以前書いたのですが、エラーで公開できていませんでした。

タイミングをすっかりはずしたのですが、


同志社の試合後引き続き見ていました。


前節見た近大のDFがとても良かったので、失礼ながら摂南はトライが取れるだろうか?

と思っていました。摂南トライは0~1だろうなぁと思ってみていました。


近大のDFは立ち上がりこそポイント近くで少しの時間スペースをあけることはありましたが

その後安定。少し相手が動いても、それに対応し、動きながら変化してDFラインが常に機能

している。いいDFでした。


DFラインがしっかりしていてポジショニングが早い。

タックルも強いしいい。


しかし同志社対大体大の同志社DFでも書きましたが、スクラムが強くなるなど

ボールポゼッションの比率が高いと攻められることが少なくなるため、失点が減ります。


近大はもう少し大きくてFWのキープ力が上がるならかなりのDFでしょう。

残念ながらシーズン始まってしまっていますのでここから大幅に大きくなるのはすこし

しんどいか?

この点では同志社のほうがかなり上です。


しかし、前節で見た近大のアタックはあまりいいものとは思えなかった。

同志社が無理にまわしたのをターンオーバーしたトライとインゴールへゴロパント

をしたものの二つ。偶発的なもののみでした。

攻撃には迫力を感じなかった。


摂南も展開してもそんなに崩れない良いDFをしていた。

開幕戦で体大を後半ノートライに抑えたのもなるほどでした。


結果 近大が摂南を完封するも、トライは3本と伸びず予想どおりとなった。


両チームDFのよさが目立つ試合で、あまり面白い試合ではなかったのかも


試合後、競技場前で近大ミルステッドコーチに「ナイスディフェンス」と声をかけると

「ナイスディフェンス ダケド アタックガ・・・」と言っていた。

真面目な人だと思いました。


同志社ラグビーの情報はこちら

http://d-support-network.net/