豊田自動織機と同志社の練習試合を見に愛知県苅谷市まで行ってきました。

立ち上がり、関東学院戦と同様内側のDFが破られ、あっさりとトライを許す。

ブレイクダウンなどを見ていると戦えないレベルではないため、社会人相手に

硬くなっているように思えました。


試合が落ち着くまでDFでがまんしてペースをつかめるかが立ち上がりのポイント

だと考えました。


同志社は、徐々にペースをつかみ、立ち上がりは若干劣勢であったスクラムが

安定しだし、相手ボールのスクラムをターンオーバーしたものもありました。


ラインアウトも特に劣勢というわけでもなく、大きなFWに対してセットプレーで

戦えたのは収穫でした。


同志社は前の関東学院戦と比べて、反則が少なく、粘り強くDFをしていた。

外国人選手に対してもダブルタックルに行き、DFラインを下げらることはあっても

破られることはなかった。


これも関東学院戦で目に付いた腰のあたりにタックルに行き、完全に外される

シーンはかなり減っていました。

タックルを外されても足を持ち、それ以上前進させないようにしていました。

反則が少なかったこととともに勝利への主な要因であると思う。


セットプレーで戦えて、DFを粘り強くしていると相手がミスをしてくれます。

パスをまわすのはうまくない相手であったので、外国人選手を中心にランプレー

をきちんと止めると、ミスで同志社ボールになることが多かった。


同数か一人少なく相手との間合いがない。飛ばされないときでも一人少ないが

ために待ちのDFをしているのは前に出てプレッシャーをかけられるのではないか

と思った。


破れないDFをしているが、要所で見せるいいタックルがもう少し増えれば、

また、順目を中心にスペースを埋めるのが早くなれば素晴らしいDFになる

と思わせました。

順目を埋めていくのは春と比べてかなり早くなっています。

それでもトップレベルのチームはまだ早いのでこの調子でよくなってもらえればと

思います。


関東学院戦では、反則からリズムをくるわせ、タックルを外され、スタミナが落ち

という感じでしたが、反則が少なく、タックルもくらいついていったので、相手が

バテました。


このため、後半最後はトライを取られる感じがなかったのですが、メンバーチェンジ

をしたため、チェンジされたメンバーが社会人になれるのに先発メンバー同様少し

時間がかかったかなという感じがします。



W杯の日仏戦のフランスも反則でリズムをくるわせていたので、レフリングとの

調整は永遠の課題だと思います。


そういう意味では、スクラムはしたたかですね。こちらがヒットで負けた場合に

不安定でボールを入れられないようにして落ちてスクラムアゲインとなるように

していました。

対する織機は、組み負けてもそのままにしているので、同志社はその隙にボール

イン、うまいですね。


なお、織機戦のレフリーは少し学生よりかな、というおまけをしてくれていそうなとこ

ろがありました。


攻撃面では、相手を前にしたパスもミスなくこなし、少なくともパスワークでは、

相手よりは上手であると見ていいと思います。

攻撃では、もう少し後ろから走りこむようなプレーがあってもいいのではないかと

思います。


まとめ

【よかったところ】

勝った

反則が少なかった

タックルでくらいついていた

スクラムで善戦した

早いパス回しであった

スタミナ切れにならなかった


【課題】

内側のDFはまだ精度をあげる必要があります。