京産戦でした。

ここまでの戦績を見ると京産は大敗があり

負けはないと思ってみていました。


同志社ファンの期待を裏切らない大勝でした。

いつもと違いトライまでのパスが非常に少なかったのが

印象的です。

これは同志社側の事情というより、ポイント近場の

DFのギャップを同志社がつけているという事の

あらわれ、京産にするとボールに近いところが守れて

いない証拠ではないかと思います。


いろいろなDFの布陣はありますが、どのチームも

ポイント近場のDFは破れないようにします。

もしポイント近場にDFがいない場合は、その外側のDF

が内側を守り、大外を捨てるのがほとんどですが、


京産の場合は内側をあけたままの時間が少しある。

これぐらいの時間だと今の同志社はきちんと突ける。


一昔前と違い、最近は関西でも基本的なDFミスがかなり

減って来ました。このため、体大が夏合宿で流経大に

勝利するということが増えてきています。


失礼ながら京産大はここが弱い。以前から弱いのですが、

ミルステッドさん(現近畿大コーチ)が京産大のコーチの時は、

これがなおっていた。


DFは近場の動きを確認しなおすことが必要に感じられた。


ところで同志社は京産DFの近場のギャップを見逃さず、

そこを破る。近場を破られるとカバーもへったくれもないため

ロングゲインが出来る。


京産伝統のスクラムでも同志社が主導権を握っており、

京産がゲインできるのはモール、しかも2~3mが限度。


ブレイクダウンを含め、ほとんどの局面で同志社が上回って

いました。

ラインアウトのみ、若干不安定なところが見られました。

それでも、自陣で京産に粘られる場面もあり、それをきっちり

押し戻して完封するあたり、同志社の成長が見られます。


しかし植木くん、徳平くんが負傷したのは、心配です。

宮島君の活躍に小林くんが「ピンチ」と仲間からひやかされて

いたのは笑えました。

小林君も体大戦のトライのコース取りなどはしびれるものが

あります。有力新人の台頭もしりぞけて頑張ってくれると思います。


平岡くんの復帰はもちろんうれしいのですが、前田くんが目だって

いました。実にいい働きをしています。


藤本くんもこのクラスになると格の違いを見せ付けてくれますね。

どこでもこなせる器用さも魅力です。


鳥原君はよくみえているのでしょうね。1年生とは思えない落ち着いた

プレー振りです。