手を

投入し、勝ちにきて、地域をとり最終的には、

きっちり帝京が勝利。


時折見せる力強い帝京の突進を止める慶應は流石。

また、外側できっちりとれる慶應のパスプレーも素晴らしい。


ただ、攻防ともあまりするどいとも思えないチームで

慶應に勝つとは帝京は強いですね。地力が違います。

選手権の本気モードが今から恐ろしいですね。


同志社ラグビーの情報はこちら

http://d-support-network.net/