明治のFWの強さ=ボールキープ力が目立った。

明治は前半スタミナがあるときは、いいラックを組んでもいた。

相変わらずスクラムは強いようだ。

明治のDFは堅くなかなか崩れない。


対する筑波も両ウイングの走力はとても魅力的だ。

明治がラックで少しでもボールの真上からずれたところに

二人目が入るとキッチリターンオーバーするし、また明治の

ボールキャリアーが孤立すると綺麗にオーバーしたりしていた。


どちらもいいチームだと思った。


後半明治がボールポゼッションで上回り筑波が有効な攻め

が出来なかったのがポイントであると思う。


後半の後半は明治も走れなくなってDFでも広がれていなかった。

アタックはラックでボールキープしておればいいので、そんなに

大きな短所ではないがDFは少し心配かもしれない。


菅平の天理戦ではラックで圧力をかけいい球だしをさせないように

していたが、それでもいいタイミングでボールが出ると外があいているため、

かなりの確率でゲインされていた。


明治の対戦相手は、後半の後半まで競っていって、最後に外で勝負かもしれない。

しかし、天理戦でも筑波戦でも後半最後にFWで得点しているので、アタックでは、

スタミナ切れを心配しなくてもいいのかもしれない。


一つ残念だったのはレフリングです。

ワールドカップでいいレフリーを見ているので、余計に目立ちます。

①ノックオンの判定がまちまち

   前半横に落としたということでノックオンを取らなかったが

   後半横にはじいたものをノックオンといっていた。

②スクラムの判定

   さすがにワールドカップではスクラムも国内とは違ってよく見ており納得の判定がほとんどだが、

   ななめに押した反則を取らず、相手のコラプシングを取ってみたり。

   回っているスクラムからのトライを認めたり。

   その前に攻守逆のときは回ったのを取っていたのでかなり疑問。

   (ボールポゼッションから勝敗が変わったとは思いません。)


上に書いたように両チーム魅力的であるためなおさらいい笛で試合

をしてほしかった。残念です。