開幕戦でした。


近大の選手は立ち上がり「寄るな!」とDFの場面で声をかけあっていた。

最近DFではやりの広がるDFをするために、寄らないように心がけて

いるのだろうと思われた。


対する同志社はこれまでのトライからすると外側の展開を得意としている。


近大の「寄るな!」は同志社向けの練習の成果かもしれない。


試合は、同志社がPGを先制。近大がPGをかえす。


近大が接点でからんでいたため、頻繁にペナライズされるも、

同志社が攻め込んでミス。


前半は特に開幕戦であるからか動きが固かった。


近大反則→同志社攻撃→同志社ミス


が何度か繰り返される。


そのうち、近大にシンビンが出て同志社に余裕が出て連続トライ


後半は、同志社FB正海がゴール前でDFのギャップを埋めざるを

得なくなり、タックルに行った後、FBの位置をカバーするものがいない

状況で、近大BKが狙いすましたようにインゴールに転がしトライ。


次に同じような場面ではしっかりカバーをしていたので、同志社は

修正が出来たと思う。


基本的には、同志社まわす、近大きちんと広がってDFする、同志社ミスする

の繰り返し。


近大はポイントに人数をかけず、きちんと広がってDFを心がけていたので

①後ろから走り込んでDFを切り裂く

②FW周辺で圧力をかけて相手をポイントにひきずり込む

これらがあると思うが、①については攻撃ラインが浅くなかなかスピードに

のっていないので切り裂けない。

②については、縦にFWが行ってもフォローが遅く(このあたりが開幕の固さか?)

次のポイントでからまれミスとなる。


①については春先から走りこむように練習をして出来てきていたので

最近出来ていないのは残念です。

②についても試合中に修正してほしかったと思っています。


前半ウオーターブレイク後、それまで使わなかったモールを使ったのは

相手FWをポイントに集めたかったからだと思います。


そんな中でも選手は頑張っていました。

小林君がタックルの際にボールを奪い取っていたのは

とても良かった。

於保君は再三ゲインしていました。

秋山君も相手の間を狙っていました。

関戸君もタッチライン際を何度もゲインしていました。


ところで同志社はあまりロングゲインをそのままつないでトライになりませんね。

そういう場面の意識の統一はあまりしていないのかも。


同志社がDFの際も横に動けていたのですが、あまり前に出ていなかった

ので相手がプレッシャーでミスをしてくれることがあまりなかったです。

前に出るといいDFをするのでDFでイケイケですが、

今日は出ないときのDFでした。


今シーズン「出ない」ときのDFは伊那の慶應戦、関東学院戦の後半です。

相手と人数が合っているときには、前に出て横にずらされたら対応する。

前だけでも横だけでもいいDFにはなりません。

逆に出たときのDFは関東学院戦の前半や豊田自動織機戦です。


今日はいいほうでないDFでした。

それでも、相手を2トライに抑えるのはやはりDFのレベルがあがっています。

もっと余裕でDFできる力は持っていますので、緊張せず頑張ってください。


DFの課題

①順目をすばやく埋める

②特に近場で出られるときは前に出る


この二つが出来ているときはいいDFです。

出来ない時は、上の二項目を意識的にチェックしてもらえればと思います。


スクラムは良かったですよ。

レフリーはあまり重視していなかったので、同志社はこだわってなかったですけど。


今日は攻撃の課題もDFの課題も前に出ることでしたね。

次回は前に出てくれればと思います。

期待します。頑張ってくれれば。


同志社 ラグビーの情報はこちら

http://d-support-network.net/